生活苦で授業料などを払えないために卒業できない「卒業クライシス(危機)」への対策として、厚生労働省は、高校授業料の滞納分を無利子で借りられるようにした。都道府県の社会福祉協議会が国の補助を受けて実施する「生活福祉資金貸付制度」に特例を設ける形で、都道府県に12日通知した。

 同制度は低所得世帯などに対する貸し付け事業で、教育支援としては高校の場合、月3万5000円以内を無利子で貸し付けている。滞納した授業料は範囲外だが、各高校の卒業判定が迫る中で今年度に限り特例的にさかのぼり、滞納した高校授業料を貸し付けられるようにした。1カ月当たり3万5000円以内とする。

 卒業クライシスを巡っては、高校生有志らが今月9日、長妻昭厚労相らに緊急要望書を提出して対応を求めていた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
橋下大阪知事:運営不振の府立高に「撤退ルール」
公立高校授業料:滞納8億円 6県170人が出席停止
高校入試:大阪府公立中の進学、「私立専願」最低13% 公立無償化影響か
厚木市:修学旅行費を助成 高校生対象に5万円--県内初 /神奈川
高校入試:私立高で 公立高授業料無償化や不況、関係者に危機感 /大分

<日弁連会長選>3月10日に再投票、即日開票(毎日新聞)
前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)
「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論(産経新聞)
陸幕長に再発防止を指示=連隊長発言で北沢防衛相(時事通信)
ラジオ体操帰りの高齢女性狙う=ひったくり容疑で中学生2人逮捕-警視庁(時事通信)