経済産業省は16日、ヤンマー(大阪市)がリコール(回収・無償修理)した家庭用生ごみ処理機から発火する事故が、昨年10月に長野県原村で発生したと発表した。リコール対策として製品内部に取り付けた断熱材の劣化が原因。けが人は出ていない。経産省は「対策は有効でなかった」(製品事故対策室)としており、同社は17日から他社製処理機との無償交換を開始する。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ プリウス
三洋、担当専務ら降格=洗濯乾燥機リコールで処分
フタバ産業、特損発生の見通し=ダイハツのリコール補償で
ふそう元会長らの有罪確定へ=三菱自虚偽報告、罰金20万円
軽自動車27万4000台リコール=ダイハツ

高校無償化 法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議(毎日新聞)
<東京地検>弁護士と元妻を8億円脱税で起訴(毎日新聞)
【著者に聞きたい】秦郁彦さん『靖国神社の祭神たち』(産経新聞)
タイガーマスクのマスクかぶって集団暴走 36人を検挙(産経新聞)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)