2007年10月

2007年10月27日

男には・・・

 

いいかい?お嬢ちゃん。

男ってーのはね、一歩家の外に出たら10人の敵がいるんだよ。

分かるかい?

言っちゃー悪いけど、女の子とは違うんだよ。

 

でね、この前もこんな事があったのよ・・・。

 

 

いくら忙しい先生とは言え、食べ物くらいは食べないと生きて行けないので

いつもの高級料理を食べに行ってきたのね。

まあ、先生クラスになると、普段の食べ物と言ったら、

 

 

フランス料理か

 

 

イタリア料理か

 

 

鉄板焼きか

 

 

すき焼きか

 

 

しゃぶしゃぶか

 

 

 

吉牛くらいなわけ。

 

 

 

で、この日は悩んだ挙句に吉牛になったわけ。

 

 

 

 

 

吉牛に。

 

 

 

で、ここが問題なわけですよ。

 

 

凡人のアナタなら吉牛はアンパイだと思ってるでしょ?

 

甘いね。甘すぎるよ。

 

 

まあ、見てなさい。

 

で、先生はいつもどおり極力気配を消しながらお店に入ったわけですよ。

後ろを取られないように。

 

そしたらね、来たわけですよ。店員が。

走って。

 

で、ここでまさかここで攻撃が来るとは思ってないでしょ?

 

 

でもね、攻撃と言うのは

 

「今から行きますよ〜」

 

 

なんて生ぬるいもんじゃない訳ですよ。

 

 

やるかやられるか!

 

 

常に真剣勝負な訳ですよ。

 

 

武士ってのは常にね。

 

 

で、店員の吉男クンが一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お持ち帰りですか!」

 

 

 

 

 

 

 

え!?(゚Д゚≡゚д゚)!

 

 

 

持ち帰りカウンターから、はるか遠くに座り、しかも、吉男クンもお持ち帰りのお客さんの対応をした後でもなんでもないにもかかわらず、走ってきていきなり

 

 

 

 

 

 

 

「お持ち帰りですか?」だと?

 

 

恐ろしく出来る刺客ではないか!!

 

 

しかし、しかしですよ。

 

 

 

先生も常に命を狙われている身なわけで、そんな事でひるむわけには行かないわけですよ。

 

 

 

 

で、こうですよ。

 

 

 

 

 

すかさずこうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

「いいえ!!」

 

 

 

ふっ・・・

 

これでどうだ・・・。

 

これで、マイッタするに違いない。

 

すると吉男クン。

なんと・・・

 

 

 

 

 

 

もう一度

 

「お持ち帰りですか!」

 

 

 

 

 

 

 

 

なにー!(( ;゚д゚))!!

 

 

 

 

一度ならず二度までも・・・。

 

この殺伐とした空気の中で、ためらいもなく攻撃を仕掛けてくるその姿、実に天晴れではないか!!

 

 

不覚にも、この攻防で体力を半分以上使ってしまったわ。

 

 

そこで、切り返すようにこう言ってやったんですよ。

 

 

「牛丼並と、卵2個・・・」

 

 

 

すると吉男クン。

 

 

厨房に向かって、

 

 

「並いっちょう〜、卵ふた・・・ふた?」

 

 

 

こっちを向いて

 

 

「すいません、卵ふたこですか?」

 

 

もう大変である。

 

 

仕事帰りのサラリーマンから気合の入った肉体労働者まで、箸を止め、固唾を呑んでこちらを見ているではないか。

 

 

完全マークされている。

やばい、注目を逸らさなければ・・・

 

 

 

「はい・・・。2個で・・・」

 

 

吉男クン、厨房に向かって

 

「かしこまりましたー。

 

 

ふたこでー!!

 

 

厨房から

 

「はいー。

 

たまごふたこー!!

 

 

 

・・・

 

 

もう体力の限界である。

 

箸を持つ体力すらほとんど残ってない・・・。

 

しかし、そこは武士たるもの。

 

弱った所を見せてはいけない。

 

そのまま、出てきた卵を何事もなかったかのように二つ合わせてかき混ぜ、

2回に分けて牛丼にかけ、

そして、一粒残らずたいらげたのだ。

 

ふっ・・・。

 

この辺が、出来る男と出来ない男の違いなんだな。

 

我ながら惚れ惚れする食べっぷりだわい。

 

分かるかい?お嬢ちゃん?

 

すると、相手をライバルと認めた吉男クンがお茶のおかわりを持ってきたのだ。

 

やはり、真剣勝負をしたもの同士、心が通じるもんなんだな。

 

 

 

 

まあ、お茶はおかわり頼んだんだけど・・・



dygdq628 at 23:36|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2007年10月22日

ということで・・・

どうも、こんにちは。

先日、うんちょすをしようと思って 「鍵の開いてる」 トイレのドアを開けたところ、

こっちを向いたおじさんに、「なにすんじゃこらー!」 と叱られてしまった、

ちょい男前のイカ先生です。

 

 

で、仕事です。今日は仕事です。

 

最近、楽しい仕事から手が離れず、なかなか先が見えない状態になっております。

ということで、しばらく更新をさぼることにします。

なので、あんまり見に来ないでね。

 

先が見えたら更新します。

 

ああ、しばらく徹夜が続きそう・・・。

早く抜け出したいわ・・・。

 



dygdq628 at 23:38|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2007年10月17日

SW11月号

え〜っと、、、

 

また忘れてましたが、SW11月号が発売になりました。

 

1週間前に届いてたのに、封も開けてませんでした・・・

 

SW11月号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近仕事が忙しすぎて、何してるか分からない状態です。

 

年内にはほぼ全て片付くのですが、それまでは毎日、日付が変わらないと

家に帰れなさそうです。

 

ストレスで髪が伸びそうだな〜。

 

で、今月号は何書いてたっけかな〜。

 

 

連載じゃなかったしな〜。

 

 

あ、あなたに会いたい!!

 

 

でした。

 

 

要するに、今会いたい人ってやつです。

 

 

でも、徳光さんとかは出てないです。

 

 

 

お涙ちょうだいでもないです。

 

 

 

ただ、先生が会いたい人です。

 

 

 

さて、先生は誰に会いたいのでしょう?

 

 

あの子でもないし、

(でもあの子、かわいかったな〜)

 

 

その子でもないし、、、

(その子もかわいかったな〜。特に唇の辺りが・・・)

 

 

 

まあ、読んで下さい。

 

 

 

 

 

買ってね。

 

 

 

 

買って。

 



dygdq628 at 22:57|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2007年10月14日

取材? 争奪戦?

 

1年前から準備した学会も無事終わりました。

まあ、みんなで力を合わせて何かを成し遂げるのはいいことですな。

 

と言う事で、何とか時間を取って半日取材を敢行してきました。

 

依頼主はなんと・・・

 

 

「アオリイカ地獄」

 

 

エギンガーなら知らない人は誰もいない超売れすぎ雑誌です。

 

 

やっと来たか。やっと来たのかと。

 

先生的には感慨深いものがありました。

 

 

で、細かい事はさておき、

 

せっかくなので最強の布陣で挑んでみました。

 

そのメンバーは、、、

 

先生の他

先生の兄

ウミケム横ちゃん(先生の一番弟子と言う事らしいです)

の計3人です。

 

現在考えられるスパ釣最強メンバーです。

 

このメンバーで釣れなかったらイカは存在しないでしょう。

 

 

で、結果は・・・

 

 

 

うねりで立っていられないほどの状況の中・・・

 

 

 

 

取材でなければ出船見合わせるほどの・・・

 

 

 

 

置いたイカがどこかに行ってしまうほどの・・・

 

 

 

よりによって

 

 

 

 

取材の日に・・・

 

 

 

 

最悪のコンディションの中・・・

 

 

 

 

 

 

 

完璧!

 

 

 

 

なんと、実釣開始後1時間程度で終了!!

 

 

 

カメラマンさんは信じられないと言った表情です。

 

 

 

 

まあ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然です!!

 

 

 

 

 

 

ちなみに、先生はこんなの釣ってましたが・・・

先生 フグ

 

 

 

 

 

 

詳細は来年春発売の 「アオリイカ地獄」 で。

 

 

 

で、この日は先生以外の2人の力の入り方が違いました。

 

初っ端から釣りまくりです!!

まあ、珍しいことではないんですが、先生が釣りの説明をしている間に

 

 

「ヒーット!!」

横 イカ

 

 

 

 

 

 

とか、

 

 

 

 

「キター!!」

 

兄 イカ

 

 

 

 

 

とか、

 

 

 

 

「入れ食いだー!!」

 

 

 

とか言ってる訳です。

 

 

 

普段よりでかい声で。

 

 

こっちがせっかく話してるのに釣るから、写真取り行っちゃって解説が進みません。

 

しかも、何か気になることが一つ。

 

よく聞いてると、

「ヒーット!!  帽子ゲット・・・

 

 

「キター!!  帽子ゲット・・・

 

 

帽子ゲット??

 

 

え?今日??

 

先生、解説ばっかりでほとんど釣りになってないんけど・・・

 

 

しかも、実釣が上手く行き過ぎて早々に終了。

 

 

「じゃあ、船を降りて詳しい解説を聞きましょうか」

 

と言う事で、先生とカメラマンさんはスパ釣についてさらに細かい解説をするため船から降りて喫茶店へ。

 

 

で、彼らはそのまま海へ・・・

 

みっちり3時間ほど取材をし、再び海に戻ったのが終了1時間前。

(先生は喋り疲れ、カメラマンさんは聞き疲れ・・・)

 

カメラマンさんはここでさよならして一目散に海へ・・・

 

トップギアで釣りました!!

 

が、彼ら相手では、、、

 

 

さすがに追いつけず・・・

 

 

あえなく帽子を奪われました・・・

 

横 ガッツポーズ

 

 

 

 

世界に一つの帽子は横ちゃんに・・・

 

 

先生がかぶった写真もないままに・・・

 

 

なので、ちゃんと約束どおりサインもしてあげました

横塚 帽子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・

 

 

彼らは取材よりも帽子を取りに来たみたいです・・・

 

全く、、、

 

何してんだか・・・

 

 

まあ、いいでしょう

 

 

そういうことするとどういう事になるか・・・

 

 

ふっふっふ・・・

 



dygdq628 at 22:10|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2007年10月08日

スパ釣最高!!

どうも、どうも〜。

最近、AXE(体にシューっと吹き付けるやつね)を吹き付けて2ヶ月になりますが、

テレビのコマーシャルのように若い女の子がどっと押し寄せてこない、

ますます男前に磨きがかかったイカ先生です。

 

・・・。

 

 

ほっんとに放っといて下さい。

 

 

で、今日は先生の所にこんな写真が送られてきました。

 

横塚 イカ

 

 

 

 

 

ご存知、イカ先生の一番弟子の「4kgアップを釣った」横塚君です。

 

この、「4kgあっぷ」が重要です。

 

付けないと怒ります。

 

 

で、今回もスパ釣したんですが、、、

 

 

釣っちゃったそうです。

 

 

釣りまくっちゃったそうです。

 

 

楽しくて仕方ないですわ〜。

 

 

 

って連絡がありました。

 

ついでに、初めてスパ釣する友人二人も釣っちゃったそうです。

 

で、その友人の一人からメッセージが届きました。

 

以下、原文ママです。

一切先生は手を加えていません。

ぜんぜん加えてませんのであしからず。

 

 

イカ先生へ。

 

はじめましてイカ先生。イカ男と申します。

 

私は普段、イカが釣れなくて塞ぎ込みがちな性格です。

 

仕事場でも、釣り場でも誰にもイカにも相手にされません。

 

幼い時から友人もイカも出来ず、寂しい生活しかしていません。

 

先日も何とかイカを釣りましたが、たまに相手にされてもこの有様です。

 

 

大和 1

 

 

 

 

 

これでは、私のイカライフが快適に送れません。

 

やはり、人間の人生は生まれた時に決まっているのでしょうか?

 

所詮変える事など出来ないのでしょうか?

 

しかし、そんな僕の生活が一変したのは先生の記事を読んでからでした。

 

 

先生のスパ釣を覚えてからは

 

こんなイカが釣れるようになったんです!

         ↓

大和 2

 

 

 

 

 

 

 

半信半疑でしたが、

 

何てったって、

 

コレが

大和 1

 

 

 

 

 

コレです

 

大和 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげで、自分に自信が持てるようになり、仕事場でも胸を張って仕事を

することが出来るようになりました。

 

そして、職場の友人も沢山出来ました。

 

しかも、いいことは続くもので、先日、小学校の同級生だった憧れの

女の子から電話が掛かってきて、

 

「イカ男くん。今度食事でもイカない?」

 

なんて誘われるじゃないですか!

 

もう、天にも昇る気持ちで、怖いくらいです。

 

こんなんでいいのでしょうか?

 

これも、元を正せばイカ先生のおかげです。

 

このメールを打っている間も女の子からのメールや電話が鳴り止みません。

 

本当にありがとうございました!!

 

 

 

と言う事です。

 

 

まあ、、、

 

 

 

 

 

 

      当然!

 

 

ですね。

 

皆さんも、スパ釣でモテモテになって下さいね!

 



dygdq628 at 17:38|PermalinkComments(15)TrackBack(0)

2007年10月02日

ありがとうございます 今日はあわび本舗

いや〜。寒くなりましたね!

ホント、デーブスペクターのダジャレくらい寒くなりましたね!

 

・・・。

 

最近、ストレスが溜まっていたので衝動買いするために釣具屋さんに行き、

全く必要のないクーラーボックスを買ってやったところ、ありえないくらい

蓋が反り返っていたので、メーカーに問い合わせたところ、

「買った釣具屋さんで交換してもらって下さい」と言われたので、

意気揚々と持って行って、

 

「これ、交換してください!」

 

と言ったら、「ああ、これね。こんなもんだわ。我慢して」と言われ、

 

「いや、聞いたら交換してもらえるって・・・」

 

「いや、在庫もないし、そんなモンですわ。そんなもん」

 

と言われ、

 

「ふざけるな〜!!こっちは交換してもらえるって言われたから持ってきたんだぞー!!え〜?」

 

っと、心の中で2回くらい言ってみた後で、

 

「あ、はい。すいませんでした」

 

と言って、わざわざこっちから謝って帰ってきた、ますます男前っぷりが増して来たイカ先生です。

 

 

 

で、今日紹介するのは、あわび本舗さんです。

 

当初からサポートして頂いているメーカーさんですが、今回はこんなものが送られてきました。

 

あわび帽子

 

 

 

 

 

帽子?

 

みたい。

 

あわび本舗って書いてあるね。

 

ちょうど、届いた時に社長から電話が掛かって来ました。

 

シャチョー: もしもし。シャチョーです。帽子届きました?

 

先生(男前): 届きましたよ。あわび本舗って書いてありますけど。

 

シャチョー: これ、世界に一つだけのあわび帽子です。

 

先生(すこぶる男前): へ〜。一つしか作らなかったの?

 

シャチョー: はい。一つです。で、この帽子、先生と勝負して勝ったらもらえる

ってことにしようと思うんですけど?

 

どうですか?

 

先生(俄然男前): いやです。

 

 

 

シャチョー: え!?(( ;゚д゚))

 

・・・。

 

いや、ほら、それじゃあ意味がないと思うんですけど・・・。

 

 

先生(もういい): だって、かぶればいいんでしょ?

 

シャチョー: いや、そうですけど、子供じゃないんですから言うこと聞いてください。

 

先生: はい・・・。Σ(´д`;)

 

 

と言う事で、先生と勝負して勝ったらその場で帽子あげます。

 

ついでに空いたところに嫌でもサインします。

 

しばらく帽子かぶって寝ますんで、オイニ〜が付いても文句言わないで下さい。

 

 

それと、帽子だけだと罰ゲームみたいになるので、

あわび

 

 

 

 

あわびシール各色!

こいつもあげます。

 

 

さらに!

まうすりん

 

 

 

 

まうすりん各サイズ!

 

こいつらもあげちゃいます!!

 

 

結局先生のとこには何も残らないんだよね・・・(;´Д`)

 

いいけどさ。

 

別に・・・。

 



dygdq628 at 20:29|PermalinkComments(15)TrackBack(0)