2009年04月08日

日本を斬る-01 〜ダルフール〜<Z>

rambo4
いよいよ始まりました「日本を斬る」シリーズ。このコーナーはNBAに関係ありません。E1wa7とZimingが日本の今と未来について考え討論していくお話です。一発目からイキナリ世界の戦争のお話ですが、我々日本にも無関係ではありません。そしてとても重要なことです。あまり面白い話ではありませんが、どうかお時間のある時にでも読んで頂ければ幸いです。



前書き


今回のお話は難しい単語がよく出てきますので、それらの単語にはWikipedia等へのリンクを貼っておきました。文中にて簡単にご説明していますが、ちゃんと知りたい方等はそちらのリンク先をご参照くださいませ。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


*目次*


(1)民族浄化について
(2)世界情勢と日本の無関心
(3)私とダルフール
(4)我々に出来る事
(5)あとがき



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


民族浄化について




皆さん突然ですが、「ダルフール」というのを聞いたことがありませんか?

"ダルフール"というのは"スーダン"というアフリカにある国の1地域のことを指します。現在、このダルフールという地域でとても悲惨な虐殺が行なわれています。詳しくいいますと虐殺・強姦・略奪を駆使した"民族浄化"が行なわれています。
民族浄化(ジェノサイド)といいますのは、それらの悪質な行為を行ない、その場所から強制的に退かそう(逃げさそう)という行為です。「その地域から民族を浄化する」ということです。簡単に言うと「それらの"非人道的行為"を駆使し、ある特定の民族を根絶やしにする」というところでしょうか。
ジェノサイドといいますのは、上記のような非人道的行為を駆使した、民族・国家・宗教など組織の抹殺行為です。民族浄化も「大量虐殺による民族の根絶やし」ですので、ジェノサイドに該当します。良い例が「ナチスドイツによるユダヤ人虐殺」ですね。


戦争はとても良く無い行為です。しかし、この悪逆無道の限りを尽くした民族浄化はもっともっと悲惨な行為です。無条理に民族浄化が行なわれるのを指をくわえて眺めているくらいなら、それを終結させる戦争が幾分マシに思えます。決して戦争を肯定したいわけではありませんが、民族浄化はそれ以上にとてもエゲツナイ・許されない行為だと感じています。

ランボー4 〜最後の戦場〜」という映画をご存知でしょうか?あれはミャンマーでの民族浄化を描いていますが、映画にしてはとても悲惨な描画を映しています。が、実際はそれよりもっとエゲツナイそうです。参考の為に一度ご覧になってください。

この「ランボー4 〜最後の戦場〜」にてなぜシルベスタ・スタローンがミャンマーを舞台にしたのかというのが、wikipediaにありました。一部を転載しておきます。 〜現実に、残忍な暴力や虐殺が起こっている地域を舞台にしたい」というスタローン本人の強い希望〜 だそうです。 〜日本や、現在の米国においてはイラクの方が報道は多いが、世界の中で本当に人間の権利が踏みにじられていて、それが注目されていないか忘れ去られている事への警告として、スタローンの持つ本質的なメッセージ性が顕れていると言えよう。〜 と続けられています。まったくその通りですね。イラクやアフガニスタンが連日報道されていますが、ダルフールやミャンマーの民族浄化なんて知りもしませんでした。お恥ずかしい話ですが・・・。


正直にいいますと、とてもショックでした。これほどエゲツナイ行為が実際に今もなお続けられているというのを知った時は。我々が笑っている今この時でも、笑いながら遊びながら集団虐殺・組織的強姦を行なっている人がいることを知った時は。


世界中に難民はいます。そして飢餓・飢饉に苦しんでいる人は世界中にいます。それらを助けることも重要でしょうが、助ける数と増える数が同じではまったく減りません。そしてこれらを増やしているのは、民族浄化によるものです。

飢餓や飢饉に苦しんでいる人々は、救うことが可能です。大変ですが不可能ではありません。"国境なき医師団"とかNGOとか勇敢なNBA選手とか、救いの手を差し伸べている人達がいるからです。しかし、ダルフールで虐殺されている人々は"救える人"がいません。中立の人間であっても、近づけば撃ち殺される可能性があるからです。"国境なき医師団"も安易に近づくことが出来ません。(09年3月、国境なき医師団やNGOを含む約10団体に国外退去命令が下された。)



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


世界情勢と日本の無関心



なぜ国連は救出することが出来ないのか? なぜ中国政府は自国の利益を優先し、この虐殺を肯定しているのか?(中国はスーダンに石油権益を持つためらしい。要するにお得意先。) そしてなぜこのように虐殺を肯定する国がオリンピックを開催するのか?(フランスのなんとか党等が中国開催を反対していた。) なぜアメリカは強制収拾に乗り出さないのか? ICCは?NGOは? AU(アフリカ連合)やEU(欧州連合)は? なぜ中国はミャンマー政府やスーダン政府等、"人権侵害で問題視されている国"に武器等の銃火器を輸出しているのか? そしてなぜその行為がもっと批判されないのか?


申し訳ありませんが、私はこれらの問いにはお答え出来ません。無知蒙昧をお許しください。政治的なことは私には解りません。ですが、石油の利権だとか天然資源がどうとかという理由で虐殺・強姦を行なって良いはずがありません。いかなる理由であれ、許してはいけない行為だと思います。

そして、私が生まれ住んでいる国、日本の活動については知らないではすまされません。


日本政府はなにをやっているんでしょうか?

『「軍隊を派遣しろ」とは言いませんが、せめて難民の人は保護してやれよ(ミャンマーの難民を拒否した事件が過去にあった)。 もっともっと難民キャンプに援助くらいしろよ。 やる気ないんだったら、さっさと民主党に変わってもらえよ。 せめてもっとNEWSとか流せよ。なぜ日本は虐殺を行なうスリランカに対し、世界最大の財政援助をしているの?』
 

という低レベルな意見が出ない程度には頑張ってもらいたいですね。最も、「衆議院で議題にあがったのは、04年8月と05年2月の二回だけ」ですので、扱う気がないのは明白ですが(参議院は16回)。



世界のリーダーグループである日本が、「圧倒的軍事力による自国民の虐殺」に無関心でいいんでしょうか?


覚せい剤やマリファナ等の麻薬をご存知でしょうか?ほとんどは南米や東南アジア等のこういった内戦や紛争が続いている国々で造られ他国に輸入されています。政府は石油などの天然資源を輸出し、中国等から武器・兵器を輸入しています。そしてその政府の悪逆無道に対抗すべく、麻薬などの輸出で資金を調達し武器を仕入れています。内戦や紛争が麻薬を生み出し、海の遥かかなた向こうにある我々日本にも悲劇を生み出しています。だとすると我々日本人にも関係の無い話ではありません。近年日本でも麻薬による事件・悲劇が増加傾向にあります。

麻薬による悲劇につきましては下記のリンクをご覧ください。



友達がマリファナを吸って、死にました
「JanJan 様より」



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


私とダルフール




ちなみにダルフールという言葉を初めて聞いたのは、たぶんエアーボール様の記事でです。その時はね、お恥ずかしながら「今でもまだ戦争してる地域あるんだぁ」くらいにしか思っていませんでした。すいません。人事でした。申し訳有りません。とても恥ずかしいです。今顔真っ赤っかです。
しかし「恥を知り、己を知れば、百戦危うからず(←でしたっけ?)」恥を知るということは、今までしてきた過ちを認め、反省するということです。悪い行いを認め、改善することで人間は成長する。さすれば、勝利は容易いものだ。という諺ですね。過去の自分は消し去りたいくらい恥ずかしい人間でしたが、改善し成長する為正直にお話しておきます。


しかしそんな恥ずかしい人間だった私は変わりました。ランボー4等の戦争映画に共鳴を受け、アメリカ人の社会慈善活動に対する意識の高さに敬意を評し、私にも遅まきながら「他人を思いやる心」「人を助けることの重大さ」が芽生えてきました。そしてインターネットでネットサーフィンしまくりました(プライベートな時間は当Blogの業務で忙しいので、主に調べていたのは仕事中ですが)ユーゴスラビア紛争での民族浄化、ミャンマーでの虐殺、そしてダルフール紛争を知りました。

いやはや私が鼻水垂らしてうまい棒を食べていた頃からずっと今でも世界では大量虐殺が行なわれていたのですね。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


我々に出来る事



我々にも何か出来ることはないのでしょうか。もちろんランボーみたいに自動小銃を片手に単身乗り込んでも蜂の巣にされるだけですが、きっと日本にいる我々にも何か出来ることってあるんじゃないでしょうか。


アメリカ人の社会慈善活動意識の高さに感銘を受け、私も昨年の10月頃から毎月ユニセフ(国際連合児童基金)に2000円基金しています(クレジットカードで定期振込)。安月給の為、金額が少なくこれまたお恥ずかしい話なんですけどね(←言い訳です。いくらでも非難してください。)。たとえちょっとでもいいじゃないですか。たとえゴマ粒程度でもいいじゃないですか。100円でも10円でも恥じる事はありません。何かをすることが大事なんです。

コンビニの募金箱に小銭を投げ過ぎて、105円のジュースに1万円札を出すはめになってもいいじゃないですか。(←体験談。カッコ付け過ぎて恥ずかしい思いをしました。皆さんどうかほどほどに。)


金で何でも解決するような大人にはなりたくありませんが、今回もとりあえずユニセフのダルフール基金に3万円贈りました。本当は私財を投げうって助けたいくらいの気持ちですが、ちょっと年末に行ったカリフォルニア旅行での借金があり、ちょっと苦しい生活でして・・・(←また言い訳です。いくらでも非難してください。)。またお給料が貰えましたら、ちょっとずつでも募金活動を行ないたいと思います。あと私に出来る事は、いらなくなった服等を贈るくらいでしょうか。



これは「皆さんにこういった非現実的な悲劇が今もなお行われている」ということを知って頂きたく執筆致しました。決して「私が少ない給料の中から基金しているんだから、てめぇらもしろ」という意味合いは御座いません。こんなちっぽけなお金で威張ろう等という気もありませんし。「お金を払う」ということは重要なことではありません。戦争や虐殺について皆さんが何かを思い、何かを考えることが重要だと思います。


「戦争は世界から無くならない」という言葉を発しないでください。「あきらめたらそこで試合終了ですよ。」です。無くすことが出来るかどうかは解りません。が、減らすことは可能だと思います。ユーゴスラビアの内戦も終わりましたし、アメリカの黒人差別も減りつつあります。悲劇は減らしましょう。ちょっとでもいいじゃないですか、幸せを増やしましょう。





最後に、今回はとてもツマラナイお話でしたが、読んでくださった方々、有り難う御座いました。今もなおこのような悲劇が繰り返されているということを知って頂けたら幸いです。そして何かを感じましたら、どうぞコメント欄に何でもかまいませんので、ご意見・ご感想をください。私への批判でも、反対意見でも、「俺は貴様の10倍は募金してるぜ」等何でもかまいません。どうか皆さんのお気持ちもお聞かせ下さい。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


あとがき



あとがき1:今まで私はシルベスタ・スタローンを「ラズベリー賞常連俳優」という認識しかありませんでしたが、今ではとても尊敬しています。こういう方が尊敬されるべき人間ではないでしょうか。

あとがき2:なるべく解りやすく短文にしようと思い、かなり省きました。具体的にはリンクを参照ください。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


他サイト様の関連記事のご紹介


ダルフール石油を巡る諸国の事情
「JanJan 様より」

ダルフール状況悪化 09/3/29
「Asahi.com 様より」

ダルフール危機情報wiki 様

ダルフールQ&A
「極東ブログ 様より」

「Japanese for Darfur - 日本の声をダルフールへ」 様


「救え!!ダルフール難民」 様

外国人派遣スタッフ3人の拉致を確認
「国境なき医師団 様公式HP」

スーダン・ダルフール情報
「ユニセフ 様より」

「Google Earth」にダルフール紛争に関する新レイヤー追加
エドワード・ファーロングがダルフール紛争に挑む
「バラエティジャパン 様より」




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by GK   2009年04月08日 23:43
5
バスケのコメントのついでと言っては
語弊がありますが、コメントさせていただきます。
個人的には政治・経済・世界情勢は凄く関心があります。
ランボーも見ました。映画として見るならば良いかもですが
目を覆いたくなるシーンがたくさんありました。
確かに軍事力による牽制も必要なのかもしれませんが、
いつかはそういったものは無くしたいですよね。

すいません、浅いコメントしかできてませんが
また深いお話はいずれさせていただけると嬉しいです。
こういった試みも素晴らしいと思います。
今後も是非頑張ってください

2. Posted by うぇいど   2009年04月09日 00:02
5 はじめまして。
毎回記事を拝見させてもらっていました。
いつも面白いなぁと思っていましたが、コメントはしませんでした。
しかし、この記事に関しては何も言わずにスルーすることができませんでした。
毎日をゆったりと過ごしていた自分が恥ずかしくなりました。

私はまだ学生なので多く募金をしたりもできません。しかし、これからはこういうことに少しでも貢献していきたいと思います。

ぜひまた、こういうお話をお聞きしたいです。


長々と失礼しました。
3. Posted by elwaydavis   2009年04月09日 14:34
こんにちは長文になります。
まずはじめに「世界情勢と日本の無関心」についてですが、これは常に感じます。
職業柄世界の新聞(ただし英語圏のもの・・・具体的にはFT、WSJ、タイムズ、テレグラフ、Wポスト・・・あ!デンバーポストのスポーツ面も!他)を毎朝チェックするのですが、明らかに日本の新聞およびニュースは他国と比較しても大きなずれがあります。例えばジンバブエの選挙があったときも、世界中ほぼその記事が一面だったものの、日本では国際欄に少しだけだったりします。ただ歴史を紐解いてみても、欧米各国はアフリカ諸国とは植民地支配、冷戦の綱引きなど自分たちが蒔いた種だったりしますので、若干のずれはあってもおかしくは無いのかと思います。
しかし日本の無関心さの問題はその歴史的観点から見たものだけでなく、ここ最近は辛い事、苦しいこと、悲しいことに対して目を向ける人が少なくなり、TV番組を中心に世の中が軽薄になっています。ただこの流れをどうやって止めていいのかはさっぱり分かりません。いわゆる平和ボケなのかもしれませんが、多くのサラリーマンは帰宅後息抜きに気楽なものを見たいでしょうし、学生の方も同じなのでしょう。昨年筑紫哲也さんがなくなりましたが、硬派な語り部たち、そして戦争経験者などの話もどんどん聞かなくなっていくことでしょう。戦争世代を親に持つ私としては、そのようなこと(戦争や今起きている問題)を子供たち世代に伝えていくことが、我々の世代の責任ではないかと思います。

4. Posted by elwaydavis   2009年04月09日 14:35
「ダルフール」に関してですが、北京オリンピックのときにスピルバーグ氏やサルコジの影響で一瞬注目がされましたが、結局「スポーツと政治は別(この意見は同意)」ですので、それ以後の注目度が減ってしまいました。しかしダルフール問題は中国も責任があるわけですので、もっと国際問題化しなくてはいけないかと思います。100年に一度の不況と言われる中でも、ある程度好調な中国経済なので誰もそれを敵に回したくないのだと思います。
幼少のころビアフラ戦争が終わって数年後のナイジェリアに住んでいましたが、アフリカの部族間の問題はそれから40年たった今でも解決ができません。これは取り残された大陸アフリカの貧富の差が解決できるまでは解決するのは難しいのではないかと思いますが、U2のBonoがこの問題ではよく出てきますが、この問題も時間はかかっても解決するほうにいってほしいです。その為には今までその国を食い物にしていた欧米各国の意識の変化、それを補う面でも日本などの国は力を発揮してほしいです。
5. Posted by elwaydavis   2009年04月09日 14:40
スタローンについて
ミャンマーに目を開かせたと言う功績はあるのかもしれませんが、私はあまり彼を評価していません。今までに彼が出てきた映画(「ランボー3」「ロッキー4」など)はとても褒められたものではありません。
またその国がどのようにしてジェノサイドまで行われるようになったのか、その原因に米国をはじめ欧州各国の無責任さを棚にあげておいての描き方が多いと思っています。
ミャンマーの問題もベトナム戦争時において米国(CIA)が部族間の対立を利用していたことも事実です。(それによって民族間の対立が激しくなった点もあると思います)
そして米国側について部族は米国側に勝ち目がなくなったときに皆見捨てられた事実があります。
第二次世界大戦後から始まった冷戦により、アジア、アフリカ、中南米諸国が、米ソの対立と陣取り合戦により、冷戦終結後にどれだけその膿が出てきてしまったか、ハリウッドもこれに対してはあまりにも無責任かと思います。(アメリカのCIA政策のたくさんの失敗例は「CIA秘録」等の本を読むと枚挙に暇が無いかと思います)
こういう見方でハリウッド映画を見るとつまらないかと思いますが、あまりにも異人種をゾンビのように扱う映画(「ランボー3」「ブラックホークダウン」「エネミーライン」など)は嫌いです。

以上長文になりましたが、思いついたことを書きました。我々に出来ることは本当にわずかでしょう。その行いが寄付であってもよいですし、政治家になるのでも良いのかもしれません。現実が起きていることを少しでも多くの友人、子孫に知ってもらう、意識してもらうということでも、すぐには助けることは出来なくても、役に立つことなのではないかと思っています。
6. Posted by tk   2009年04月09日 18:28
非常に難しい話なので多くのコメントを出来るわけではないですが私からも、

以前「桜を愛でる」さんのブログで何度かこういう話題を読みました、正直我々日本人は完全に「平和ボケ」している訳でこれが現実だという事を認識できない位信じられない話ですよね、はっきり言って漫画の世界のような話が今も実際に行われているという事実を改めて知る事が出来ました、

世界の情勢についてはある程度のニュース・報道でしか我々は知る事が出来ません、これは報道機関にも責任があるのでは?とも思います、

最近私は日本の新聞を買わず、もっぱら英字新聞を買っているのですが(というかNBAの記事がかなり多く載ってるという理由もありますが・・・)、日本の新聞とは比較にならない位多くの世界情勢が載っています、翻訳は非常に難しいですが是非おすすめします、

チベット問題、北朝鮮などの諸外国などもメディアに公開されない多くの問題を抱えているはずです、私達1人がどうこう出来る問題ではないかもしれません、以前Zimingさんに頂いたコメントへのレスと被るかもしれませんが「世界はいまだこういう虐殺などの出来事が行われている、そういう事実を知っているだけでも我々に何かできないか?、という発想を持てる」と思うんです、是非この記事をもっと多くの方々に見てもらって何かを感じとってもらいたいなと思いました、

長文&勝手な意見で失礼しました、「日本を斬る」シリーズ次回も期待しています!、勿論ナゲッツ関連についても(笑)、
7. Posted by Ziming   2009年04月09日 20:37
ご意見有り難う御座います GK様

関心を持つという事はとても素晴らしいことですよね。もう少し日本人もそれらに関心を持つ事が出来るならば、何か少しは変わる気がします。
ランボー4ご覧になられましたか、そうですね、非常に心が痛むモノがありました。実際はアレより酷いという話ですが、あれ以上は想像出来ませんね。

>いつかはそういったものは無くしたいですよね。
これはとても素晴らしいお気持ちですね。このように考える人間が一人でも多く増えて行けば、少しずつでも好転するはずです。

浅いなんてとんでもありません。とても良い言葉を頂けて嬉しく思っていますよ。

>また深いお話はいずれさせていただけると嬉しいです。
はい、こちらこそ宜しくお願いします。コメントを頂けるというのは、私にとってとても嬉しい事ですので、半年後であれ1年後であれ、大歓迎致します。

応援感謝致します。この手の記事はやはりオフシーズンに多くなりそうですが、私も色々と書きたい事がありますし、これからもちょくちょく記事にしていきたいと思います。
8. Posted by Ziming   2009年04月09日 20:39
ご意見有り難う御座います うぇいど様

はじめまして、うぇいど様。楽しんで頂けていてとても嬉しいです。学生さんということで比較的若い方だと思いますが、このような記事に反応し何かを感じる事が出来るあたり、とても立派な方ですね。そして恥を知る事が出来るというのも素晴らしい事です。

とても素晴らしい心意気ですね。私のアホ丸出しだった学生時代とは断然違いますよ(苦笑)。
「これからはこういうことに少しでも貢献していきたい」←このお気持ちはとても素晴らしいですね。お金を出すかどうかは重要ではありませんが、一人でも多くの人がこのように考える事が出来るようになれば、絶対に少しは良くなって行くはずですから。

>ぜひまた、こういうお話をお聞きしたいです。
有り難う御座います。正直、お客様のほとんどはNBAのお話にご期待して御越しくださっていると思っていましたので、どれだけの方が読んで下さるかと不安な気持ちがありましたが、このお言葉を頂けてとても嬉しく思っています。これからもちょくちょく頑張ります。

>長々と失礼しました。
ちなみにうちのBlogのコメント欄は「800文字以内」という制限が掛かっていますが、2〜3回に分けてコメントをくださってもかまいませんので(笑)。仰りたいことがありましたら、遠慮なく仰って下さいね。
9. Posted by Ziming   2009年04月09日 21:27
ご意見有り難う御座います elwaydavis様

こんにちわ。
あいや、これは素晴らしいご見解ですね。大変勉強になります、有り難う御座います。

う〜ん・・・新聞でそれだけズレを実感出来るとはいうことは、私の想像以上にズレているのかもしれませんね。しかし、もう良い訳は出来ない所に来てますよね。日本は先進国(←私はそうは思ってませんが、これはまた別のお話)と認知され、国連の負担金は米国に次ぐ世界第2位の約16%ですし、とても世界に好影響を与えていると聞きます。言わば世界のリーダーグループに属する日本が無関心ではいけませんよね。例え歴史的背景だとか、様々な理由があるにせよ。

>ここ最近は辛い事、苦しいこと、悲しいことに対して目を向ける人が少なくなり
これは非常に問題ですよね。大きくは「教育・躾が無くなった(大人のモラルの低下)」「ストレス・過重労働」がとても大きいように思います。まぁこの二つは"今現在あるほとんどの問題"に直結する事ですが。あと日本人はとても"自己中心的"な人種だというのも大きな要因でしょうね。←これも両親の躾が悪いからかもしれませんが。

>ただこの流れをどうやって止めていいのかはさっぱり分かりません。
仰る通り容易く解決策が出る問題ではありませんよね。しかし無視するわけにもいきません。我々日本人は考え続けねばなりません。

ちなみに私の場合、祖父祖母が戦争世代なんですが、時々とても良いお話を聞かせてくれますね。健在であるうちに私も色々な話を吸収し、また下に伝えて行きたいと思います。


>ある程度好調な中国経済なので誰もそれを敵に回したくないのだと思います。
そうですね。しかし、そのような国が常任理事国で良いのでしょうかね。確かに我々日本としては敵に回すことは出来ないでしょう。しかし・・・命に勝るモノはりません。

〜続く〜
10. Posted by Ziming   2009年04月09日 22:26
〜elwaydavis様 続き〜

ナイジェリアにお住まいだったのですか、それはそれはとても貴重な体験をされてそうですね。機会があればお話をお聞き願いたいものです。

>その為には今までその国を食い物にしていた欧米各国の意識の変化
今でこそ日本よりよっぽどこれらの問題に取り組んでいますが、少し前まではそうでしたね。しかし人間の意識というのは比較的簡単に変えれるものです(洗脳ではありませんが)。何より我々が声を発していくことが大切ではないでしょうか。まぁウチの会社のオッサン達はゴルフ話以外聞きもしませんが・・・(笑)。

>米国をはじめ欧州各国の無責任さを棚にあげておいての描き方が多いと思っています。
それは確かに問題ですね。私は無知ですので気にならなかったかもしれませんが、やはり重要なのは"過去"ではなく"今とこれから"ということを言いたかったのでしょうか。だからといって許されるわけではありませんが、しっかり今後行動で償って欲しいですね。

>ミャンマーの問題もベトナム戦争時において米国(CIA)が部族間の対立を利用していたことも事実です。
これらは全然知りませんでした・・・。それはとても非情な行為ですね・・・。今度暇を見つけてこれらの事にも勉強したいと思います。お教えくださり有難う御座います。

確かにそういう見方をしますと、映画も褒められたものではありませんね。私は感情移入しやすいので簡単に楽しめてしまうのですが・・・。

>我々に出来ることは本当にわずかでしょう。
>すぐには助けることは出来なくても、役に立つことなのではないかと思っています。
そうですよね、これはとても大事なことですね。ストレスに押しつぶされそうになろうとも、忘れず意識を保ち頑張っていきたいと思います。色々教えてくださり有難う御座いました。
11. Posted by Ziming   2009年04月09日 23:30
ご意見有り難う御座います tk様

いえいえ、何でもコメント頂けると嬉しいです。

えぇ「桜を愛でる」様も大変素晴らしい記事をたくさん書かれていますね。そのmugi様は「リアル桜木」の命名者ですし(笑)、ホントに素晴らしいお方ですよね。
ホントに信じがたい出来事ですよね。しかし、悲しいけど現実なんですよね。・・・嘘であって欲しいんですが・・・。

これはいいことを仰いました。そうですよね、報道にも責任があります。しかし我々にも責任があります。あまりにも日本国民の世界情勢に対する興味が無ければ、メディアも報道しないでしょう。ですので、我々が知り、興味を持ち、メディアを動かしていかなくてはいけません。日本の国会議員どもに、国会で議題にあがるよう意識させなくてはなりません。日本は民主主義です、我々一人一人の力で変えていきましょう。

>最近私は日本の新聞を買わず、もっぱら英字新聞を買っているのですが
これはとても素晴らしい試みですね。私もtk様の記事を読んでマネしようとしましたが、失敗しました。適当に英字の新聞を買いましたが、日本の新聞を英字にしてあるだけの新聞でして、たいしたことが載ってませんでした・・・180円損しました・・・。今度はしっかり選んで買います・・・。

そうですね、チベット等世界には忘れられたような色々な問題がありますね。仰るとおりこれらの事を知ることは大事ですね。

ご期待くださり有難う御座います。Nuggetsも(笑)。
12. Posted by れい   2009年04月13日 22:13
素晴らしい記事ですね。
以前、mugiさんのところで書かれた記事も読みました。
普段、何にも考えていない脳天気な私には、なんだか痛いところを突かれたような感じがしました。
難しいことは何分知識がないので、コメントできませんが、私でもできることがありそうな気がしました。
従兄弟がとあるNGO(結構有名らしい)で働いていることもあって、そこの会員として、年にごくわずかのお金を納めさせてもらっています。
そこの団体に、ちょっと手助けになることをするくらいしか、今はできていないんですよね。。。
あとは、赤十字の募金をするくらい。
本当に恥ずかしい限りです。
ユニセフへの寄付は、そのうちやろうと思います。tkさんのように。

ZimingさんやMugiさんの記事を通して、色んな事を知ることができてよかったと思います。
これも、バスケ好きの特権でしょうか?

また、お時間のあるときに、続編を書いていただければ、と思います。

素敵な記事をありがとうございました☆
13. Posted by Ziming   2009年04月13日 23:55
ご意見有り難う御座います れい様

こちらこそ、お読みくださりどうも有難う御座います。
いえいえ、何も難しい知識を語り遭おうというテーマではありませんので、恐縮する必要はありませんよ。真実を知り、我々自身が何かを考えることが大切ですので。
従兄弟様がNGOで働いていらっしゃるのですか、とても立派な方ですね。
いえいえ、とても素晴らしい事ではないですか。私も偉そうな事を言えませんが、何かをすることが大事ですので。

そうですよね、他のBlogでもちょくちょく見かけますが、社会慈善活動に積極的なNBAやUSAに接しているからでしょうか、素晴らしいお話をしてくださっている方が多いですね。
Sportsを通して、楽しみながらこれらの事柄にも触れる事が出来るのはとても良い事ですよね。

ご支援有難う御座います。また頑張りますね。オフシーズンはネタも少ないので、頑張ろうと思っています。

こちらこそ、お読みくださり又、素敵なご意見を下さり有難う御座います。
14. Posted by キヤノン   2011年09月03日 21:28
1 ポラロイド
15. Posted by ビデオカメラ   2011年09月05日 22:34
1 デジタルカメラ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
The Denver Post
Rocky Mountain News