「たちあがれ日本」の園田博之幹事長は17日午前、読売テレビの番組で、郵政民営化見直しについて「(民営化の)原則は変えない。日本全国の住民がどなたも不便にならないような方法がほかにないのかという見直しはするが、保険、貯金の完全民営化は絶対に守らないといけない」と述べ、党としてゆうちょ銀行とかんぽ生命の完全民営化の方針は維持する方針を明らかにした。

 園田氏はこの方針について、郵政民営化に反対していた平沼赳夫代表も「理解し、賛成してくれている」と述べた。

【関連記事】
「たちあがれ日本」がネットで好評?
略称「日本」で波紋 後発の「たちあがれ」に「新党日本」が反発 
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」
「衆参ダブル選の可能性高い」と石破氏 「たちあがれ日本」との連携も模索
外国人地方参政権問題に一石

<歯科医師>自民離れ 党員4分の1に 埼玉の政治団体(毎日新聞)
八王子駅ビル殺傷で元会社員が懲役30年 東京高裁(産経新聞)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
開かずの門、400年ぶり開く=解体修理、足利尊氏逃げ込む-京都・東寺(時事通信)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)