2005年02月07日

トゥー・ウィークス・ノーティス

マーク・ローレンス監督。
サンドラ・ブロック主演製作。
気の強い女性弁護士と優柔不断な大富豪の恋を描いたコメディ。
西武のclub-on会員限定上映会で見た。
しかも4番目に並んでいたので先着20名限定でもらえるチョコレートまでもらった。
座席はもちろん最前列で。
作品はよくあるラブコメディで、起承転結もはっきりしていて王道。
キャストもハマッていて結構面白かった。
特にヒュー・グラントは金持ちの独身貴族を演じさせれば天下一品。
サンドラ・ブロックも検討。
なんか声がいいよね。
しゃべり方と。
それにしてもラブコメディにハマッてるなんてすっかりOL体質。
上映中最前列に座っていたので気づかなかったが、上映後席を立つと辺りは女性ばかり。
そりゃそうだ。
こんな映画男一人で見てるなんてどうかしてる。

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「トゥー・ウィークス・ノーベンバー」 告白する  [ 映画のセリフで口説いてみない?(男性版) ]   2005年09月08日 20:21
正義感が強く、社会奉仕に熱心な女性弁護士ルーシーは、ニューヨークの由緒ある公民館の取り壊しを阻止するために、最王手の不動産会社の御曹司ジョージを訪ねる。ハンサムでモテモテ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
カテゴリ別アーカイブ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)