平野博文官房長官は26日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「(地元が)合意しなかったら物事が進まないということか。そこは十分検証したい。法律的にやれる場合もあるだろう」と述べ、移設先の自治体が受け入れに応じない場合は法的に決着させることも可能との見解を明らかにした。
 一方で「できる限り地元の皆さんの理解を得ながら決めていく」とも語り、政府が5月末までとした移設先の結論を出す過程で、地元の理解を得るよう努める立場も強調した。 

【関連ニュース】
首相発言を言質に圧力=普天間現行案履行を要求
沖縄出身議員、「斟酌の理由ない」に反発=民主参院幹事長は擁護
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相

自民執行部、山拓氏らに公認見送り伝える(産経新聞)
<将棋>王将戦第2局 栃木・大田原で28、29日(毎日新聞)
「ジャニーズ公演券ある」掲示板でウソ、5万詐取(読売新聞)
<雑記帳>高橋尚子さん、北海道で野菜づくり(毎日新聞)
東海道新幹線 乗客缶詰めなぜ 「再開遅れる」避難見送り(産経新聞)