世界保健機関(WHO)が18日、来シーズンのインフルエンザワクチンに今回の新型インフルエンザの株を組み入れるよう推奨したことで、日本でも新型と従来の季節性を混合したワクチンが製造される可能性が高まった。
 季節性ワクチンは新型と同じAH1N1型のソ連型、AH3N2型の香港型、B型の3種類が混合されているが、来シーズンはソ連型の代わりに新型が用いられる見通しだ。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
休校や学級閉鎖、3週連続減少=ほとんどが新型インフル
インフル脳症、285人届け出=例年の5~8倍
HIV感染・発症者、7年ぶり減少=検査低調、新型インフル影響か

別姓導入へ「首相が先頭に」=千葉法相(時事通信)
<乱気流>成田行きユナイテッド機が遭遇…けが人多数か(毎日新聞)
<中3自殺>「兆候に対応せず」両親が千葉の私立中を提訴(毎日新聞)
自民・石破氏「派閥解消、あつれき覚悟で」(読売新聞)
介護保険制度への意見を募集―厚労省が初の試み(医療介護CBニュース)