2009年10月

2009年10月25日

打ち合わせ

 

最近、こんな事

 

飲ませ

 

こんにちは

飲ませの富所です

 

 

ばかりしていたんですが、、、

 

 

そろそろこっちも

 

スミ

 

何で先生だけカタログでイカ持ってないの?

って突っ込みはナシです。

 

 

本腰を入れなければいけません。

 

ってことで、週末にブリーデンに赴き、

社長と鬼プロデューサーと先生の三人でDVDの打ち合わせをしてきました。

 

 

 

まあ、なんと難しいこと。 DVDのことね。

 

How to モノなので

 

ただ単にイカを釣るだけでなく、

 

誰が見てもしっかりと理解できるものを作らなければいけないのと、

 

眠くならないようにしなければいけないのと、

 

同時にイカも釣らなければいけないのと、

 

先生らしさを出さなければいけないのと、

 

それを短時間に凝縮しなければいけないのと、

 

先生が住んでるのは能登なのと。。。

 

 

 

と言う事で、思わず出たコメントなんかが使えるような状態ではないので、

しっかりと言葉遣いを正さなければいけないのであります。

先生も石川県に移り住んでかれこれ10年以上が経ってしまい、

かなり石川弁が染み付いてきました。

 

普段はなるべく使わないようにしているのですが、

患者さんと接するときに無口だと冷たい印象をもたれてしまいますし、

標準語を使うと距離を感じられてしまい、なかなか心を開いてくれないなど

思いっきり能登弁を喋らなければいけなくなります。

普段の仕事ならそれでいいんですが、さすがにDVDではそうもいきません。

 

ってことで、なるべく標準語を使うようにと気をつけています。

さらに、鬼プロデューサーから数え切れない程のご指摘を受け、

日夜、自己改造に明け暮れています。

 

ただ垂れ流すだけのDVDではなく、色んなメッセージを込めたDVDを作ろうと言う事で終了しました。

なるほど、ブリのDVDがなぜ支持されるかがちょっと分かった気がしました。

 

 

あとは、新製品の打ち合わせや今後の展開などのお話。

これは秘密ね。

 

真剣なモノ作りをしているブリだからこそ見えてくるものが沢山あります。

 

常に一歩先を。

 

評価されなくてもいい!

 

時代の流れに乗るのではなく時代の流れを作るのだ!!

 

という、小さな野望を現実のものにすると心に誓い家路につくのでありました。

 

う〜ん、それにしてもプレッシャーが・・・



dygdq628 at 22:56|PermalinkComments(18)TrackBack(0) 釣り 

2009年10月22日

重大発表!!

 

ところでところで、

 

これから春に掛けての予定が結構埋まって来ました。

 

まだスィ〜クレットな部分もありますが、色んな事が動き始めます。

 

はっきりしているところでは、来年のフィッシングショー。

 

横浜、大阪両会場でセミナー開かせて頂きます。

来年は今までとは違った内容でセミナーさせて頂きたいと思います。

(今まではどうしてもスパ釣の説明に終始することになりましたが、そろそろいいでしょう。ロッドもあれですし、今回はちょっと趣向を変えて・・・)

 

で、このフィッシングショーですが、皆さんご存知の通り来年は凄いことになりそうです。

とにかく色んなものが出品されます。

もう、ビックリな!!

 

絶対見に来て下さいね!!

 

 

 

 

 

そして、なんと!!!

 

 

 

もう一つ!!

 

 

 

(なんだなんだ?)

 

 

 

 

 

来年の・・・

 

 

 

 

(おぉ!)

 

 

 

 

 

 

3月に!!

 

 

 

 

 

 

(おぉ!!)

 

 

 

 

 

 

JAPAN international BOAT SHOW 2010

 

 

に参加させて頂くことになりました!!

 

 

 

 

 

 

(おぉ!!!すげー!!!)

 

 

 

 

 

(って、何だ?それ?)

 

 

 

 

 

 

しかも・・・

 

 

 

 

 

(おっ?無視か?)

 

 

 

 

 

 

 

メインステージで!!

 

 

 

 

(おおっ!!)

 

 

 

 

 

1時間の!!

 

 

 

 

 

 

 

(ついに来たか?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開診察!!(爆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

 

 

 

 

 

 

 

じゃなかった・・・

 

 

 

 

(勘弁してくれよ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

スパ釣セミナー!!

 

 

 

をぶっ放させて頂くことになりました!!

 

 

 

 

イェーイ!!

 

 

 

 

やったー!!

 

 

 

 

はい、拍手〜♪

 

 

 

パソコンの前で拍手〜♪

 

 

 

携帯机に置いて拍手〜♪

 

 

 

 

 

 

まだ詳しい内容や日程は決まっておりませんが、横浜のメインステージで

ロッドブンブン振り回してきます(笑)。

 

 

 

 

(そういうノリか?)

 

 

 

 

いや〜、夢にまで見たボートショーでのセミナーです。

本当に楽しみです。

 

だってね、、、

 

会場にいる人がみんなボートに興味がある人なんですから!

 

これが興奮しないでいられますか?

 

っちゅう話です。

 

 

 

ね。

 

 

 

っちゅう話ですよ。

 

 

 

まあ、先生を知らない来場者には完全に畑違いと思われるかもしれません。

 

でも、いいんです。

 

今までもずっとそうでしたから。

話を聞いてくれたほんのわずかな人の心の金銭に触れたらいいんです。

 

 

 

 

 

あ、琴線ね(^^;)

 

 

ごめんごめん。

 

 

油断するとお金が余っちゃうから・・・

 

 

ボートアングラーの皆さんに少しでも

 

スパ釣の楽しさ、

 

ボートフィッシングの楽しさ、

 

を伝えられるように精一杯頑張ってきます!!

 

 



dygdq628 at 00:00|PermalinkComments(20)TrackBack(0) 釣り 

2009年10月19日

おいしいイカ料理

 

それにしても週末は天気悪いですね。

まともに釣りができる日が少ないこと少ないこと。

 

そんな中、今年初めてのイカ先生とイカ釣りしよう募集をmixiで致しまして、

見事?当選した富山のお二人と一緒にイカ釣りしてきました。

 

応募して頂いたのにご一緒できなかった皆さん、ごめんなさい(><)

 

ダブルヒット

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年までは結構募集していたんですけど、なかなか時間が取れず伸び伸びにしていました。

 

今までと違い、初めての方でも既にスパ釣の基本ができている方が増えたためか、船の上で気が付いたことをちょっとアドバイスする程度でポンポン釣果を伸ばして行かれます。

 

決して船の上で鞭のようにしなるロッドで尻を叩いて

 

「スパルタン釣法」 をしているわけではありません。

 

とりあえずご自由にやって頂き、気になった点だけをアドバイスするって感じです。

 

なので、釣れればOKではなく、釣れても気になる点は指摘することが結構あります。

皆さんここがなかなか難しいところで、釣れてるのに何がだめなの?

って思われることが結構あるみたいです。

 

どんな点が?って思われるかもしれませんが、それは人それぞれ。

 

スパ釣には一連の流れがありますが、実はそっちじゃありません。

それよりも釣り全体としてのアドバイスの方が多いかもしれません。

 

よく、

「ハイピッチ2段ジャークができません!!」

 

「だからスパ釣出来ないんです!」

 

っていわれる方がいますが、

 

「だったらまずは普通のしゃくりでもいいですよ。」

 

と。

 

なぜあのしゃくりをするのかは改めて。

 

 

ってことで、この日はお二人とも釣りまくっていたので、先生はこれ。

 

アジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「飲ませの富所」

 

 

 

 

 

 

 

には変身せずに、豆アジ釣って遊んでました。

 

飲ませたかったな〜(笑)。

 

お二人にはいい思い出とお土産が出来たんじゃないかな〜。

 

 

 

 

 

それにしてもイカです。

 

今年は数も少ないし、釣れないし。

今年は不漁なんでしょう。

また来年は釣れますよ。

 

と言うことで、少ないイカをどう料理するかってのは大事なことですね。

(おっ!こっからが本題だ)

刺身や煮つけ、干物、バターソテー、イカ焼きそば、沖漬け、、、

 

皆さんはどれ?

 

まあ、色々ありますが、いい加減飽きません?

 

先生なんて9月に入ってまだ2,3杯しか食べてません。

山ほど釣ってるんですけど(爆)

 

 

と言うことで、食傷気味だったんですが、、、

 

実は先日「いしるパスタ」なるものを食べまして、、

 

これが思った以上にウマイ!!

 

久々のヒットでございました。

 

と言うことで、これなら先生でも作れるぞ!!

で、作ってみました。

 

っと、その前に、「いしる」ね。

 

石川県の人は良く知ってると思いますが、要するに魚醤ってやつです。

いわしなんかを発酵させて作るんですが、これが意外と身近にあったりします。

 

秋田では「しょっつる」

 

四国では「いかなご醤油」

 

実はタイの「ナンプラー」なんかも魚醤の一種です。

 

へぇ〜って感じでしょ。

 

石川県にはいわしの「いしる」の他に、イカの「いしる」ってのもあります。

 

先生は当然イカのいしるを買ってみたんですが、これが大当たり!!

 

見て!!

 

 

「いしるパスタ」

 

 

パスタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしそうでしょ〜。たまらないでしょ〜。

 

どうする?

 

食べちゃう?

 

どっち食べる?

 

私?

 

パスタ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええ、まあ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は作り方も簡単。

 

 

出来ればなるべく小さいイカを準備します。

サイズで言うと胴長13cmくらいかな。あまり大きいと厚みが出て食べにくいです。

 

で、パスタね。

 

で、いしる。

 

 

 

1.まずはパスタを茹でます。

 

2.次に茹でたパスタを上げておいて、フライパンを火に掛けます。

 

3.そこに油と、たっぷりのバターを敷いて、ニンニクをお好みに合せて。

このバターたっぷりが大事。で、ニンニクも大事。

 

4.ここでイカを投入。薄いイカなので、ジャーって感じでOK。

 その際、コショウを振り掛けます。塩は掛けてはいけません!

 

5.次に麺を入れてジャーっと絡めます。そして一通り馴染んだらいしる投入〜。

ただし、チャーハンのようにフライパンの周りを1周するほど掛けてはいけません。

あくまでもその半分程度です。いしるはかなり濃縮されているので、入れすぎるとしょっぱくなり過ぎます。

 

6.で、最後にバジルをパッパッと掛けて一回し。

 

7.最後は皿に盛って上からバジルを再度掛けて終了。

 

たらたら書きましたが、とにかく簡単です。

お好みでイカ墨を絡めてもOK。

 

いしるは旨み成分の塊みたいな醤油なので、かなり味がしっかりしています。

好き嫌いはあるかもしれませんが、先生的には全然OK!!

パスタにするとこんなにおいしくなるとは思ってもみませんでした。

 

皆さんもぜひ!!

 

 

 

 

 

 

で、これで終わらないのが先生ね。

 

いや〜、パスタだけのために買うのってもったいなくない?

って思うでしょ。

違うんだな〜。

違うんだな〜。

 

これ。

 

イカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ての通り沖漬けです。

 

何が違うかって?

 

 

 

実はこれ、うちにイカを持って帰ってきてから漬けてます。

 

先ほども言いましたが、いしるはかなり「濃い」醤油です。

なので、死んだ後でも十分染み渡ります。

一晩置いて食べてみましたが、ちょうどいいくらいでした。

しかも、普通の醤油とは明らかに違う味になっているので、

ほんとにおいしく食べられます。

 

 

う〜ん。。。

 

また先生のレシピが一つ増えてしまった。。。

 

 



dygdq628 at 17:00|PermalinkComments(13)TrackBack(0) 釣り | 能登情報

2009年10月15日

動くイカ先生

寒いな〜。

能登寒いな〜。

先生の住んでる家はちょっと高台の上なんで、朝は10度切ってます。

寒いの嫌いなんだよね〜。

 

 

 

先日お話した通り動画撮影をしたんですが、これが凄かったです。

既に自分の映像であるにもかかわらず10回以上見直してます。

 

で、どうしても他人の評価が聞きたくて数人に見てもらったんですが、

思った以上に好評価でした。

ってか、

 

「こんな映像は見たことないです。まるで魔法みたいじゃないですか。」

 

と。

 

凄い映像が撮れてます。

 

 

・・・。

 

 

う〜ん、これ以上は・・・

 

 

とりあえず関係者とチェック!!してきます

 

 



dygdq628 at 08:13|PermalinkComments(11)TrackBack(0) 釣り | 能登情報

2009年10月12日

ありがとうございました!!

 

週末、舵社のイトーさんが編集長を無理やり引っ張って能登にやって来ました。

取材と言う名目だったのですが、、、

 

 

ホントの目的はこれ!

 

ハガキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集部に届いたハガキを先生に見せるため、わざわざ能登まで届けてくれました。

 

 

みなさん、

 

 

本当にありがとうございました!!

 

 

 

とにかく沢山のお手紙を頂きました!!

(まだ編集部に届いてるそうです)

 

 

編集長曰く、

 

「創刊以来こんなにハガキが来たのは初めてだ!」

 

との事でした。

 

色んなメッセージを頂きました。

 

全て読ませて頂きました。

 

いろんなメッセージを頂く事ができ本当に嬉しい限りです。

 

 

当初、イトーさんから

 

「沢山ハガキ届いてますよ!!」

 

 

って言われたので、

 

 

イトーさん、

 

 

 

 

それ、、、

 

 

 

 

 

 

 

9割がサクラですから!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気をつけて!!

 

 

 

 

 

と言っていたのですが、そんな数じゃなかったです・・・

 

 

ハガキを送ってくれた皆さん、

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

こんなに反響があるとは思ってもみませんでしたが、

 

真剣にやった甲斐がありました。

 

皆さんのハガキが何よりのご褒美です!!

 

 

 

と言う事で、余は満足じゃ・・・

 

と思っていたのですが、

 

恐怖の編集長が

 

「イカ先生、一般の人は騙せても、ヘンシューチョーは騙されないよ」

 

「え?」

 

「私みたいな素人が釣れなかったらスパ釣の普及は無いと思ってチョーダイ」

 

「えー!!今、喜びに浸ってたところなのに〜。」

 

「はっはっは。ちなみに、釣りは素人だから。よろしくね。ちなみに、記事も構成は読んだけど中身はほとんど読んでないから。」

 

「え、えぇ〜〜〜」

 

ということで、実釣開始。。。

 

 

 

 

 

ところが!!

 

 

 

何と!!!

 

 

 

 

2投目でゲット!!

 

編集長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後もずっと釣り続け、終始爆釣モード!!

 

マジですか〜。

 

ほんとに素人ですか?

 

 

 

「先生、この釣り釣れるね〜。楽しいわ〜。

 

「あ、ありがとうございます」

 

 

「う〜ん、楽しいわ〜」

 

 

「じゃあ、連載はこのまま継続で?」

 

 

「そうだね〜。ついでに動画も撮っちゃう?」

 

 

「え?マジですか?」

 

 

「カメラ持ってきたのよ。触るの2回目だけど(爆)」

 

 

「え、えぇ、、、撮ってみますか・・・」

 

 

ということで、動画撮影したんですが、とにかく凄いシーンが撮れました。

詳しくは・・・ですが、

 

 

いつか公開されるかも!?

 

 

ということで、無事お帰り頂きました。

 

ああ、連載中止にならずに済んで良かった〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにイトーさんはずっと釣り続けてました。

イトーさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事で来たんですよね??

ね?

 



dygdq628 at 21:16|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2009年10月09日

出会い・・・ その3

 

で、思い切って電話してみることに。しかも先生の携帯から。

 

プルルル・・・

 

「もしもーし」

 

「あ、あの〜突然電話すいません。わた・・」

 

「イカ先生ですか?!!」

 

「あ、はい(ビックリした!(゚д゚))。」

 

「お電話待ってました〜!!」

 

「え?あ、どうも。はじめまして・・・」

何で知ってるの?

 

 

 

なんて会話から延々2時間。女の子じゃあるまいし・・・

 

何でスパ釣を知ったかとか、

 

スパ釣についてとか、

 

スパ釣のスパは温泉のスパだから、本来の意味は温泉で釣りをするってこと?

 

ってことは、熱海とかで釣りをすることがスパ釣になるわけで、

 

熱海とかの温泉なら若い子が女の子同士で来るからチャンスは決して

少なくないわけで、

 

その少ないチャンスをものにするのが男だろ!!

 

わけで、たとえそこでチャンスを逃したとしてもせめて電話番号くらいはゲットして後日電話をする約束をして、

 

それで、丸の内あたりでお茶しながら

 

先生 「おれ、医者してるんだよね〜」

 

丸の内OL 「え〜すご〜い。」

 

先生 「じゃあ、今度スパ釣しない?」

 

丸の内OL 「するする〜。」

 

 

ってのが本来のスパ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で本当に嬉しかったのが、

 

「スパ釣の記事を読んだときに、こんなにも理に適ったボートのイカ釣りは他にはない!!」

「スパ釣は初秋の小さいシンコのシーズンの釣りだと思われてるみたいですけどそれって絶対間違いですね!あれは晩秋から冬、初春にかけてのでかいサイズを狙うための釣り方ですよ!」

 

って言ってもらえたことです。

そこまで理解してくれていたとは。

 

いまだにスパ釣が秋のシンコの数釣りの技術だと思ってる人が沢山います。

確かにシンコの数釣りをさせたら恐ろしくと言うか、根こそぎ釣ってしまう技術ではありますが、それはスパ釣のホンの小さな一面でしかありません。

 

本来の凄さはその後にやってくる晩秋から冬にかけてのディープエリアのモンスタースクイッドと初春のシャローに上がりきらないモンスターを効率よく、システマティックに釣り上げるところにあります。

 

そこを理解していない人がまだまだ沢山います。

 

 

釣り人ではなく本当にボートに携わっている人、ボートの専門家にこんな言葉を掛けてもらえるのが嬉しくて嬉しくて。。。

 

 

でも、どうしても気になったのが一つ。

 

先生 「何であのSMALL BOATでスパ釣って言わなかったんですか?」

 

イトーさん 「いや、スパ釣って言っていいかどうか分からなかったし、先生と話してからにしようと思って。それに、あんまり人に言いたくなくて(笑)釣れ盛るからもったいないんですよ。注目して欲しいけどして欲しくないみたいな(笑)」

 

う〜ん。

 

本当にエロい人なんだな。

 

 

 

しかも、実はこの一連の偶然(先生がツタヤに行って本を手にとって、たまたま読んで、たまたまあとがきを読んで、たまたま休みが当たって、たまたま実家に帰って、わざわざ夜の夜中に電話しようと思って・・・)の一方で、

 

イトーさんは先生とコンタクトを取るために先生の実家でせっせとタックルを購入し、会社名を知ってもらうためにわざと送り先を舵社にし、連絡は自分の携帯番号を教え、うちの兄といつの間にか連絡を取るようになり・・・

その他色んな工作をしていたとは。。。(この辺はボートクラブ10月号のあとがきに書いてあります)

 

そして、その一方でブリーデンが釣り業界からまったく畑違いな広告を打ち・・・(この辺の社長の勘の鋭さは恐ろしいばかりですな)

 

先生が偶然と思っていたことが全てが繋がり合い、本当は必然だったんだと。

 

あの時本屋に立ち寄らなかったら、、、

 

あの時SMALL BOATを手にしなかったら、、、

 

あの時わざわざ電話なんてしなかったら、、、

 

あの時あの子にあんなこと言わなかったら、、、

 

そもそも休みが取れていなかったら、、、

 

今考えても信じられないことばかりです。

 

その日は興奮して全く眠ることが出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

兄のいびきで・・・

 

これ、最強。

かの平松慶さんも頼むから別の部屋にしてくれと言ってました。

ちなみに、僕が一緒に寝るときは近くにあるものは全て投げます。

 

 

 

 

 

そうなったらその先はもう言うまでもないでしょう。

じゃあ、連載始めましょう!!と。

 

 

 

あれ?おかしくないですか?

 

連載がスタートしたのは今月から。

この電話から実に1年近くが経っています。

 

ここにもイトーさんのスパ釣に対する思い入れがありました。

(先生より思い入れが強いような・・・笑)

 

「2月号から連載をスタートしてもインパクトが弱くなります。」

 

「なので、来年の9月発売のフィッシング特大号まで練りに練ってスパ釣特集をやりましょう!」

 

「そこで、ドーンと行った後に連載スタートです!!」

 

と。

 

なんか、既に準備されてたみたいです(笑)。

 

そして、今月から連載がスタートしたわけです。

 

 

 

スパ釣特集にしても今月号にしても本当に細部にわたってこだわって書いてます。

ちょっとしたレイアウトや写真の配置、使い方、イラストや「てにおは」の使い方を締め切りではなく入稿当日まで確認を繰り返しています。

 

サラッと読めてしっかり読める。簡単なようで難しい。

その分やりがいもあります。

見開き2ページにいつもメッセージを込めています。

 

そんな先生もイトーさんを見て

 

こんな仕事ができる人間になりたいと思った。」

 

と思うのでした。。。

 

 

 

 

 

どう?ちょっとカッコよかった?

 

惚れんなよ。フッ。。。

 



dygdq628 at 00:01|PermalinkComments(14)TrackBack(0) 釣り 

2009年10月08日

出会い・・・ その2

 

実は先生、昔からのクセで、「あとがき」を読むのが好きなんです。

なので、この本も何気なく「あとがき」を読んでいました。

そしたらその内容が驚きだったんです。

内容はこんな感じ。

 

新潟のある釣具屋でイカ釣りのロッドを買った。ロッドを折ってしまったが、次の取材まで時間がない。そこでそのお店に相談したところ、ロッドを送って下さい。到着を待たずにこちらもすぐに送りますと。水曜日に電話して金曜日に修理が終わる。これで取材が出来る。こんな仕事をする人間になりたいと思った。

 

格好いい内容だけど、それはさておき、これ、うちの実家のことじゃない?

 

慌ててその本を購入し、もったいぶって実家に電話。

 

「面白い本買ったから見せてやるわ〜」

 

 

 

 

 

 

で、大晦日に本を持って帰り、そのページを兄に見せる。

 

「これ、うちのことじゃない?このイトーさんて人が書いたみたいだけど」

 

 

「おぉ、イトーちゃんね。友達。」

 

 

 

 

 

 

「は?」

 

 

 

「よく電話するよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「は??」

 

 

「だから、蛇社だか舵社だか分かんないけどイトーちゃんでしょ」

 

 

「あ、あぁ、そう書いてあるけど・・」

 

 

「この人めっちゃスパ釣するよ」

 

 

 

 

 

「えぇーー!!!そうなの?!」

 

あの記事はやっぱりスパ釣だったんだ!!(先生の心の中)

 

 

「結構前から色々買ってくれてるよ」

 

 

「えぇー!!!それ早く言えよ!!」

 

 

「忘れてたわ。それよりそこのお菓子取ってくれない?」

 

 

「も〜▲●×○◎$Θ!!なんでそれを・・・」

 

 

「今から電話してみたら?喜ぶよ。ってか、そこのお菓子。」

 

 

「え?」

 

 

「いつも、先生の兄ですって言ってるから。お前のファンらしいよ」

 

 

 

「マジ?マジ??夜の10時過ぎてるけどいいかな?大晦日だからいいかな?シャワー浴びてないけどいいかな?化粧落としたけどいいかな?」

 

 

「いいんちゃう?掛けてみれば? ジュースも取ってくれない?」

 

 

「ああ、でも電話番号知らないわ」

 

 

「ああ、携帯番号知ってるよ。 違う違うオレンジ。アップルじゃなくて」

 

「はぁ?何でそんなことまで知ってるの?」

 

「友達ンコ。ジャガリコも取って。」

 

「何なんだ、友達ンコって。俺だけ蚊帳の外じゃん・・・」

 

 

 

続く・・・

 

まだ読む気ある?

 



dygdq628 at 00:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 釣り 

2009年10月07日

出会い・・・ その1

 

若い子と出会った話ではありませんのであしからず。

 

 

今月から始まったボートクラブの連載。

先月号で先生が先生ーショナルなデビューを飾った訳ですが、

 

そもそもの話

 

どうして連載が始まったの?

 

って言われてみればそうですよね。

 

こんなことわざわざ言う必要ないんですが、いつか書きたいと思っていたので勝手に書いちゃいます。

 

まあ、巷では

先生が舵社に多額の寄付金を積んで、それに目が眩んだ舵社が話に乗ってきた。

 

とか、

 

先生が舵社に政治的圧力を掛けて(確か田中真紀子さんの後援会長も富所って名前だったな〜)無理やり連載をねじ込んだ。

 

とか、

 

先生が舵社を買った。

 

などと噂されておりますが、みんな非常に惜しいですが間違いです。

 

 

そもそもの出会いは昨年末。

 

いつもは当直なんかが当たってここ数年は実家に帰ることすらなかったのですが、

昨年はたまたま運よく年末の休みが当たりました。

そして、おそらくクリスマス前後だったと思いますが、いつもクリスマスは女の子からの誘いが多すぎてケンカになる恐れがあったので

 

 

仕方なく一人で過ごしていました。

 

 

こんな時一人でいると寂しいわけです。

で、フラッとツタヤに行って立ち読みをしわけです。

ホントになんとなく・・・

 

そしたらSMALL BOATなる雑誌が目に入ってきました。

 

なぜこの時この本を手に取ったのかは覚えていませんが、本当になんとなく

偶然にページをめくりました。

 

その中でイカを釣ってる写真があったのですが、よく見るとエギマルではないかと。

 

第一印象はこれ。

 

あれ?おかしいな?

エギマルを使う人がいるのかな?

しかもスーパーディープじゃない?

 

普通のボート釣りでエギマルのスーパーディープを使う人がいること自体

おかしいと感じていたため(感じる必要はないんですが)、じっくり読んでみる事にしました。

内容を見ると、二人でイカを釣ってるのですが、エギマルを持っていた人の釣り方がどう見てもスパ釣なわけです。

ただ、どこにもスパ釣とは書いてない。

 

う〜ん、スパ釣を知らないのかな〜?

 

でも釣り方は一緒だしな〜。

 

あえてスパ釣って書かないのかな〜?

 

釣り業界に良くある

「他人のものをいつの間にかさも自分が・・・の術」

を使ってるのかな〜?

 

などと考えていたのですが、ある文章が先生に確信をもたらしたのです!

 

その写真の主と先生が後に運命的な出会いを果たすことになろうとは・・・

 

続く・・・

 

ってか、続き読みたい?



dygdq628 at 00:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 釣り 

2009年10月05日

Boat CLUB 11月号!!

 

お待たせしました!!

 

Boat CLUB11月号

 

よりイカ先生の新連載がスタートします!!

その名も・・・

 

 

 

 

 

 

イカ先生の船上クリニック!!

 

 

 

来たね。

来たよ。これ。

 

 

どこがって?

 

 

ほら、「の」のアタリがなんとも言えないマッタリとして

 

それでいてしつこくな

 

 

 

連載スタートでございます。

 

 

ちなみに今回の暗号は・・・

 

 

78364

 

 

です!!

ぜひ解読して下さいね!!

 



dygdq628 at 17:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 釣り 

2009年10月02日

残念ながら・・・

 

明日のワイルドフィッシュさんでのスパ釣セミナーは悪天候のため中止になりました(;;)

 

楽しみにしていた皆さんごめんなさい。。

さすがに天気はどうしようもありませんでした。。。

 

にしても、週末の悪天候はどうなってるんでしょうかね〜

 

毎週、毎週・・・

 

まったく・・・



dygdq628 at 21:02|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 釣り