2008年12月23日

08.12.PAPAYA CALLING vol.4@柏DRUNKARD'S STADIUM

9dd8b301.jpg パパコーも気づけば4回目。1年なんて本当アッという間でやんす。今回は僕個人的な見解で言わせてもらえば、ひたすら「足りねぇ」でした。何が?酒が。時間が。曲数が。パパイヤが。食べ足りないよ、本当。ダブネガのブログなんで勝手なわがままを言います。パパイヤはもっとゆっくり時間をかけてやるべきだ。1バンドの持ち時間は1時間、間の準備&SAHARAN DJは最低でも20分は必要だろ。来年は回数も減るっていってるし、1つ1つのパパコーをもっとゆったりとDeepにできたら幸せです。
 さてさて、今回もステージから天使が舞い降りたみたいだけど、救急車が出なくて本当良かった。俺もかなり酔っぱらいだったみたいですが、そんなにお酒は飲んでいないんです。本当です。パパイヤに酔ったんだ。
 一応これライブレポートなんだけど、各バンドのレポはもういいだろ。毎回毎回変わらず楽しいからな。ただ、オープニングアクトのSPAMはウチのベーシストが泣いてたらしいけど、俺もカメラ回しながら凄く好きになった。こういう瞬間があるからバンドが辞められないっていうのもあるんです。ダブネガにおいては自分はやたら緊張しやした。なぜだろう。もっと攻めのステージをしたかったな。
 新たな出会いがあって、新たな発見があって、新たな課題が浮かんで、粗相(そそう)の連載もあって、トータルでそれがパパイヤなんだろう。となると腹八分目ぐらいが良いのかもしれない。いやいや、やっぱり満腹、飲み過ぎ、床にゲロがいいです。それも毎回。好きなものとはそういうもんだ(と思うんす)。

dxnx at 23:28│Comments(0)TrackBack(0) 著者 ハルキ | ライブレポート

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました