2009年12月

2009年12月28日

いしるぶっ掛け祭り?!

 

週末はお仕事だったのですが、時間を見て エギZさん の進水式に行って参りました。

 

の前にちょっと。。

 

実はエギZさんと知り合ったのは今年の大阪フィッシングショー。

なぜか印象に残っていました。

ボートも免許も持ってないけど興味はある。

丁度時間も空いていた事もあり、どんな釣りかをひとしきり話させて頂きました。

 

そして、今年・・・

秋にスパ釣を経験し、脳天を突き抜けるような衝撃を受け

何と、免許とボートを買ってしまったのです!

秋にスパ釣を経験して冬には免許とボート・・・

 

う〜ん、

凄い行動力・・・

 

 

 

という事で、

 

能登内浦にお邪魔してきました。

 

200912271157000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボートはスズキの21feet

エンジンは70馬力の4スト

 

バリバリのスパ釣仕様です!

 

海の穏やかな能登内浦ではまさにベストマッチでしょう。

値段を聞いてビックリしましたが、やはり人の繋がりは大切ですね。

 

という事で、お祝いのいしるぶっ掛けパーティー!!

 

 

 

 

にするのはちと可哀相なので、お清めにお酒を進呈致しました。

 

200912271231001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も

 

「入魂の酒」

 

 

ストライクど真ん中(^^)!

 

ちなみに、先生もエギZさんもお酒は飲めません・・・

 

せっかくなので軽く走らせてみることに。

 

200912271238000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐るハンドルを握るエギZさんを見ながらかつての自分をダブらせながらグングン走ります。

 

200912271245000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は湖状態の完全ベタナギ。

試運転には持ってこいであります。

 

で、途中でハンドルを握らせてもらい、先生も操船を楽しみます。

200912271305000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが70馬力!

 

4人乗っても軽快ですね〜♪

 

200912271305001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚探もHONDEX GP兇既に付いておりイカを釣るには全く持って問題なし!

 

いや〜。

幸せな人生が待ってますな〜。

 

来年は釣りまくって下さいね!!

 

 

 

ところで、マイボートの話ですが、ここを読んでる方の大半は

「そんな贅沢なもの買えるわけ無いじゃ~ん」

って思ってると思います。

しかし、車なんかと比べて維持費は安いですし、今はマリーナもガラガラです。

エギZさんが係留したマリーナも激安で喜んで置かせてくれたそうです。

過疎化が進む能登ではこういったよそから来た方を歓迎する向きもあります。

 

俺も!!

と、思ったら是非声を掛けて下さいね!!

 

ボートフィッシングの楽しみは底なしです!!



dygdq628 at 16:16|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 釣り | 能登情報

2009年12月24日

クリスマスイブ・・・

 

なのに、当直・・・(−−)

 

200912241858000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの病院の独身って僕だけなのに・・・

こんなケーキじゃ騙されないぞ!!

 

本当なら、、、

 

本当なら、きれいなお姉ちゃんとホテルの最上階で

高級鉄板料理をつつきながら、

これまた高級なプレゼントをあげながら、

その下のすうぃ〜とルームに泊まっちゃって・・・

って、なるはずだったのに・・・

 

 

チクショウ・・・

 



dygdq628 at 20:29|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 能登情報 

2009年12月15日

やっぱスパ釣♪

 

土曜日はお仕事だったのですが、天気が良いので仕事を片付けてちょっくら沖へ。

海も穏やかだし気分いいな〜。

ボート持ってるっていいな〜。

ついでに竿出すかな〜。

 

 

 

が、全く釣れず・・・

 

 

唯一相手にしてくれたのがcmほどのちびイカ・・・

 

しかも1杯のみ・・・

 

今年も終了したな〜と妙に感慨にふけりながら帰宅。

と、そこに一本の電話。

今年の忘年会の幹事をしてくれる いっちゃん から。

(そういえば忘年会は今週でしたね!楽しみです!!)

 

いっちゃん 「明日行きません?」

 

先生 「いやです!」

 

いっちゃん 「えっ。」

 

先生 「全く釣れませんよ。てか、死ぬほど寒いですよ」

 

いっちゃん 「じゃあ、忘年会なしにしますよ。しかもキャンセル料は先生の財布から出してもらいますよ。それでもいいですか?」

 

先生 「それはちょっと〜。いくら冬のボーナスが預金通帳から溢れてしまってるとは言えキツいですな〜。」

 

いっちゃん 「じゃあ、行きましょう(^^)」

 

先生 「えぇ・・ でも釣れませんよ。ホントに。」

 

いっちゃん 「いいですよ。先生と一緒に海出たいだけですから〜。」

 

先生 「いや、先生は女の子以外は興味ないんで・・・」

 

いっちゃん 「じゃあ、朝一から行きます!!」

 

先生 「あ、いや、だから女の・・・はい・・・」

 

 

この日はいっちゃんが昼からお仕事とのことで、午前中限定で出船でございます。

イカ釣りはスパ釣以外したことがない(てか、興味がない)マーチさんも一緒。

 

まあ、心が折れて9時くらいには帰りたくなるだろうな〜。

 

とりあえず適当に一投目。

 

 

 

 

 

 

ヒット!!(*゚∀゚)っ!!

先生に。。。

 

 

マジで?

 

いきなり釣れるって。

 

ビックリ。ホント。

当たった瞬間ドキドキしました(笑)

 

 

まあ、運良く釣れることもありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒット!!(*゚∀゚)っ!!

 

また先生に。

 

 

なんだ?なんだ?

 

なにかあったんですかね?

イカの機嫌が良いとか・・・

 

運良すぎです。。。

 

 

 

 

 

 

 

ヒット!!(*゚∀゚)っ!!

 

またまた先生に。

 

いや〜・・・

 

今日に限って雇ったダイバーにチップ渡しすぎたからかな〜。

先生じゃなくて皆さんに釣らせて欲しいんだけど・・・

 

 

 

 

と、すぐにマーチさんにヒット!!

 

マーチさんヒット

 

 

 

 

良かった!!

これでうちに帰れる!!

マーチさんキャッチ

 

 

 

 

良かったですね〜。

 

 

あの〜、いっちゃん・・・

 

大丈夫ですから。

 

釣れますから。。

 

 

ご機嫌を損ねないように何卒御気を沈められて頂ければと・・・

 

 

すると、、、

 

 

 

 

 

先生にヒット!!(爆)

 

まったく空気読んでません。。

先生ヒット

 

そして着膨れしてます。

先生は寒いの大ッ嫌いです。

ぶちゃいくでもいいです。

 

この下にダウンとフリースとトレーナーとインナーとインナーとTシャツ着てます。

身動き取れません・・・

 

でも、帽子はかわいいでしょ(^^)

 

 

 

 

 

あ、いや、すぐに釣れますって。。。

だから、忘年会は何卒開催の方向で。。。

ってか、ほら、釣れないって先に言いましたよね。

昨日、電話で。。

あ、でも確かに釣れてますけど、本来は厳しいはずで、もう終わりなはずで・・

北陸の冬は厳しいからそんじゃそこ

 

 

 

 

 

キター! (*゚∀゚)っ!

 

2.いっちゃんヒット

 

 

 

 

 

 

おっ!おし!!

やった!!

 

3.いっちゃんイカ

 

 

 

 

しかも、いいサイズじゃないですか!!

 

ね、凄い!凄いですよ!!

 

たぶん、2kgはありますよ!!

 

 

間違いない、2kgは行ってます!!

 

 

いや、むしろ3kgは行ってますよ!!

 

 

いや〜良かった。

もう、帰ってもいいんですけど。

十分なんですけど。

 

 

それもつかの間。

 

なんと、ここから猛烈ラッシュがスタート!!

 

1.マーチさん

 

 

 

 

いえ〜い♪

 

いっちゃんキャッチ

 

 

 

 

へ〜い♪

 

サイズもgood!!

楽しいですね〜♪

 

マーチさんスーパーディープ

 

 

 

 

釣れますね〜♪

 

 

ダブルヒットー♪

ダブルヒット

 

 

 

 

 

どうなってるんでしょうか?

 

ダブルキャッチ 1kg

 

 

 

 

って、でか〜い♪

 

 

しかもこれ、1kgジャスト〜♪

 

 

釣れすぎっす〜♪

 

 

 

イケス

 

 

 

 

開始1時間でこの通り。

いやいや、冬の能登なんですけど・・・

 

 

ちなみに先生も!!

イカ・・・

 

 

 

 

 

・・・

1kgといったところでしょうか。。。

 

 

 

 

いやいや、釣れますから。

 

先生キャッチ

 

 

 

 

 

どんどん釣れますから。

先生、マーチさんダブル

 

 

 

 

 

ダブルヒットありまくりですから。

 

 

一体何なんでしょ・・・

 

 

 

そして、ひときわ強い引きが!!

 

お、おー!!

 

 

 

キター (*゚∀゚)っ!!

 

マーチさん1.2kg

 

 

 

 

マーチさんに(^^)

 

堂々の1.2kg!!

 

すばらしい!!

 

ってか、今日はちょっと出来過ぎ!!

 

 

で、気になる釣果ですが・・・

 

 

 

 

見たい?

 

 

 

 

 

やっぱり見た釣果

 

 

 

 

引っ張りすぎると怒られるもんで・・・(^^;)

 

信じられないっす。

 

 

実は数年前から釣行毎に日記をつけてるんですが、ありえない数です。

ちなみに、良く釣れた去年は同じ日に出船して3人で11杯。

頑張りに頑張って。

 

 

これだけダメな年にこれだけ釣れるとは・・・

 

 

今回の釣行でも沢山の発見があり、本当に実り多き釣行となりました。

 

さすがに今年は終了だと思いますが、最後の最後まで楽しませてくれました。

 

イカさんに感謝(^^)

 

 



dygdq628 at 14:26|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2009年12月13日

またやってしまった・・・

 

近日中にアップします。

(たぶん・・・)



dygdq628 at 23:20|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 釣り | 能登情報

2009年12月09日

BOAT CLUB 1月号発売!

 

 

発売でございます。

 

BOAT CLUB 1月号

 

boat club

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がついたら12月ですね〜。

で、あれよあれよという間にお正月。

 

今年はとにかく雨が多いのでおいおい釣りにも行けません。

 

といことで、今月号は読み物的なものを。

 

ボート大会をやる上での注意点なんかを中心に書いてます。

 

大会やってみたいけど、どうやったらうまく行くのか?

 

初めての大会は分からない事ばかり。

 

大成功に収めるコツなんかを書いてます。

 

是非、 「買って」 読んで下さいね!!

 

ちなみに、今月号はボートが欲しい人も必見!!

なぜか中古艇が沢山載ってます!

家でじっくり見てくださいね!!



dygdq628 at 20:16|PermalinkComments(11)TrackBack(0) 釣り 

2009年12月06日

ノーフォールト

 

久々に釣り以外のお話。

 

先日、岡井 崇氏(先生)のノーフォールトを読みました。

最近テレビでやってるあれです。ギネ。

の、原作本。

 

上・下巻の2冊ですが、先生にはとても読みやすく、一気に読んでしまいました。

産婦人科は専門外ですが、基本的な医療用語や現場の雰囲気はかなり忠実に再現されている感じでした。(薬品名なんかもそのまま使っててちょっと驚き)

教授なのに現場の医療を知っていると妙な感心もありました(笑)。

文章力があるとは実にうらやましい。

(先生も見習わないと!)

内容は読んで頂くとして、医療訴訟の問題。

 

以前は医療には父権主義的なところがあり、それがうまく作用していましたが、

現在は主張ばかりする患者側に医療側は少々辟易気味です。

訴訟の大半は結果が悪ければ全て医者のせい、病院のせいです。

医療の限界や人間の体の限界を認めようとしません。

だからといって病院や医者を訴えることにはならないはずなんですが。。。

その辺も本編を読むとしっかり書いてあります。

 

そして近年の医療の基本スタンスが、

 

治療する医療ではなく、治療しても訴えられない医療

 

に変わって来ています。

 

これはもう不可抗力です。

いくら医者が世間知らずといわれても馬鹿じゃない。

対応策くらいは考えます。

手術の前にはしっかり念書を取ります。

その念書の中には可能性が1%未満の合併症までしっかり書かれています。

その合併症が起きても一切文句を言いませんという念書がなければ手術はしない。

そこまで徹底しているところもあります。

これを説明するのは日本では医者の仕事ですが、アメリカでは専門の人がいて、1時間程度掛けてみっちり説明します。

分からないとは言わせません。

 

こんなギクシャクした日本の医療にしたのは誰なんでしょうか。

 

 

 

ああ、それとテレビのギネ。

あれは一度見ましたが全くの問題外。

基本的に日本の医療ドラマは全くの見当違いで出来上がっていますので見るに値しません。

アメリカのERの方がはるかにましです。

 

医療現場は現実の方がはるかにドラマチックです。

医者が大声を出したり、いちいちビックリしたり、泣いたり・・・

そんな医者見たことありますか?

それが「人間らしい」と誤った認識を与えたのもテレビの功罪です。

 

最近の医療訴訟を見ていると必ず患者の家族が

「表情一つ変えずに冷たく言い放った」とか言われていますが、

それがプロです。気が動転しないようにゆっくりと静かに、落ち着いて話すのです。

目の前の患者に何が起きても冷静でいることがプロです。

テレビのように、何かある毎にいちいち表情に出しません。

それをテレビと分かっていて期待してしまうということは、

これはもう完全にテレビの功罪としかいいようがありません。

 

 

患者やその家族は医者の表情から少しでも情報を得ようとします。

それゆえ、余計な不安を与えないために表情を作るのです。

(レントゲンを見た瞬間に、この人の余命はあと3ヶ月だなと思っても全然そんな素振りを見せてはいけないのです。)

患者を不安にしないために表情を作ることが訴訟では「冷たい人間」

とされてしまうのですから、いっそのこと、包み隠さずホントのことを

感情豊かに表現すればいいんでしょうか。

 

「あなたはガンです!!」

「ガーン!!(((( ;゚д゚)))」

みたいな。

 

失礼。

 

 

先生もいつ訴訟を起こされるか分かりません。

今の時代は、真っ当に仕事をしていても訴訟を起こされる時代です。

一生懸命やったご褒美が訴訟なんてこともざらです。

もし訴訟を起こされたら、手術も忙しい外来もやめてバイト生活する

フリーのドクターにでもなるかな〜。

そしたら給料も今よりはるかにアップするし釣りも行き放題だし。

責任もないし。

う〜ん、、、それもいいかも。

 



dygdq628 at 19:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0) その他 

2009年12月03日

正しい選択とは?

 

さて、この釣行で一番嬉しいシーンはどこでしょうか?

 

 

1.大きいイカが釣れたところ?

 

2.最後のラッシュのところ?

 

3.イカを配って野菜をもらったところ?

 

4.その野菜のおかげでスーパーに行かなくてすんだところ?

 

5.スーパーに行かないおかげで財布からお金が溢れてしまったところ?

 

さて、どこでしょう?

 

 

 

 

答えは 1.

 

 

 

じゃなくて 2.です。

 

 

えぇ?

一番大きいのが釣れたのに嬉しくないの〜?

 

まあ、カタログ用の写真という意味ではまずまず嬉しかったんですが、釣りとしては最高とは言えません。

 

通常このシーズンの能登のMAXサイズは重さで言うなら800g前後です。

(これは定置網に入っているイカを見ての結果です。アングラーの意見は一切参考になりません。)

 

つまり、1.3kgというのはオマケに過ぎないのです。

 

という事は、周辺を探ってもそのサイズが連発しなければそのポイントは正解とは言いがたい。

つまり、その一杯に引っ張られてはいけないのです。

実際、この日もビッグワンを釣ってから周辺を流したのは2回程度。

案の定、たいしたイカも釣れていません。

 

そして大きな移動があって最後のラッシュに出会えたわけです。

 

 

 

 

そのポイントが正解かどうかは、イレギュラーな一杯ではなく

MAXサイズ×8割 程度がコンスタントに釣れるポイントなのです。

 

これは自分一人ではなく、同船者がいるときは鉄則です。

 

そこにいるアングラー全員が楽しめてこそ正解だと思っています。

 

 

そして、たとえ釣れ続いていてもサイズが小さければそのポイント周囲をしつこく攻める事をしません。

ただ、数を伸ばす事に意味はありません。

 

大事なのはクオリティー。

 

常に移動を繰り返し、新しいポイントを探す事がスパ釣の本来の目的とも言えるのです。

 

 

そしてもうひとつ。

 

実績ポイントがその日のアタリポイントになるとも限りません。

これはいつも言う事なんですが、実績ポイント以外にもイカはいます。

 

不安かもしれませんが、そうやって常にイカを探す過程があってこそ最高の一杯に出会える近道なんじゃないかな〜と思います。

 

これをしっかりと実践していれば地域が変わってもしっかりと結果を残す事ができるはずです。

耳から入る情報だけでなく実際に自分の目で、足で確認する力が養われれば遠征だって怖くありません。

 

ボートの釣りを見ていると、動けるにもかかわらず動こうとしない船が多い。

 

せっかくボートという機動力を得たのに使わないのは宝の持ち腐れ。

 

ぜひ、ボートを駆使して大物をゲットして下さい!!

 

 

ただし、例外が一つ。

どうしても一杯が欲しいとき、数はいいからとにかくデカイのが1杯欲しいときはあの1杯が正解になります。

この辺は自分のスタイルに照らし合わせて頂ければいいと思います。



dygdq628 at 00:01|PermalinkComments(11)TrackBack(0) 釣り | 能登情報

2009年12月01日

最高の 1 パイ その2

続きで〜す。

このシーズンは粘っていい結果が得られることが少ないため、オヤッと思ったらポイント移動するのが大切です。

いつまでも同じポイントに後ろ髪を引かれていてはいい釣果にめぐり合えません。

この辺は恋愛と一緒

(これが本当に功を奏することになろうとは・・・)

 

 

ということで、大きくポイント移動

何が原因かはおおよそ分かっていたのでランガンを繰り返し、ポツポツと数を伸ばしていきます。

それにしてもシーズン終盤にふさわしいサイズが釣れて来ます。

 

そして、とあるポイントに到着。

 

 

なんとなく雰囲気を感じ取り集中して釣り開始。

 

 

 

変わらずポツポツと釣れます。

 

 

違うかな?

 

 

釣れてるけど違うのかな?

 

 

 

 

 

そして突然その瞬間は訪れました。

 

 

 

ハイピッチ2段ジャークの後にテンションを掛けた直後・・・

 

時間にして0.3秒くらいでしょうか

 

ほんの一瞬ロッドの先に違和感が・・

 

当たった瞬間、自分の意思とは無関係にフッキング!

 

 

ロッドが止まった!

 

 

直後に大きいストロークと共に1kgに設定したドラグがじりじりと出始める。

 

 

「よしっ!でかい!獲った!!」

(スパ釣では、当たった瞬間にしっかり合わせてさえいれば余程のことが無い限り横抱きされることもなくバレることはありません)

 

ラインが40mほど出ているのでゆっくりと、確実に寄せてくる。

 

そして10mほど向こうでイカが浮上。

 

水面に大量の水を吹き上げイカが近づく。

 

 

 

「よっしゃー!デカイ!!」

 

 

「ネット入れましょうか?」

 

 

「頼むね」

 

 

ネットイン。

 

 

 

 

 

 

 

「獲ったー!!」

 

 

そのサイズに一同興奮!!

 

 

 

 

そして余韻に浸る間もなく写真撮影。

それがこいつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

先生 ビッグワン

 

 

 

 

 

 

 

獲った・・・

 

丸々と太った1.3kg(いい数字ですね)正真正銘のモンスタースクイッド。

 

 

石川県に住む方ならご存知だと思いますが、この時期に能登で1kgオーバーを狙って獲る事は決して簡単な事ではありません。

 

信じるタックル、信じるポイント、信じるテクニックを駆使して獲った1杯。

 

まさに「決まった」瞬間でした。

 

こんなに嬉しい1.3kgは初めてです(笑)

 

スパ釣の威力をわが身を持って感じる事になりました。

 

 

余韻に浸りたかったのですが、更なる釣果を伸ばすために同じポイントで

粘らずに一気に移動。

(冒頭にも書きましたが、このサイズが釣れると移動が難しくなります。分かっていても見切れない。しかし粘ってもいい結果が出せる保証はありません。むしろそれが仇になるほうが多いことにアングラーは後で気がつくことが圧倒的に多いのです。あの一杯に引きづられた・・・と。)

 

 

夕マズメを全く違ったポイントに賭けることに。

 

 

するとそれが大当たり!!

 

先生 抜き上げ

先生 抜き上げ先生 抜き上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどのイカとは行きませんが、

 

 

こんなイカや

先生 グッドサイズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生 ファイト後キャッチ

 

 

 

 

こんなイカが3人全員に連発!!

 

 

完全に神が降臨したのか、

 

 

先生は怒涛の6連発!!

 

(もう12月ですよ!?)

7杯目は惜しくも掛け損なってしまいました(汗)

 

しかも全て写真サイズ!!

 

 

完全に読みが当たり、暗くなるまで釣れ続け。。。

 

 

 

 

 

怒涛の釣果は・・・

 

 

 

 

見る?

 

 

 

 

 

 

見ちゃう?

 

 

 

 

 

釣果

 

 

 

 

 

もう、強烈のひとことです。

 

 

 

そして驚くべきはその半数以上が胴長20cm以上という釣果・・・

 

これで幕を閉じてもいい気がしました。。。

 

 

 

 

今シーズン、北陸地方は本当に厳しい釣りを余儀なくされています。

しかし、スパ釣を駆使して獲ったこの釣果は紛れもない事実。

十分に誇れるサイズと数だと思います。

 

釣りをしてるポイントが良いからと言われる事も多々ありますが、その良いポイントを探すのもスパ釣の技術の一つです。

ちなみに今回もいわゆる実績ポイントで釣ったわけではありません。

そこにイカがいたとして、釣る事はできるかもしれませんが、釣果を伸ばす事が出来るとは限りません。

システマチックなエギ選択、それによる手返しのよさ、僅かなアタリも逃さないタックルセッティング・・・

スパ釣と信じるタックルがあるからこそこの時期でも集中して釣りをすることができるのです。

 

まだまだ北陸は熱い!!

 

 

たまにはタックルデータを・・・

ロッド:LC70

リール:ステラC3000

エギ:エギマル3.5号deep、3.5号super deep、3.5号ultra deep、

         4.0号deep、4.0号super deep

ライン:PE0.6号、0.8号

リーダー:2号

 

いつもと同じか・・・(笑)

 

 

 

 

 

いや〜、シビれた!!

 



dygdq628 at 00:02|PermalinkComments(16)TrackBack(0) 釣り | 能登情報