平野博文官房長官は12日午前、沖縄県議会の高嶺善伸議長と首相官邸で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で「県外(移設)を軸に政府も動いている。県外に(普天間の)機能を移そうと今検討している」と伝えた。

 政府は、鹿児島県の徳之島への移設を軸に米側、地元自治体への打診を始めており、これを念頭に状況を説明したとみられる。普天間問題で政府の調整役を務める平野氏は、具体的な移設先について言及を避けており、「県外」と明言したのは異例。【横田愛】

【関連ニュース】
岡田外相:米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告
普天間問題:徳之島の3町長、「断固反対」強調
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示
普天間移設:5月末決着目指す 外相、米国防長官に伝達
普天間移設:北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討

トヨタへの訴訟併合=米加州で審理へ(時事通信)
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判(産経新聞)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
<トキ>ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡(毎日新聞)
新党「たちあがれ日本」 喫緊の課題は参院選対策 理念の違いで対立も?(産経新聞)