【ソウル大澤文護】静岡県内で1968年に借金のトラブルから暴力団関係者2人を射殺し、同県寸又峡の温泉旅館に人質をとって立てこもった「金嬉老事件」で無期懲役が確定し、仮釈放後に韓国に永住帰国していた金嬉老(キム・ヒロ、本名・権禧老=クォン・ヒロ)元受刑者が26日午前6時50分、前立腺がんのため、韓国・釜山市の病院で死去した。81歳だった。金元受刑者は25日午後、病状悪化のために緊急入院していた。

【関連記事】金嬉老事件:現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪

【関連ニュース】
【関連記事】ニュースボックス:1968(昭和43)年2月24日 「金嬉老事件」立てこもり男を逮捕

振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁(産経新聞)
移設先、陸・空分離は受け入れ困難…米司令官(読売新聞)
<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査-大阪府警(時事通信)
「全員参加、情報発信力ある日医に」―唐澤氏(医療介護CBニュース)