2009年01月08日

NBAドラフト(1巡目)に参加させろコノヤロー!

Bye Bye Atkins

必死で最近のニュースを纏めた私をまるであざ笑うかのようなこのタイミングでトレード。いやはや、少しの期待感と失望感に屈辱に恥辱に憤怒にまみれていますが・・・こんなことでは負けませんよ。雨が降ろうが槍が降ろうがMeloが骨折で離脱しようがJRがフォーマルな服装になろうが負けませんよ私は。


(09年1月10日指名権について追記)




本題に入る前に誤報のお詫び


前回の記事でラグジュアリータックス課税ラインを下回ったと書きましたが、JR & K-Mart二人にボーナスが80万ドルほどあるらしく、おそらく今回のトレードでようやくタックス課税ラインを下回ったようです。(上手く訳せなかったのでたぶんですが・・・)
ソースはこちら


今シーズンのラグジュアリータックス課税ライン:7115万ドル
現在のNuggetsのトータルサラリー:約6953万ドル(+ボーナス80万で約7033万ドル?)




本題:遂にAtkinsを放出したNuggets


-----------------------------------------------
09年01月07日付けで発表されたDEN-OKC間でのトレード

<Nuggets放出>
Chucky Atkins(340万ドル)
2009年のドラフト1巡目指名権
(追記:ロッタリー{上位15位}プロテクト付。つまりNuggetsがPlayOffに出られないとこの指名権はNuggetsに戻ってくる。)
現金(+トータルサラリー146万ドルの削減)

<Thunder放出>
Johan Petro(194万ドル)
2009年のドラフト2巡目指名権
(追記:2009年説と2010年説がありますが、おそらく2009年のものだと思います。)
-----------------------------------------------

Atkinsのコメント
「複雑な心境だよ。俺はデンバーで彼らととても良い日々を過ごしたので、彼らと離れるのは嫌だ。・・・でも彼らは、教育の必要な若いPG(Russell Westbrook)を手に入れた。」



まぁ、トレードの噂が絶えなかったAtkinsで、これまた噂が絶えないビッグマン獲りに、ビッグマン放出の噂が絶えなかったOKCとのトレード。ほとんど噂通りです。そして例年通り1巡目指名権を放出しました・・・。


〜〜過去のNuggetsドラフト〜〜

2006年の1巡目指名権は、NY Knicksに。(ちなみにこれはKnicksがBalkmanを指名し、今期からNuggetsに帰って来た。)
2007年の1巡目指名権は、AIトレードで76ersに。
2008年の1巡目指名権は、サラリー総額減額の為Bobcatsの将来のドラフト1巡目指名権と交換。
2009年の1巡目指名権は、AtkinsとともにOKCへ、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 これで4年連続ドラフト1巡目無関係が決定してしまいました。確かに数日前までならば「どうせ20〜25位くらいの下位だからいいや」と思えましたが、今はMeloが怪我で1ヶ月離脱しますし、相変わらずハイレベルなWESTな為3位だろうが4位だろうがすぐにランキングはコロコロ変わります、そう最悪5試合でプレーオフ圏外へ追い出される可能性もあります。

 そうです。今年もそう簡単に放出していい指名権ではありません。なによりNuggetsは前回の記事でも書きましたが、来期以降主力5人で約6000万ドル前後のサラリーになります。残りの7〜10人を1000万で割り振らなければならないのです。そうなって来ますとありがたいのがルーキー契約下の選手。どんだけ実力があろうが4年間は安くキープ出来ますからね。今シーズン25.5ptで得点ランキング5位のDanny Granger(IND)でさえ232万ドルですから。

 そしてなにより私はドラフトが大好きなのだ!いまのうちからNCAAをちょくちょく見て、現地のDraft系サイトを必死で訳していたのですが、今年もこれでパーですよ。パー!ちなみに先に言っておくと私のお勧めは Floridaの2年生「Nick Calathes」君。6-5(196cm)とSGの体格ながらPGが出来る選手です。パス能力は素晴らしくアウトサイドシュートも定評があります。タイプ的にはSASのGinobiliやPHXのS Nash系統でしょうか。ま、そこまでの選手かどうかはわかりませんし、今年エントリーするかどうかもわからない選手ですけどね、密かに楽しみにしています。と、そんな儚い希望も夢もパーですよ、パー!なぜか昨年のMVP男Tyler Hansbrough順位が落ちてきている為ひょっとしたらNuggetsになんていう儚い希望も夢もパーですよ、パー!

 その大事な1巡目指名権と引き換えに来オフRFAになるJohan Petro 22歳を獲得しました。使えるのかどうかも微妙な未だに素材型でしかも来オフにはRFA。今シーズンよっぽど機能しない限りは300万以上にはなるんじゃないでしょうか。我々には来オフKleizaとの再契約交渉も待っています。どちらかというと我の強い面々が多い中で、多才なKleizaは重宝するはず。Karl先生もKleizaの放出を反対するコメントをしていましたね。はたしてNuggetsは来オフ彼ら二人と無事再契約できるのでしょうか。

 さて、そのJohan Petro君ですが、フランス出身のセンターで身長は7-0(213cm)で身体能力がとても高いらしく完全な素材型です。他に特徴は・・・まるで何も覚えていません。こんなことになるならOKCの試合を残しておけばよかった。ところで・・・Nuggetsは素材型や身体能力特化型が好きですね。JRやNeneやCheikh SambやSonny WeemsにJohan Petro等々。しかし、とりあえずもう獲ってしまったものは仕方がないので、来オフに安くで再契約した後に開花するよう祈るしかありません。何気にNuggetsは素材型の選手を育てるの巧いほうですしね、JR然り。Karl先生の育て方なのか、K-Martの男気なのか、Meloの面倒見の良さなのか原因はわかりませんが。



本当にNuggetsに必要だったのは誰だ?


 さてさて、しかしながら私はどうせOKCと取引するならばNick Collisonが欲しかった。「Atkins(340万)+Hunter(347万)+1巡目指名権 で N Collison(625万ドル)」もっともこれなら62万ドルほどしか削減できませんが。彼はリバウンドもちゃんと獲れますし、何より器用で色々そつなくこなします。なんというか私は「最高の脇役」みたいな評価をしていますので、周りにすごい選手が多ければ多いほど活躍出来るタイプだと思っています。そういう選手こそNUggetsの4番目か5番目に欲しかったですね。「Atkins+Hunter+1巡目指名権」でNick Collisonが取れるのであれば、1巡目指名権の放出も問題無しとさえ考えていたのですが・・・・。Nuggetsであれば「脇役 of the year」の獲得も夢ではなかったのに・・・。

 Nuggetsに足りないのもそこじゃないかと。なんかサポートがヘタというかあまり無いというか引き立て役がいないというか。昨シーズンのNuggetsでベンチメンバー(JR & Najera & Kleiza)が出ている時の方が良い流れのバスケをしていたように思えたのも、そのへんが原因じゃないかと。なにかを犠牲にしてでもこういう起用で多才な脇役を入れるべきではないでしょうかね。LakersでいうLuke Walton的な選手が必要だとは思うんですが・・・。(タイプはL Waltonと違いますけどね)

 もしくは1巡目指名権を放出するのであれば、SGも補強して欲しかったですね。現在NuggetsのSGで一番出場時間の長いのがJRで、スターター&エースストッパーにDhanty Jones、そして時々AC & Billupsの同時起用というのが基本的なローテーション。単純に補強と考えますとDhantyのグレードアップで「ディフィンス力+3pt」という選手が良い気がしますが、私はAC & Billupsの同時起用が非常に気になっています。ひょっとしてKarl先生はBillupsともう一人ゲームメイクもしくはせめてボール運びくらいは満足に出来る選手をSGに置きたいのではないかと。実際少し前にどこかとの試合(たぶんLALだったような気が)でプレッシャーディフィンスにボッコボコにされていましたしね・・・。しかし、そうなってくるとそう易々と獲得出来る物ではありません。「PG能力がそれなりにある(パス能力やボール運び)+ディフィンス力+アウトサイド」のSGとなると・・・Ray Allen(BOS)かManu Ginobili(SAS)くらいしか思いつきません。非現実的ですね。やはりJRが覚醒するのが一番手っ取り早いですが・・・。



現在のNuggetsのロスターまとめ(09年01月08日)

C  :Nene / Johan Petro / (Steven Hunter)
PF :Kenyon Martin / Chris Andersen
SF :Carmelo Anthony / Linas Kleiza / Renald Balkman
SG :Dahnty Jones / JR Smith / Sonny Weems
PG :Chauncey Billups / AC

 Hunterは今シーズン絶望に近く、Balkmanはまだ干され気味で、Weems & Petro はまだまだ戦力にはならない。そしてMeloは約1ヶ月離脱。しばらくまた8人ローテーションが増えそうですね。PGが二人というのも少し不安なので、最低年棒(80万ドル)で若いPGを一人追加するかもしれませんね。私の計算ですと80万ドル近くまでなら大丈夫なはず・・・。



JRはいつものJRなのか?


 ふと思ったんですが、JRもまたどっか痛めてるんでしょうかね?今シーズンフリースローがあまり良く有りませんので、まさか彼も・・・と思いました。3ptやFG%も若干ですが落ちていますしね。それらはまだ良いとしてもシューターなのにFT70%未満というのはいけませんね。ただでさえK-MartやDhantyやK-Mart等FTが苦手な選手が多いので、彼にはビシッ!と80%くらいの確率で決めて欲しいものです、そう2〜3年前のように。・・・JR君よ、ヘッドバンド復活させてみれば?



Backlash


 さて、今日(現地時間では1/7)から始まりました、エースのいない執念場の1ヶ月・・・その名も「Backlash」。まずは初戦のMiami戦。
boxscore


 Boxscoreを眺めていただけですが、少々ご紹介しておきたいと思います。前半リードして折り返したのですが、3rdQ始めと4thQ始めには僅差まで追いつかれる危なっかしい展開。しかしどちらも最終的には再度突き放し終了。今日のトップスコアラーは、21点でJRとKleizaとBillupsの3人。Meloの穴埋めに奮起が期待されるJRとKleizaですが特にどうということもない成績で終了。序盤はKleizaが頑張っているように思えましたが、3rdQ序盤で既にKleizaは21点。しかしその後は2FGを外したのみで終了。相変わらずJRのFT(3/6)は微妙。私はこの二人に20点越え程度で及第点をあげたりはしませんよ。もっともっと出来る子のはず・・・だと信じていますから。・・・でも・・・やっぱり、これ以上活躍されると本当に来オフ引き止めが出来なくなってしまいますので、今シーズンはこれくらいにしておいて下さい。

 変わりに爆発したのはK-Mart改めCaptain-Mart。3pt(2/2)ブロック3本とスティール3本と今夜も手癖の悪さを爆発させています。この試合ACがPGでBillupsが点を取りに行く機会も多かったのかもしれません、ACが9アシストもしていますから。そしてやっぱり、Sonny Weems君とBalkmanは出ていません。そういえばKarl先生は新人に厳しい先生でしたね・・・ということは、Johan Petro君のデビューもいつになることやら。



あの男が帰ってくる・・・


 最後になりましたが、日本時間の今週末土曜日1月10日は「Nuggets vs Detroit」です。久しぶりにAI & Dyessと再会するこの試合とても楽しみですね。日本ではBSやJ-Sportsではなく、スカパーのNBAリーグパスでのみ放送があります。私は勝手に「小さいすばしっこいPGが苦手」と思っていますので、AIやStuckeyのいるDetroitにはけっこー苦戦するんじゃないかと思っています。が、楽しみもいっぱいありますね。MeloのいないNuggetsがどのようなバスケをするのか。JRやKleizaやBalkmanが長時間出れそうですし。Sonny Weems君のダンクは炸裂するのか?Johan Petroはいったいどうなのか?等々。

乞うご期待!


ziming2 at 21:17│Comments(9)TrackBack(0)2008-2009 Season | 事件

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by C-melo   2009年01月08日 22:44
こんばんわ。
アトキンスの笑顔が好きだったので少し残念です 笑

僕はジョー・スミスなんかいいなぁ〜と思ったんですけどね(リバウンドが強いかどうか覚えてませんが…)

出来ればK-MARTを軸にトレード出来れば最高なんですが、
ミドルシュート打たずにレイアップ&ダンクだけに
2. Posted by C-melo   2009年01月08日 22:46
すみません
途中で投稿してしまいました…

K-MARTには不用意なミドルシュート打たずに、レイアップ&ダンクだけに留めてくれれば満足すべきですかね? 笑
3. Posted by ツィミン(ziming)   2009年01月09日 14:33
こんばんわ、C-Melo様。どうも連日連夜読んで頂きありがとうございます。

 えぇ、Atkins笑顔は素敵でしたね、笑顔は。プレーはなに一つ記憶に残らないですが、あの顔だけは一生記憶に残りそうです。

 そうですねぇ。シュートセレクションに難がありますね。昨年はアリウープ等で得点を取らせてあげていれば、あまり不用意なシュートを連発することもなかったんですけどね。今年はそういうの少ないので自ら勝負しに行ってますね。もう少しチームで活かせてあげられると良いんですけどね。
 ただ彼、決めた時はすごくカッコいいんですよね(笑)。なんか何事もなかったかのようにサッと自軍地に戻るK-Martはなんか凛々しい顔していますよ。「こんくらい決めて当然だぜ」みたいな表情が素晴らしいです(笑)。というわけで私のK-Martに対する希望は「シュートを打つな」ではなく「全部決めろ」です。
 K-Martのトレードですか、詳しくはまた後ほど検証し記事を投稿したいと思いますが、いざ放出するとなるとなんか寂しいですよね(笑)。それにあのディフィンス力は捨て難いですし、かといってNene & Martじゃリバウンドが弱いし・・・でもあの手癖の悪さも捨て難いですし・・・。

 Jo Smithですか、それもなかなか面白いですね。控えに守備+跳躍力型のAndersenに攻撃+技術型のJo Smithだとバランス良さそうですね、控えは。しかし「優勝する為の最後のワンピース」というわけではないJo Smith(というかNuggets自身がそんな状況ではない)に1巡目指名権は出せないですね。「Atkins+Hunter で Jo Smith」というトレードであれば大歓迎ですが、OKCにはなんのメリットもありませんよね。
4. Posted by C-melo   2009年01月09日 20:01
K-MART。僕も結構好きなんで、トレードとなると寂しいですねー。
まぁ、トレードはありえないでしょうが 笑

ところで、メロがついにオールスターファン投票でアマレを抜きましたね!!
オールスターまでに怪我が治ってくれることを祈ります。。。
5. Posted by E1wa7   2009年01月10日 07:37
5  blogger泣かせでしょう?
まあ、以前か言っている様にこのblogはNuggets関係者に監視されていますので、まあ「お、新入りのbloggerだな。ちょっと困らせてやれ。」と言った感じでの新人虐めの一種でしょう。
 交換に関してはまたLiveChatにて詳しくお話致したいと思いますが、NuggetsがもしPlayoffsに出れない場合は保護が掛かって、一巡目指名権はNuggets側に残ると言う条件付きの様ですね。
私もPetroを見た事が有りませんが、私はまあ良い選択だったのではないかと考えています。
懸念は、平均年齢が低過ぎると言う事は有りますが。
 それから、二週間サボっていたLiveですが、今週のDetroit戦は急遽頑張る事にしました。
AIとDyessを擁するPistonsが街にやってくるのであれば、見逃せませんからね。
わざわざお知らせ下さり、有り難う御座いました。
6. Posted by E1wa7   2009年01月10日 07:38
5  C-melo様、矢張りAtkinsは顔で魅了していたのですね。
 Kenyonに関しては、まあ費用対効果を考えた場合は考慮の余地は有るかも知れませんね。
 MeloがAmareを抜いたのは凄いですね。先日有ったNuggets.comの表紙の「All-Starに投票しないと、入るのをRockyが邪魔をするぞ」広告が功を奏したのでしょうか。
7. Posted by ツィミン   2009年01月10日 20:05
C-Melo様

 K-Martは・・・800万くらいのサラリーでしたら絶対放出はしないんですけどね(笑

E1wa7様

 えぇ、噂にはお聞きしておりましたが、これほど陰湿な悪戯をされるとは・・・しかし負けませんよ私は。再びAIがNuggetsに戻ってこようが負けませんよ私は。

8. Posted by ケンプの運転手   2009年01月11日 12:34
ツィミンさん、ファイツ!!(笑)
9. Posted by ツィミン   2009年01月11日 23:26
ケンちゃん様

応援、痛み入ります。負けませんよ私は。

ケンちゃん様も、日本では最近タクシー強盗が流行っていますが、一度や二度強盗されても負けずに頑張って下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
The Denver Post
Rocky Mountain News