2008年10月16日

AMANE FES vol.2

ce8eb06b.jpg とりあえず、Aフェスの関係者各位お疲れさまでした〜
 2回目の今回は福島にある僕の実家(空き屋)で行われたのですが、思い返せば毎日が奇跡の連続でした。さまざまなジャンルの神様がたくさん現れてしまい、こっちもいちいち憶えてられなくて、忘れられた何かの神様が家の中を行く当てもなく徘徊しているという有様。空いてる出口へおまわり下さい状態だったんです。
 まずなんといっても天気の神様が味方しました。気温も暖かく、外の芝生スペースが人気でなによりでした。
 天気が良ければビールが売れます。Aフェス初、ビールサーバーの神が2日間、生ビール全面フューチャリングの予定だったのですが、12時間ほどで30リットル全て完飲。明け方トイレに行くとき徘徊しているサーバーの神を見ました。
 飯&つまみにおいても神がたくさんいました。ピザが大人気だったねぇ。料理&片づけをしてくれたみなさん、本当にありがとう。今回の僕の目標は「フードを充実させる」、言い換えると「サーブに徹する」だったのですが実際ほとんどノータッチでした。ゴメン...
 その他、爆音の神、苦情0件の神、チューニングが合ってるよの神、iPodなのにBPMが合ってるよの神など多数、現れては忘れられていったのでした。

 今回自分の実家でやってみて、ここは意外と大きな音を出しても大丈夫だということが分かってしまいました。写真のBSTのライブのように、PEAR JAMとAフェスの中間あたりの企画をもっと盛り込んでも良いかなと思います。キャンプファイヤーでDJとかね。あとはもう少し人数が増えても良いかなとも思います。色んな人が色々なアイディアを出し合って、どんどん面白いフェスにしていきやしょう。
 ちなみに行かなかった人のために、 今回BSTは2階のバルコニーに機材を組んで、スピーカーを山に向けてライブをしました。ちょうど日も暮れかけていて、山の色が少しずつ変化していく様を眺めつつEQを切るこの何物にも代え難い幸福感。山の神、夕焼けの神、EQの神、シンセの神、サンプラ神、AKAI神、KORG神...さよおなら〜

dxnx at 22:17│Comments(0)TrackBack(0) 著者 ハルキ | ライブレポート

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました