トレンドラインを引いて相場を把握する



相場を分析するにあたって必ずチャートをプリントアウトしてを引きましょう。トレンド
ラインにはサポートライン(下値支持線)とレジスタンスライン(上値抵抗線)の2つがあります。

 

サポートラインはチャート上に表示されている安値を一本の線で結びます。一方、レジスタンス
ラインは高値を一本の線で結びます。これでトレンドを一目で把握することができます。

 

こうしたことを繰り返しているうちに感覚的に相場を見る目が養われていきます。基本的に非常
に退屈な作業ですが、根気良く作業するだけの価値は十分あります。

 

レジスタンスラインはチャート上では株価の上値を抑えるかのように水平か右肩下がりで表示
されます。水平の場合は株価ラインが壁となり上値を抑えている状態です。

 

基本的に水平に表示されている場合は、株価が突破するのに時間が掛かるとされています。
ラインを株価が上抜いて上昇するかと思ったところでさらに一段下の下げがあったりします。

 

しかし、時間が掛かるほうが上昇に転じたときに力強く上昇する傾向が強いとされていますの
で株価ボードに登録して、マメに相場をチェックされると良いでしょう。

 

そして、右肩下がりで表示されているレジスタンスラインを株価が突破すると本格的な株価は
急激に上昇します。この状態を狙って取引することで利益を得る可能性が高まります。



DMM.com証券




dynamiteyoshijp at 22:24コメント(0)テクニカル分析  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
メニュー
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせフォーム
  • ライブドアブログ