みなさん、こんにちは!

Vivid CreationsのDanielです。


前回のブログに引き続き、石川県の伝統工芸に関するプロジェクトから、僕のアツい想いを届けます。

(暑苦しくはないですよね・・・??笑)


「インバウンド」と呼ばれる外国人観光客への観光誘客施策が、日本国内で話題になっているいまだからこそ!!
『外国人』のひとりでもある僕が、日本の伝統工芸について感じていることを届けられたらうれしいです。



Hi everyone! This is Daniel from Vivid Creations.

In my previous post about an ongoing intercultural project, I shared with you how exciting it is to see a collaboration beyond cultures and history as a facilitator.
Now, it has been said that Japanese companies are required to be multi-cultural in order to host hundreds of thousands of non-Japanese visitors coming to Japan. I hope that this two-part posts will offer both Japanese and non-Japanese readers an insight into the nuances of intercultural differences.



▼前回のブログはこちら / Click here for Part 1/2:
http://blog.livedoor.jp/e139/archives/1958405.html


継承・保護される対象としてではなく

時代と共に進化する姿に感動


前回のブログで、「まったく異なる特徴を持つ国々のデザイナーと職人がコラボレーションをする」ことで、「国境も文化も越えて『対話』し、新しいアイディアやモノを生み出すことができる」、とお伝えしました。
そしてそれが今、私が取り組んでいるプロジェクトで起きている!、と。


しかしながら、このようなトランスフォーメーションは、時代と共にすこしずつ変化していくことを恐れない「伝統工芸の在り方」があってこそ、実現されていくものです。


実際、前回のブログで紹介した工芸品のほとんどは、時代と共に変化してきています。

Although collaborations always bring us new and sometimes unexpected ideas and discoveries, it can be challenging when it comes to traditions - the case in point being Japanese traditional crafts. In order to facilitate innovative and creative conversations with traditional craftsmen, it might be necessary that they possess the predisposition to be flexible and adaptable, more than the inclination to protect the long history of their craft.
That said, we cannot, and should not judge whether protecting their long-time history is good or bad, since this is more often than not the reason why these crafts are unique and have attained a high level of quality. Yet, many of the crafts mentioned in my previous post have actually evolved to suit the modern context and that is possibly why this project allows us to challenge the international collaboration.

たとえば、日本国内で生産される99%が石川県産、といわれるほど石川県を代表する「金箔」は、もともと仏具の装飾に使われていました。

現在ではご存知の通り、ジュエリーやアクセサリー、そして食材としても使われています。


For example, (did you know?) 99% of the gold leaf production in Japan takes place in Kanazawa, Ishikawa. Gold leaf was mainly used for the decoration of Buddhist altars - today, it is used in jewellery, accessories and even food!

blog_goldleaficecream
(写真撮る前にたべちゃいました…すいません! Sorry I began eating it before taking this photo...!)


また、「漆」は、昔から漆器や木製の道具に使われていましたが、現在ではジュエリーやアクセサリーにも利用されています。

今回の視察で伺ったいくつかの工房も、かつては茶器を生産していましたが、いまではアクセサリーや装飾をメインに扱っているとのことでした。


Lacquer was used on pottery and wood items in the past. While that has continued till today, it is now also being used in jewellery and accessories. In fact, a couple of lacquerware places we have visited this time around used to make tea canisters in the past but have since evolved to making mainly accessories and decorative items.

blog_wajima



「蒔絵」は、かつて家庭用品としてデザインされてきましたが、今では万年筆のデザインやシールにあしらわれるようになりました。


Last but not least, Maki-e. While maki-e objects were initially designed as household items, one can see them on fountain pens and stickers these days.

blog_makie



石川県への視察で感じた

多様な個性・文化が混ざりあう現代の伝統工芸


昔からの在り方を継承し、より正確で完璧で正しいカタチに近づけることを望む職人さんたちがいる一方で、他のアイディアとのコラボレーションや、異質なものとの『対話』を通じて、伝統工芸品の新しいイノベーションを模索する方々もいらっしゃいました。


もちろん、どちらが良い・悪いということはありませんが、結局のところ、伝統工芸がこれからどのように続いていくのかというのは、目まぐるしく変わる時代の中で、よりおもしろくもあり挑戦的でもある道となるだろうと感じます。


On this visit, it is apparent that amongst all the craftsmen in Ishikawa, there are many schools of thought. While there are craftsmen who insist on carrying on tradition and pursue precision and excellence, there are also other craftsmen who are striving for new innovations using traditional techniques in this modern era.


As mentioned, there is no right or wrong answer and I’m sure there is a market for both. All in all, it will be both exciting and challenging times ahead, to see how traditions will carry on to evolve in our ever-changing society.


特に現代のわたしたちは、さまざまな個性や文化と関わりあい、影響を与えあうことが容易にできる時代を生きています。

そんな今だからこそ、文化を越えたコラボレーションが起きることで、モノゴトの可能性が広がると信じています。


さまざまな境界の「あいだ」の存在として、このシンガポールの家具店と石川県の伝統工芸のプロジェクトがどう展開していくのか、とても楽しみです。


また、最後にみなさんにも本プロジェクトをご報告できる日を心待ちにして、今回は終わりたいと思います。

2つの記事にわたってお付き合いいただき、ありがとうございました!


We’re increasingly becoming a connected world. Through collaborations across cultures, the possibilities are endless.
I’m really looking forward to seeing what would happen through this Ishikawa project. Thank you and stay tuned! :)