2009年05月

2009年05月28日

Amazon EC2でVPN網構築 (目次)

dynakou at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クラウドコンピューティング | EC2

Amazon EC2でVPN網構築(Last) OpenVpnクライアントの設定 CentOS版

永らくご無沙汰OpenVPNネタ



今回はLinux(CentOS)インスタンスへOpenVPNクライアントをインストールして、既にOpenVPNクライアントとして起動中のWindowsと仮想IPで通信してみよう。



まずはCentOSへOpenVPNをインストール!!
以前の記事で
OpenVPN Serverのインストール方法を紹介しているので、そちらを参照。(Serverもクライアントもインストール方法は同じダ)
※VNCサーバのインストールがわからない方は先にこちら・・・前回の記事を・・・(
インストール日本語化)

今回は↓にOpenVpnがインストールされていることが前提デ・・・
/etc/openvpn




1.証明書を発行する【OpenVPNサーバ側】
発行方法は
過去記事(手順中盤の2.クライアント用キーの作成)を見テミロ

2.1で作成した証明書と設定ファイルを/etc/openvpnへ配置
CA証明書(ca.crt)とクライアント証明書(.crt、.key)はサーバから取得。
クライアント設定ファイルは、サンプルフォルダからコピー。
cp /usr/share/doc/openvpn-2.1/sample-config-files/client.conf /etc/openvpn

コウナル↓
centVncClient


3.設定ファイル(client.conf)の編集
  ※42行目を編集(接続先の指定)
remote my-server-1 1194

remote [VpnServerのURLかIP] [Vpnサーバ側のport]
mod_connect

  ※88行目を編集(キーファイルの指定)
ca ca.crt
cert client.crtkey
client.key

ca [2で取得したcaファイルを指定]
cert [2で取得した.crtファイルを指定]
key [2で取得した.keyファイルを指定]
mod_connect


以上で設定完了ぅ!
viを終了


それでは、クライアント側OpenVpnを起動スル!!

openvpn client.conf
または
service openvpn start
※serviceコマンドで起動できる理由は、openvpnのinitスクリプトは/etc/openvpnにある設定ファイル(.conf)を見つけて起動するカラだ






ちゃんと接続できた確認シヨウ
ifconfigで確認!!
vpnconnect
オウ!仮想IP振られてるねェ



では仮想IPで通信が出来るか確認。。。
相手は
過去記事で設定したWindowsサーバ In EC2
pingtootherclient
通信デキタ
相手もEC2上のインスタンスだから応答速度も問題ナシ!




うまくpingが飛ばない場合は?
・VpnServer側でクライアント間通信が許容されているか?
過去記事参照
・EC2のSecurityGroupでOpenVpn用のPortが解放されているか?
を確認してミテ
 


まあこれでインスタンスを終了しても、ソフトウェア側で仮想IP通信ができるから、サーバのIPが変わっても安心ダネ!!
あとは自分で色々試してミナヨ



とりあえずOpenVPNシリーズ一旦終了でっ!! 


dynakou at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)EC2 | クラウドコンピューティング

2009年05月20日

Amazon CloudWatch、Auto Scaling、Elastic Load Balancing発表!! 早速触ってみた!4

ようやく?
期待していたロードバランス&オートスケーリングがリリースされたわ!
Monitoring, Auto Scaling and Elastic Load Balancing for Amazon EC2
ITPro:Amazon EC2に冗長化/負荷分散などの機能加わる

これで、負荷があがると自動拡張して、負荷が軽減されたら縮小するシステムが出来るハズ!チョー理想的!ステキ!最高!


・・・まあ、とにかく早速触ってミロってことで。


触ってミタゼ



Auto Scalingは、CloudWatchで状態把握して行うもののよう?(勝手な推測ですので間違っていたらゴメス)
※ CloudWatchではElastic Load Balancingのrequest countやrequest latencyをレポートする機能も備えているようデスワ・・



で、動くところまで・・・




まず、準備
Amazonの関連サイトからApiToolsをダウンロード
Amazon EC2 API Tools
Amazon CloudWatch API Tools
Auto Scaling API Tools
Elastic Load Balancing API Tools

それぞれ適当に保存シテ。。。
※CloudWatchに必要なのは、AmazonEc2APIToolsとAmazonCloudWatchAPI Toolsだけね。けどこれからロードバランス、オートスケーリングも順番に紹介するつもりなので、とりあえずDLしといてヨ。



以下の環境変数を設定
JAVA_HOME
AWS_CLOUDWATCH_HOME
EC2_CERT
EC2_PRIVATE_KEY


PATHへ以下を追加
%AWS_CLOUDWATCH_HOME%/bin





さあ、動かそうゼ!!!!!


・モニタリング開始ィィィィィ
ec2-monitor-instances [インスタンスID]



・ステータス取得スルゥ?
(例:モニタリング中の全てのsmallインスタンスのCPU最大負荷、最少負荷、平均値を60秒区切りで指定した時間の範囲分取得)
mon-get-stats CPUUtilization
--start-time 2009-05-20T16:30:00+09:00
--end-time 2009-05-20T16:50:00+09:00 --period 60
--statistics "Average,Minimum,Maximum"
--namespace "AWS/EC2"
--dimensions "InstanceType=m1.small" --headers
※上記コマンド使用時は改行を除いてから使ってヨ。



こんなんでましたけど・・・(やば、年バレル)
cloudwatch






※コマンドで指定可能な、主なパラメータについて説明スル
--start-time⇒モニタリング情報出力起点
--end-time ⇒モニタリング情報出力終点
--period⇒モニタリング間隔(秒)
--namespace⇒AWS/EC2またはAWS/ELBを指定
--statistics⇒Average,Minimum,Maximum,Samples,Sumを指定可能。
  複数指定時は,区切り
--dimensions⇒ ImageId、AvailabilityZone、AutoScalingGroupName、
  InstanceId、InstanceTypeが指定可能。
  ※指定例("InstanceId=i-e0c65e79")
--header⇒出力結果に表題を出す場合指定


※指定可能なコマンドは、以下のトオリダヨ
「namespaceが"AWS/EC2"の場合」
CPUUtilization、NetworkIn、NetworkOut、DiskWriteOps、
DiskReadBytes、DiskReadOps、DiskWriteBytes


「namespaceが"AWS/ELB"の場合」
Latency、RequestCount、HealthyHostCount、UnHealthyHostCount



よし、この調子でオートスケーリングやってミッカ




・・・できるかな・・・?


※利用コスト等、詳しく紹介されています
Amazon CloudWatch を使ってみた from moratorium



dynakou at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クラウドコンピューティング | EC2

2009年05月18日

やっぱりすごいねぇ

ハーレーの販売台数が24年間伸び続けているという記事を見た

落ち込む二輪市場で独走するハーレー、成長を続ける秘訣は?(日経BP) 


04_px25005_px250







二輪の市場が伸びていない中で、何故安定成長を続けられるのか?
その謎について色々と記事では述べられているのだが・・・





俺が思うに単純ンゥ!明快ィィィィ!



乗ればわかる。
ハーレーにしかないエンジンの鼓動、その圧倒的な重量がゆえの安定感、迫力ある走り。
それは、他のバイクでは味わえないのだ・・・



一回乗ってみ。
虜になるぜぃ。ハーレー最高。


dynakou at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ハーレー | ツーリング

2009年05月16日

最大のイベント

ハーレーダビッドソン最大のイベント、ブルースカイヘブンに行ってきたぜ

1

行く途中の東名、一般道が鉄馬だらけっ
全国津々浦々のナンバーを背負った鉄馬乗りが集合!!




イベントのMCによると20000人参加したとのコト
おそらく鉄馬も数千台は参加したことダロウ



日帰り参加者専用の鉄馬置場ですらこんな状況!!
2




ところが到着後2時間後には
が・・・





今回は急いで帰ることにした・・・
4

 


dynakou at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ハーレー | ツーリング
記事検索
ハーレー本
ブロググラフ

ジオターゲティング