野田佳彦財務副大臣は4日の記者会見で、子ども手当を2011年度から全額支給(月2万6000円)するのは難しいと発言したことについて、「10年度予算の審議もこれからだ。11年度編成にかかわることに言及したのは、うかつだった」と述べ、陳謝した。

 野田副大臣は「マニフェスト(政権公約)に書いてあることは、ハードルが高かろうが低かろうが、実現するために努力をするのが我々の役割だと思う」と語り、公約通り11年度からの全額支給に取り組む考えを強調した。

 また、菅財務相から「財務省内でよく議論していないことは、外に言わない方がいい」と、クギを刺されたことも明らかにした。

 子ども手当は10年度、中学生以下の子ども1人あたり、月1万3000円が支給される予定だ。民主党は全額支給には、計約5兆3000億円が必要と試算しており、財源不足になりかねないとの懸念が出ている。

<国公立大2次試験>志願倍率1.0倍…中間集計(毎日新聞)
福岡県汚職 副知事室で100万円授受(毎日新聞)
雪の影響で48人負傷=転倒し10人骨折-東京消防庁(時事通信)
被害者になるかも…不審死で警察が2人に警告(読売新聞)
<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)