気に入っていたCOOKPADというお料理サイト
初めてキッチンを構えたのは一年前。あの頃は楽しかった。
11月30日を境に、このサイトは大規模なリニューアルをし、魅力が激減した。その事を憂いている一人の元有料ユーザーの苦言。結構投資した気がするぞ。

自分が作った料理を写真に写し、分量、作り方、などのレシピを掲載出来るサイト。
お料理に興味がある人は登録してみたらイカガでしょう。
ただし、お料理以外の話題は「ダメ」というサイトです。
まぁ、お料理サイトなんだから当然の事ですねっ!

この「ダメ」に違反すると、粛清されるので、要注意。
※粛清:正者・反対者などを厳しく取り締まること。
    独裁政党などで、方針に反する者を排除すること。
    「血の―」       〜広辞苑第四版より〜

運営スタッフが侵した「事件」によって、会員が粛清されるサイトに豹変した事に対して、何の意見も受け付けないというのは、いくらサイト側が用意した「規約」を掲げても納得でできる訳がない。断じて!
もちろん、自分が粛清されたからこの場を借りて愚痴を吐いている訳ではない。昨今の事件を見ても、皆 責任のなすりつけだけに没頭し、何の罪も無い一般人が煮え湯を飲むというパターンが多過ぎやしないか。

目に余る凶行に、ただ目を伏せるのは簡単だ。
私には脳味噌がある。自分の意見もある。
〜事件のあらまし〜
今まで、のんびりしていた料理サイトが俄かに「おかしく」になってきたのは11月中旬に発売になった菓子本がきっかけ。この菓子本は、サイトの登録メンバー達の人気レシピ満載の本だった。
しかし驚くべき事に、なんと、菓子本には「超有名菓子店」のお菓子のレシピを「掲載」してしまったのだ。後になって分かった事だが、サイトの運営スタッフがメンバーとしてサイトに登録し、自分のオリジナルレシピとして謳っていたモノだった。事件発覚後、このスタッフは、ほとぼりが冷めたらまた再開しますというような事を書き綴っていた。
何の反省も感じられないサイトとそのスタッフの姿勢・態度に疑念をもった登録メンバー達が11月30日のサイトリニューアルの際に、強制退会の処分をされた。

サイトの社長は、この一件を丸く治めた。運営スタッフの処分などには一切触れない「お詫び文」だけをサイトに掲載し、今後はサイトの定めた新しい「規約」に沿って運営されますという一方的で傲慢な感のあるサイトに至る。
菓子本はユーザー達が自分の手をかけ技を込めた珠玉の逸品をまとめたもの。つまり元手はタダに等しい。今後は、サイトのスタッフ達が「粛清」という名のフルイに掛けた「珠玉のメンバー」による「珠玉のレシピ」が掲載されていく事だろう。
だけれど、それは悪い事ではない。企業がのし上がっていくにはあらゆる手段を使って正解なのだから。

今後のサイトの発展をスゲー遠くから祈ってます。さようなら。

そして、頑張って!!メンバーの皆さん!
心の篭ったレシピを提供してくれた皆さん、ありがとう!


某サイトへ告ぐ、言論統制反対!!