みなさま、こんにちは!
Vivid CreationsのYushiです。
 
新年がはじまりましたが、旧暦でお祝いをするシンガポールも私も、若干気分はまだ2017年…?という感じ。笑
みなさんいかがお過ごしですか??

昨年年末に、Danielが「シンガポール人目線で考えた日本の工芸品」についてブログを投稿していました。
(見逃した方はこちら!)
 
在東京シンガポール人スタッフの私からもぜひ!と思って、今回お伝えしたいのは『「翻訳」がインバウンド対応に通用しない理由』について。
 
日々、かなり「翻訳」を頼まれるケースが多いのですが、これがまた難しく、そして奥深く…
 
私が頭を抱えるその理由についてブログで発信することで、日本国内のさまざまな方々に、翻訳業務の「考え方」について参考となればと思います…!!
 

Hi everyone, this is Yushi from vivid creations!
 
First of all, a happy new year and cheers to an amazing year ahead!
Personally, I entered the year sick in bed with a winter cold. Still, I managed to enjoy the holidays at home thanks to close friends and tons of sleep... haha
Hope everyone had a good holiday too!
 
The hectic work days begin again… As a Singaporean staff based in Tokyo, I’m often asked to “translate” documents, paragraphs, or phrase.
 
Today, I'd like to talk about this particular side of work we do.
You must have already guessed from the title though.
It's why "direct translations" rarely work

“Translation” is an ever-present topic around the world because of all the different languages that exist and the natural instinct for people to connect and communicate with one another. Overcoming language barriers has definitely been made easier today due to technology and people’s awareness and willingness to learn new languages. 

In our line of work, which is bridging one culture to another, we are often asked by our Japanese clients to do translations from them. It seems like “translation” is now one of the urgent matters especially for Japan, because of the upcoming Tokyo Olympics in 2020 (I guess) and an increasing number of promotional activity of Japanese products taking place globally.
 
Let’s take a closer look and let me share with you what I have learned from some of our projects. I hope this blog article will help (mainly Japanese) people to understand its complexity, and to use it to cultivate their own nations in the field of “translation” work.
 
images-01











翻訳するときの「思考」が対象により異なるのはなぜ?
翻訳でも直訳ない「Transcreation」
 
そもそもですが、「翻訳」にもいろいろ種類がある、ということはご存知でしょうか?
 
たとえば、技術的なものや法的なものがかかわる文書を「翻訳」する際(雇用証明書や注意事項、商品の内容物の説明など)は、比較的文書に書かれているものをそのまま変換する、いわゆる「直訳」タイプの翻訳で意味が通じるケースが多いです。
 
しかしながら、我々に日々寄せられる「翻訳」依頼の対象は、ブランドのコンセプトやキャッチフレーズ、展示会やウェブサイトなどで掲載するテキスト文面、海外メディア向けプレスリリースなど、単なる「翻訳」の作業では効果を十分に発揮できないものがほとんどです。

なぜ「直訳の翻訳」では不十分なのでしょうか?
 
それは、このようなクリエイティビティを必要とする「翻訳」には、受け手が享受している文化的な環境や、その国・地域における市場の流行、無意識に存在する常識などをもときには考慮して対応する必要があるからです。

 
なので、こうした要望を受けるときはいつも、以下のような質問を繰り返すようにしています。
 
「文章を素直に英語に翻訳したとき、それはクライアントの新規顧客やその国の市場にとって、本当に『心に届くメッセージ』に変換できているだろうか」、と。

 
しかしながら、残念なことに、主に日系クライアントとのやりとりのなかで、しばしばこの「心に届くメッセージにするための翻訳」という意識が欠けている「(単に)英語にしてくれ」というようなスタンスのコミュニケーションが、多々見受けられるというのが現状です。
 
受け手の気持ちを高めて興奮させるような内容のものが日本語で書かれていたとしても、それを英語したところでシンガポール人が受け取ったときに、同じように気持ちが高まるか、というと、そうでないこともあるのです。単に「言語を変えれば伝わる」という問題ではないのです。
 
そうではなくて、受け手の文化や言語、ライフスタイル、食事、友人と遊ぶ際の行動や慣習、仕事の仕方、そして思考の方法まで、すべてが全く変わるということを踏まえたうえで、ブランドのイメージや文章などを使って、どうメッセージを伝えるのかを考える必要があるのです。
日系のクライアントから寄せられる要望にはこのような内容が多く聞かれます。

「日本語のプレスリリースがあるので、英語にしてシンガポールのメディアに拡散してくれないか」
「海外市場に展開するので、日本語のキャッチコピーや企業理念を英訳するのにいくらかかるか」

もう、私が返答に苦しむ理由を、みなさんはご存知ですね?笑

先からお伝えしている、文脈を編みなおして再構築しながら翻訳することを、業界では「Transcretion(トランスクリエーション)」と言います。

Translation(翻訳)とCreations(創造・作る)を掛け合わせた造語です。この多様な価値観や国境を越えていく時代では重要な概念だと感じるので、このブログの読者のみなさんにはぜひ、頭の片隅に刻んでもらえたらうれしいです!


images-02

 One of the common problems I face is the lack of understanding that many of these clients have about translation, and they are not to blame. 

At their defence, translating technical or legal documents, for example work contracts, safety and cautionary content, and product descriptions, can afford a much more direct approach. In these cases, directly translating the content doesn’t pose too much of a problem.

On the other hand, the work our clients commonly ask us for usually involves translating brand concepts, catchphrases, content for exhibitions or websites, press releases, and many more. These require a more creative-thinking approach where you have to sit down and ponder: “Will directly translating this sentence really work for the client’s new audience?

In these cases, more often than not, translating something is not as simple as merely changing, word for word, one language to another. Very often, you have to factor in the culture, understanding, market trends and general perception of the new audience you are targeting. For example, a Japanese sentence created to stir feelings of excitement and emotion in a Japanese consumer could be close to ineffective if presented in the same context to a Singaporean consumer. 

This is because they not only speak a different language, but they also live different lifestyles, eat different food, hang out with different people, and work and think differently. All these contribute to how differently they will perceive marketing efforts such as brand image and text. 

The requests from clients that fall in this category sound like this:

“We have the press release written in Japanese, so could you just translate it into English and distribute it to your market?”

“We want to expand our brand into the international market. How much do you charge to translate our catchphrase and philosophy into English? We already have existing phrases in Japanese.”

In the industry, this is referred to as Transcreation.

Transcreation is a term used chiefly by advertising and marketing professionals to refer to the process of adapting a message from one language to another, while maintaining its intent, style, tone and context. (Wiki)

 

「"正しい英語"に直して」という依頼を受けて考える
多様性を前提とした文化的な相互理解をめざして

さて、切り口はすこし変わりますが、英語話者どうしでも「英語」をめぐる議論があるということも、ここではどうしても触れておきたいと思っています。

シンガポールで話されている英語は「シングリッシュ」という、中国語の影響をかなり受けた独特の英語である、というのご存知かもしれません。また、イギリス英語・アメリカ英語・オーストラリア英語のちがいによって、発音やスペリングが異なるだけでなく、受ける印象も異なることがあります。

英語話者であっても、選び取るフレーズや読み取るニュアンスが、地域によって異なるのです。


我々がしばしば、クライアントからの「翻訳」または「Transcreation」の依頼のなかで受ける追加要望のなかに、このような出来事が起こることがあります。

「英訳いただいたテキストをウチの海外担当をしている外国人スタッフに見せたところ、自然な英語に聞こえないというフィードバックが返ってきたのですが、修正いただけますか?」


お気持ちも状況も重々承知したうえで、あえてこの場を借りてお伝えしたい!!

この地球上にはさまざまな英語が存在する中で、なにをもって「自然」とするのかは非常難しいところです。

また、細かな単語のチョイスで「不自然」と感じたならば、それは個々人の主観的な感覚によるものかもしれません。

出し先の市場においてはごく一般的な言い回しも、別の地域で生まれ育ったネイティブ・イングリッシュ・スピーカーが見たら違和感を感じることもあるでしょう・・・。


このように英語話者同士でも、確認作業や英語のことばの受け答えには差があるということも、日系のクライアントには認識していただかないと、海外展開はおろかその前に行われるべき海外市場へのマーケティング活動さえ、効果が十分に発揮できない可能性があります。

「英語の多様性」を認識したうえで、的確なマーケティング活動・コミュニケーションをとるために、どのような「翻訳」が必要なのか・・・。複雑な取り組みではありますが、これから益々チャレンジしていかなくてはならないことだと思います。

Even among English-speaking translators, there is a wide range of styles to rewrite a sentence that will say the same thing. There is also the issue of US or UK spelling, and the slightly differing phrases and nuances used by fellow English-speaking people depending on where they live. 

One problem that we sometimes face while creating English content for a client meant for the Singaporean market, is third party input from another English-speaker. 

Sometimes, we get an e-mail from our client that goes something like this:
“We checked with another English speaker (Usually someone from America, UK or another Asian country), and they said this sentence doesn’t sound natural. Could you change it?”

There are many problems with this request. 

First of all, what is the standard of “natural”? Is there a universal way to form a sentence that everyone will agree is the most natural? As much as we’d love to improve the sentence to make it more “natural”, there is really no way to tell.

Secondly, it could be that particular person’s preference in writing style, and may not be a good benchmark for deciding which sentence is more suitable.That said, if any one person could vouch for the general population of our target audience, we would gladly take up their suggestions. But that would make us lose our jobs, so it’s a huge dilemma. (Need to rephrase)

Thirdly, that person might not be as familiar with the target audience, in this case Singaporeans. What is more “natural English” to Singaporeans may vary from their home country or wherever they reside in. 

Of course, the Japanese client will not have enough knowledge of the language to make a judgement on whose sentence is better, but will be quick to question it if there is reason to. 
images-03



「翻訳(というか直訳型の翻訳)」がインバウンド対応に通用しない理由、ご理解いただけたでしょうか?

「Transcreation」という考え方と合わせて、「英語の多様性」をふまえて、海外市場の先に存在する受けて(生活者)の多様なライフスタイルや文化背景についても、気に留めていただけたらと思います。


この多様性を土台として、いかにマーケティング活動を行っていくのか、そのために必要なものが何で、それらをどのようなメッセージとイメージで伝え、広げていくのか。


Vivid Creationsは日系のクライアントと相互に意見交換・学習しながら、文化や言語を越えてお互いが学び合うなかで相互に理解しあえるよう、単純な「翻訳」をこえてサポートしています。
(その過程ではもちろん、制作を引き受けることもあり、これはこれでまた骨が折れる…というのはまた別の機会にしたいと思います…笑)

これからもそのような文化の橋渡し、文化を越えた相互理解の輪を、日本のみなさまと広げられたらと願っています。


In conclusion, the current reality is that the word “transcreation” is either not known to or not properly understood by Japanese businesses wanting to expand outside of Japan. 

We hope, through our work and through educating our clients, that not only “transcreation” but also our diversity of language, culture, lifestyle, awareness, are passed on to the Japanese business scene in order to break barriers, become the norm, and accelerate global marketing efforts.

Factoring in such complexity and diversity, how are we going to promote our products overseas?
How are we going to deliver a message through texts and images?

Vivid Creations, in the name of further expanding global dialouge, wants to help more Japanese clients have fruitful discussions, and “co-learning” opportunities through meaningful interaction with locals.