20日午前10時40分ごろ、大阪府守口市外島町の阪神高速守口線下りで、走行中の大型トレーラーの後輪のタイヤが脱落し、道路脇の路肩付近で炎上した。府警高速隊によると、外れたのは後輪右側のダブルタイヤ(直径約1メートル、幅約60センチ)1組で、約10分後に消し止められ、けが人はなかったが、現場付近は一時通行止めになった。高速隊はトレーラーの男性運転手(46)から整備状況を聴いている。

【関連記事】
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
「早く出して」子供たちはパニック 高槻バス炎上事故
愛染恭子あわや…炎上沈没船に乗っていた
東京湾・第2海堡の黒煙の正体は? “海上のもしも”に備える訓練の場
酒井被告夫妻のピンクハウス、火あぶり!

ネット選挙解禁へ協議機関=与野党(時事通信)
日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
外国人参政権 報道、危機感乏しく(産経新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
モノクロで「森」表現(産経新聞)