Filemakerで廃止されたランタイム版の代替法を考察する その1 : ミラーレス一眼 バカ一代
で、色々書いたんだが、自分で言うのもなんだけど前置きが長っ(笑)

ところで、ランタイム版とはちょっと違うのだが、iOSにはFilemaker GOというアプリがありローカルのFilemakerファイルを扱う限りは、特に追加料金はかからない。また、(非サーバーの)Filemarker Proホストへのアクセスも可能でこれも料金がかからない。

となると、無料で使いたいんだったらこれにしな、というFilemaker社の方針なのであろう。
(あ、今ではClaris社だったね、そういえば。)

確かに最近のiPadはPCっぽい使い方できるし、これでも良いような気がするのだが、やはりどうしてもPCもしくはMacに対して無料でソリューション配布したい気もする。

そこで考えついたのが、FileMakerのiOS App SDK(FilemakerソリューションをそのままiOS/iPadのアプリにできるらしい)と、Catalystの組み合わせである。この組み合わせが可能なら、まさに理想であるのだが。。。

しかし、
https://community.claris.com/en/s/question/0D50H00006o5Wmm/macos-catalina-project-catalyst-filemaker-sdk-desktop-app-
によれば、これは不可能らしく、Data API使ってXcodeでコードを書くしかなさそうである。

これじゃ、意味ないじゃん。。。(笑)

(続かないかも)