2007年10月24日

開幕後の選手層の考察

nuggets 1

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright 2007 NBAE (Photo by Garrett Ellwood/NBAE via Getty Images)

 現在十九人居るNuggetsの開幕戦後の選手層を見て見ました。

2007-10-25 2時(日本時間):五人解雇が行われた後の記事を追記しました。


名前 位置  身長 体重 年齢 一言
Steven
Hunter
F-C 7'0" 240 25 防打良し、捕球駄目
Brad
Stricker
F-C 6'11" 260 30 Denver在住の練習要員
Nenê
C-F 6'11" 250 25 下半身病み上がり
Marcus
Camby
F-C 6'11" 235 32 特になし
Jelani
McCoy
F-C 6'10" 245 29 夏大会で活躍
Kenyon
Martin
F 6'9" 240 29 両膝に爆弾
Linas
Kleiza
F 6'8" 245 22 堅実だが特別な長所も無し
Eduardo
Najera
F 6'8" 235 31 年齢に因る衰えはどうか
Carmelo
Anthony
F 6'8" 230 23 特に無し
Stacey
Augmon
F-G 6'8" 213 39 防御良し、年齢問題
Yakhouba
Diawara
G-F 6'7" 225 25 防御元気、攻撃駄目
Bobby
Jones
F-G 6'7" 215 23 防御良し、懸案の三点撃も改善か
J.R.
Smith
G 6'6" 220 22 攻撃良し、状況判断力に問題有り
Von
Wafer
G 6'5" 210 22 攻撃良し、安定度無し
Anthony
Carter
G 6'2" 195 33 全てに堅実なPG
Anthony
Roberson
G 6'2" 180 24 数居る古参PG達を超えられるのか
Allen
Iverson
G 6'0" 165 32 特に無し
Chucky
Atkins
G 5'11" 185 33 三点撃良し、身長問題
Mike
Wilks
G 5'10" 180 28 低身長が最大の弱点か

 先ずは現時点での選手を身長順に並べて見ました。
この中で一軍級と二軍級は解雇される可能性は低いですので、これで既に十一人居ます。

C : Camby, Hunter,
PF: Nenê, Martin, Najera
SF: Anthony, Kleiza
SG: Iverson, Smith 
PG: Atkins, Carter


 これを怪我人枠を最大に使っても後四人しか保有出来ません。
怪我がちな大型選手層に関しては、もう一人欲しい感じですので、私ならばMcCoyを確保して置くと思います。
A.I.はPGとしても十二分に使えますので、RobersonとWilksはどちらか一人若しくは両方とも解雇される可能性は高いです。Robersonは前哨戦で頑張って居ますので取って置くとすれば、残りは二枠。
才能の点から言えばJonesとWaferが来ると思いますが、Diawaraも解雇するのは忍び無い。
すると矢張りRobersonを切って、この三人を確保と言う事に成るでしょうか。

C : Camby, Hunter, McCoy
PF: Nenê, Martin, Najera
SF: Anthony, Kleiza, Diawara
SG: Iverson, Jones, Smith, Wafer,
PG: Atkins, Carter

最終的にはこう成るのでは無いかと考えて居ます。

もしも私の個人的な願い事をKarl監督が聞き入れてくれるならば、A.I.がPGとして出て、

C : Camby, Hunter, McCoy
PF: Nenê, Martin, Najera
SF: Anthony, Kleiza, Diawara
SG: Jones, Smith, Wafer,
PG: Iverson, Atkins, Carter

と成り、選手層としては攻守完璧な団体が出来上がるのでは無いかなと思います。
一軍・二軍共、非常に怖いですね。

追記:

 この記事を書いた数時間後に五人解雇された事が報道されました。Denverの新聞記者はこのblogを読んで居て、私が書く事の裏へ裏へと記事を書いて居る様です。これから更新時間変えようか知らん。(勿論これは冗談ですけれども、時々本当にここを読んでから書いてるだろうと感じる事が有ります(笑)。まあ、それだけ皆考える事は同じと言う事なのでしょう。)

 さて、解雇されたのはWilks、Roberson、Stricker、McCoy、Augmonでした。時間的に見てBucks戦が行われた後に解雇の発表が有ったのではと想像します。映画「Major League」でそんな場面が有りましたね。

 この解雇に拠りまして、現在のNuggetsは十四人と成って居ます。私が予想した面子から更にMcCoyを切った形に成りました。大型選手層に怪我人が増えても、イザと成ったらMeloやKleizaをPFとして使う積りなのでしょう。今回の前哨戦中も何度か有りましたが、Karl監督の性癖として小型選手に寄った陣容を使う機会も有ると言う事なのでしょう。

 但し、一つだけ気に成る事は、同じ記事で下の方の「Etc.」で、Coby KarlがLakersから解雇される可能性を示唆した記事が有り、その件に対してKarl監督が「もし最悪の事態が起きたら、俺達は頑張って乗り越えるよ。」と言っていますが、まさかDenverの十五人目にCobyを考えて居るなんて事は……。

本当に爆弾が入っていそうな膝のK-Martnuggets2

 

 

 

 

 

 

Copyright 2007 NBAE (Photo by Garrett Ellwood/NBAE via Getty Images)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by JET   2007年10月24日 17:48
5 ナゲッツがバックスに勝ちましたね!
得点も、アイバーソン21, C.アンソニー 18, C.アトキンス 15
、といい感じですね!
次も勝つといいなあ〜・・・
2. Posted by E1wa7   2007年10月24日 21:49
5 JET様、お久し振りです。
A.I.は野投率も良く、補助も結構出て居た様ですね。
開幕まで後一週間です。
3. Posted by 3wayama   2007年10月26日 00:45
すごく気合いの入ったテーブルで、選手の状況が分かり易いですね。
これだけでDENへの愛をひしひしと感じます(笑)

個人的にはAアイバーソンをPGで固定して、SGにはサイズがあってディフェンスのいいYディアワラを使う方が好みなんですが・・・。

おっと、ここでプランを明かすと、現地記者に参考にされるんでした。
ふ〜、あぶないあぶない(汗)
4. Posted by E1wa7   2007年10月26日 06:37
5  有り難う御座います。色仕掛けで攻めるのを心掛けて居ります(笑)
 試合中にA.I.が腿に膝蹴りを入れられた様で(味方から)、守衛陣は監督の中ではAtkinsとDiawaraの先発が今の所有力そうです。Diawaraは監督のお気に入りっぽい感じですね。AtkinsがPGに居れば、SGに外郭攻撃は求められませんのでDiawaraと合うかも知れません。Jonesと言う新星も最近頑張って居る様ですので、そちらもご注目下さい。
 おっと、明日の朝刊は「DiawaraとJonesがアツアツ密会」かも……。
5. Posted by JET   2007年10月26日 16:26
4 DENVERがPHOENIXに負けてしまいました・・・でもアイバーソン 24, C.アンソニー 22, J.スミス 17と好調です。
頑張れ!DENVER NUGGETS!
6. Posted by E1wa7   2007年10月27日 12:56
5  負けましたね。
まあ、しかし前哨戦ですからね。本戦でPHXから取り返しましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
The Denver Post
Rocky Mountain News