どうして、中小企業の融資が、簡単には受けられないのでしょうか?融資を受けるには、審査が必要です。審査を受けるために、中小企業は必要な書類を作成し、融資を受けるための環境を整える必要があります。

銀行から見れば、大きな会社でも、中小企業でも、審査にかかるコストは似たり寄ったりです。銀行からすれば、大企業に融資をするほうが融資する金額も大きなものになります。

銀行からすれば、中小企業の融資審査より、大企業の融資審査のほうが利益になります。大企業はもともと株式や社債の発行をしているために、情報をオープンする資料を持っています。

必要な書類が一式揃っている大企業のほうが、銀行も審査をスムーズにできます。中小企業のほうは、書類も満足にできていないところが多いようです。

財務内容がはっきりしていないような中小企業もあります。融資の審査を行おうにも、情報が揃っていなければ、高リスクと思われがちです。

また、中小企業は、大企業のような担保を持たずに、融資を希望することになってしまいます。財務体質がはっきりしておらず、情報開示が不明確な相手に融資をする場合、銀行は担保を必要としてきます。

担保に使えるような不動産を保有していないような中小企業も、珍しくはありません。不況などで、地価の下落が深刻化しており、担保としての価値も下がってきています。

様々な難問を乗り越えなければ、中小企業が融資を受けることはまずできないというわけです。