下降トレンドでの空売りは有効な手段



株式相場全体が上昇トレンドにある場合は現物買いだけでも十分利益をあげることができるわけ
ですが、下降トレンドに入ると買いだけでは利益をあげるのが難しくなります。

 

相場が下落する過程で相場の規模がどんどん縮小しているため買い手よりも売り手が多い状態
にあります。これでは株を買っても思ったように株価の上昇は見込めません。

 

このため、株価が下落する可能性が高いにも関わらず株を保有する期間が長引きます。そして、
困ったことに株を保有する期間が長くなればなるほど愛着のようなものが沸いてきます。

 

そして、さらに損失を膨らませてしまうことになります。ですので、基本的に下降トレンドでは売りか
ら仕掛けることができないと残念ながら利益をだすのが難しいのです。

 

しかし、個人投資家の多くが空売りのような取引に抵抗があります。を実際に行っている
かたの中にも空売りに対して抵抗がある方が少なくありませんので無理もありません。

 

下降トレンドと上昇トレンドとでは圧倒的に下降トレンドの方が値動きが早いです。投資家の多くが
損をしたくないという意識が非常に強いため、株価が下落する時のスピードは凄まじいです。

 

こうした状況下での取引は買いの方がリスクが高いといえます。こういった状況下でサブプライム
ショックやリーマンショックのような市場を揺るがすような大事件が起こると売るに売れません。

 

買った株が下がっていくのを、ただ見るだけになってしまいますので、こうしたリスクを抑えるため
にも、売りで相場に入る取引は一つの有効な手段となります。



DMM.com証券




dynamiteyoshijp at 19:14コメント(0)信用取引きについて  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
メニュー
カテゴリ別アーカイブ
お問い合わせフォーム
  • ライブドアブログ