みなさん、こんにちは。

Vivid CreationsのDanielです。


大変ご無沙汰していますが、この度、個人的にもとてもアツい想いの溢れるプロジェクトを通じて感じたことをご紹介したく、ブログを書いています…!


それは、シンガポールと日本のあいだにいる存在として考える「日本の伝統工芸」について。



ちょっと仰々しく聞こえますが、日本とシンガポールで生活した経験があり、「日本の伝統工芸に関するプロジェクト」で感じたことをお届けできればと!



英日両言語になるため長くなりますが、お仕事の息抜きにどうぞお付き合いください。



Hi everyone! This is Daniel from Vivid Creations.


It has been some time since my last article, and I'm excited to share with you some of my recent thoughts!


The world as we know is getting more and more diverse. As someone whose job is to facilitate projects beyond countries and cultures, I've come to realise that nature of the projects that we undertake are gradually changing because of this diversity.


This time around, I would like to share with you a work-in-progress project and it's about Japanese traditional crafts and craftsmen. Hopefully, it might be a good lunch-time read!




脈々と受け継がれる技術に感動!
石川県の工芸作家とシンガポール家具店のコラボにむけて


すべてのはじまりは昨年に遡ります。

シンガポール国内にある家具店の創設者兼デザイナーが、石川県内の工芸家の方々との出会いをきっかけに、店内で石川県のクラフトを展示しました。

その際、出品されたいくつかの品は、シンガポール人デザイナーと石川県の工芸家のコラボレーションから生まれた作品もあったとか。

昨年の実績がありながら、この度弊社にお声がかかったきっかけは、今年3月、日本の工芸品を輸出するHULS社と共催した「Artisan - Beyond Craft」でした。

内容は、来年のコラボレーション企画についてのご相談、とのこと。

The project I’d like to introduce you is a collaboration project between Foundry, a furniture store in Singapore and Ishikawa Prefecture.
Having initiated and co-organized a Japanese crafts exhibition with our partner HULS in March this year as part of the Singapore Design Week, Ishikawa Prefecture approached us to work with Foundry to organize next year’s Ishikawa Prefecture’s crafts and collaboration project in Singapore. 

▼Artisan の様子
(詳細:http://vivid-creations.biz/works/3171/
Artisan_BC_01_Main - Maho Saito


石川県はご存知の通り、古くから受け継がれる文化的な資源を豊富にもつ地域です。

輪島塗、山中塗、九谷焼、加賀友禅、金箔・・・など、36もの伝統工芸品といわれる品々を誇ります。

僕が初めて石川県とご縁を持ったのは、17歳の時。
そのときに出会った、金箔をつくる繊細で緻密な技術といったら…!
いまだにあのときの衝撃は忘れられません。

そんな中、この度プロジェクトの一環で、石川県へリサーチに伺うことが決まりました。

あれほど強い感動を得た場所に、10年以上たって再訪できるのは、大変感慨深いことでした!!

今回は輪島塗や山中塗などの工芸家のみなさんを尋ねましたが、そのほとんどが家族経営で、変わらずあの「感動的な技術」が脈々と受け継がれていました…。

▼Kanazawa City in Summer 
m_143647
Ⓒ JNTO

Ishikawa Prefecture has always been known as a culturally-rich area. This region boasts some ten types of nationally-designated traditional arts, such as Wajima lacquer, Yamanaka lacquerware, Kutani pottery, Kaga Yuzen silk dyeing, and Kanazawa gold leaf. In total, there are up to 36 categories of recognized traditional arts and crafts.

Having been to Kanazawa once when I was a teenager, the art of gold leafing left a lasting impression on me. The intricacy of how this technique is administered appealed very much to me and being able to revisit this more than a decade later was an exciting opportunity.

(Did you know? The gold leaf that covers the famous Golden Pavilion in Kyoto was produced in Kanazawa. Gold leaf is even put into food. The city is famous for tea with gold flakes, which is considered by the Japanese people to be good for health and vitality. -from wiki) 

Besides this, we visited craftsmen from Wajima and Yamanaka lacquerware. Most of their workshops are family businesses that have been passed down for generations and every item is made using painstaking techniques with an unrivalled level of quality.

▼Kanazawa Gold Lead Products
m_143645
 Ⓒ Kanazawa City

異なる国々、文化、そして領域のあいだで
「ちがい」から次々と生まれる新たな可能性

シンガポールは、歴史的に古くから他国の影響を受けてきた地域ではあるものの、国の文化として伝統工芸などがあまり存在していません。

その影響もあってか、シンガポール人である僕は、日本の数百年の歴史を誇る伝統工芸やそれらを生み出す技術に、畏敬の念すら覚えるほどで・・・。(笑)

また、山や川や海などの自然に囲まれた日本の環境も、人工的につくられた建造物が多いシンガポールとは対照的で、それらも伝統工芸品を生み出す豊かな土壌を支えているようにも感じます。

自然資源がほとんどない一方、経済的にアジアのハブとして戦後急速に発展してきたシンガポール。
何百年と受け継がれている伝統文化が数多くありながら、経済大国の一国としての地位を築き上げてきた日本。

この明らかなコントラストは、両国の文化を行き来する僕には、特に鮮やかに見えてくる部分です。

Coming from Singapore, a young country with a significantly lesser history when it comes to crafts, I was in awe of these various traditional craft techniques, some of which have existed for more than a few centuries. Moreover, the region is blessed with a conducive natural environment, being surrounded by mountains, rivers and the sea of Japan. 

It got me thinking about the stark contrasts between both countries. Singapore, a country with almost no natural resources, but has since progressed economically from post-war times to become a global financial hub. And Japan, a culturally-rich country that was once closed to the world, has become one of the world’s largest economies.

だからこそ、これら二つの、「まったく異なる特徴を持つ国々のデザイナーと職人とがコラボレーションをする」というのは、個人的にとても興味深いことです。

マインドセットや思考のプロセス、コミュニケーション・・・。すべてにおいて異なります。

だからこそ、国境も文化も越えて対話を重ねることで、新しいアイディアやモノを生み出せるのだとつよく感じます。

そしてこれがまさに、いま僕が担当するプロジェクトで起きていることなのです!

To see a collaboration happen between a designer from Singapore and craftsmen from Japan would definitely be very interesting. How different mindsets, thought processes and communication styles would come together to form a product that is the result of dialogue from people between different cultures.

And that was exactly what happened. As the facilitator for this project, I sat in a meeting with a Singaporean designer and a woodworker from Wajima and managed the translation and communication between both parties. 


Example of Wajima Lacquerware
m_107043
Ⓒ JNTO


現在、プロジェクトのファシリテーターとして、輪島塗の職人さんとシンガポールのデザイナーさんとの間に立ち、打ち合わせを進めています。

かなりチャレンジングな立場ではありますが、打ち合わせではデザイナーさんからの斬新なアイディアや、職人さんの高い技術力でこそ実現される解決策が共有される、創造的な場が展開されています。


本プロジェクトが具体的な形となる頃には、どのような景色が広がっているのか…。

担当である僕自身も非常に楽しみです!

The result was a very engaging session with various out-of-the-box ideas from the designer and professional and skilful solutions from the woodworker. The collaboration product is still in the works but we can’t wait to see the final result!



(後半へ続く To be continued…)