国内最古とされていた島根県出雲市の砂原遺跡の石器の年代が早まり、最古と言えない可能性のあることが、松藤和人・同志社大教授らの調査でわかった。

 松藤教授らは昨年9月、「約12万年前」と発表したが、その後の調査で約7万年前のものである可能性が強いことがわかった。23日、東京・国士舘大で開かれた日本考古学協会の総会で、松藤教授が年代を修正する考えを明らかにした。

 石器の年代は、松藤教授を団長とする学術調査団が昨年9月、12万年前と発表した。出土した場所のすぐ上の火山灰層の年代が、約12万年前とみられたことが根拠だった。

 しかし、その後の調査で火山灰層の年代が約7万年前と判明。ただ、松藤教授は、地層の形成時期などから最も古い場合は約12万7000年前の可能性もあるとしており、23日の発表では「7万年前~12万7000年前」と年代に幅を持たせる考えを表明した。

 このため、岩手県遠野市の金取遺跡(約9万~8万年前)などの石器よりも早まる可能性がある。

 松藤教授は「『最古』ではなく、『最古級』とすべきだった。火山灰がよく似ており、同定が難しかった。今後、周辺の調査をすれば、年代を絞り込めるだろう」と話している。

牛10万頭分のワクチン到着=感染疑いは146カ所に(時事通信)
鳩山内閣評価11% 東北・市町村長、本社アンケート(河北新報)
<参院選>政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく(毎日新聞)
作業服姿で堂々と切断?電線3・4km分盗難(読売新聞)
辺野古移設、断じて反対=福島社民党首(時事通信)