2009年05月06日

[PO2] vs DAL GAME 2 <Z>

NBA - livedoor Blog 共通テーマ
090506_title
(Photo by Ziming?)

GAME 1 に先勝したNuggetsに待ち受ける運命は?!怒涛のGAME 2 はゴールデンウィーク最終日に行われました。





vs Mavs(GAME 2)



前半



090506_00
 本日のスターター



スターターをBareaに変えてA.Wrightにしてきました。そしてそのA.WrightがChaunceyにマッチアップしていますね。KiddではChaunceyの技術について行けない事が判明した為、「Barea+Kidd」というバックコートコンビではディフィンスが不利だと判断したのでしょう。しかし・・・このA.Wright君はディフィンスの良い選手なんですかね?全然知らない子なのでまったく解らないんですが・・・。

残り7分きったあたりでK-Martが2つめのファールを犯し リアル桜木 a.k.a C.Andersen(命名:mugi様)と交代します。このわずかなズレが致命傷にならなければいいのですが・・・。

やはりGAME 1 は1on1をしすぎて(というかやらされて)全然リズムが作れず、尻下がりに悪くなっていったので、今回はボールを回して全員オフィンスをしようと試みているMavsさんですがまったく巧くいってませんね。ぎこちないパス回しですね。
ということでMeloがパスカットしイージーダンクをぶち込みます。さらには速攻からJRがFT付きのダンクをブチ込みます。(下のハイライトにあり)

ちょっと意外な展開にビックリしています。正直、Mavsさんは心を入れ替え必死でハードなプレーをしてくると思いましたが・・・カスカスですね。たぶん5〜7本くらいはダンク決まってますよ。

ちなみにJosh Howardはまた足の負傷でロッカーに戻りました。(結局この後も彼の姿を見ませんでした。)

それにしても・・・GAME 1 に引き続きインサイドで点取りまくってますね。

最後にまた素晴らしいディフィンスをしました。ドライブしてきたBareaにシュートを打たせない・楽にパスさせない桜木のディフィンス。そして、他の選手はパス出させない見事なディフィンス。そしてターンノーバーからJRが3pt打つと見せかけてKleizaへアシスト。Kleiza楽々イージーダンク。



1stQ(DAL)22-30(DEN)



桜木のオフィンスリバウンドからJRの3pt。コレ最高のタイミングですね。

今コート上にいるのは「桜木, Kleiza, Melo, JR, Chauncey」なんですけど、NeneとK-Mart両方がベンチにいるのってこのPlayOffでは初めてかもしれません。

ちなみにGAME 1 では「桜木+AC+JR」で38点とったそうです。只今この3人で20点だそうです。

なんか2ndQの中盤から流れが悪いですね。ちょっとファールトラブルを恐れてディフィンスがソフトになっています。大活躍した桜木が3つもファールとられていますので、さらにNeneかK-Martまで抜けると大ピンチですから、これでいいんでしょうけど。

Mavsさんはクルクルボールを回せるようになり、良いタイミングでシュートが打てるようになってきました。そして2点差まで追い詰められた時点で飛び出したのがJRの3pt。これは大きいですね。そして相手のシュートが外れたリバウンドを取ったのもJR。Nowitzkiに競り勝って取りました。

しかし、最後のオフィンスはシュートセレクションが悪かったですね。JRに任せたのですが・・・残り5秒くらいで遠くから3ptを放ち外れてJ.Kiddにブザービーター3ptを決められてしまいました。(下のハイライトにあり)



2ndQ(DAL)55-58(DEN)[33-28]

{ここまでのスタッツ}
Nene:FG 4-6 / FT 6-9 / 6 REB / 14pt
Melo:FG 2-7 / 3pt 0-3 / FT 2-2 / 6pt
Chauncey:FG 0-5 / 3pt 0-4 / FT 4-4 / 6 AST / 4pt
JR:FG 4-7 / 3pt 3-6 / FT 6-7 / 17pt
桜木:FG 3-3 / 6(3) REB / 0 BLK / 6pt

{チームスタッツ}
FG 47.6%-42.5%
REB 24-23
AST 13-15(GAME1は17-28)
TO 5-4




後半




後半ますますMavsさんのリズムが良くなってますね。良いリズムでオフィンスもディフィンスも出来ています。そして同点にされましたが、ここで救ったのがChauncey Billups。ようやく決めてくれました。

でも流れは変わらないですね。一進一退の攻防が続きそうです。Nuggetsがセカンドユニットを投入するまでは。

K-MartからNeneへのアリウープが飛び出しました。今まで受けてがMeloというのはいっぱい見てきましたが、Neneは初かもしれません。

2点ビハインドですが、K-Martがダンクにいった際にブチ当たってきたDampierが5つめのファールでコートから去ります。これは転機ですね。

さらにMavsさんからタンノーバーを誘います。パスミスで敵陣にボールが転がりますが、これを懸命に走って追いついたのがChauncey。Terryに走り勝ちました。拾ったChaunceyがゴール下で待ち構えるJRにパス。ようやく流れがNuggetsに戻った気がします。この懸命に追いかけたChaunceyの頑張りは素晴らしいですね。だって後ろから追いかけてTerryに追いつきましたからね(たぶんTerryは本気で走ってなかったと思いますけど)(下のハイライトにあり)

JRがTerryからスティールしフリーでダンクをぶち込むと、さらにChaunceyが3ptをブチ込みます。点差は6点に開き78-84。いよいよのってきましたね。

一瞬の隙を突いてACがドライブしてフローターショット。普段あまりシュートを打たないACですが、シュートセレクションはめちゃくちゃ良いんですよね。一瞬の隙は絶対に見逃しません。



3rdQ(DAL)83-86(DEN)[28-28]



Meloが・・・Meloに頼りがいがでてきました。A.Wrightとぶちあたりながら無理やりシュートを決めたMelo。さらにはCarlisleさんがテクニカルをとられました。これもMeloがキッチリ決めます。さらに、SingletonにトラベリングさせたのもMeloのディフィンス。

そしてNeneがフリースローを2本決めて10点差。

んん?・・・4thQのMavsさんの2回目のオフィンスから急にトラップディフィンスをやりだしましたね。またこれが見事にハマッてますね。先ほどのSingletonのトラベリングも元はトラップディフィンスからでしたし、今度はTerryからボールを強奪しました。やるじゃんKarl先生。先手先手でMavsのリズムをガタガタにするKarl先生の策は見事ですね。ちなみにトラップの指示を出し罠を張ったのはACです。(下のハイライトにあり)

桜木が倒れながらもオフィンスリバウンドをもぎとり、Chaunceyが3pt。

残り3分半Meloが3ptをシバイて18点差。ちなみにMeloはGame1の4thQだけで14点。この日は既に4thQだけで15点。なんか"世界のKobeさん"みたいになってきましたね。Kobeさんほど決定力はまだ高くないですけど。

K-Martがオフィンスリバウンド取得後ボールをクルクル回して、フリーのChaunceyへ。コーナーからの3ptを沈めて19点差。

残り1:32、98-115で主力をベンチにこぞっと座らせます。



最終(DAL)105-117(DEN)[22-31]



(Boxscore ESPN



選手名得点FGFTREBASTSTLBLKTO
Melo258-218-955111
Nene258-129-138(3)0011
Chauncey185-124-438302
JR216-106-736310
桜木84-50-09(5)2102
(AST=アシスト、REB=リバウンド、REBの括弧内の数字はオフィンスリバウンド、STL=スティール、BLK=ブロック、TO=タンノーバー)


GAME 1 でPlayOffキャリアハイの6ブロックをかましたリアル桜木ことC.Andersenは、GAME 2 では0ブロックでした。Nowitzkiとマッチアップしていましたのでブロックする暇なんてなかったので仕様が無いですけどね。しかし、9本中5本がオフィンスリバウンドという変態スタッツは相変わらずですね。

前半へなちょこだったChaunceyは後半だけで「FG 5-7 / 3pt 4-5」と大活躍でした。

地味ながらK-Martは前半タイミング良く得点を重ねチームを助けていました。「FG 4-7 / FT 4-5 / 12pt」と控えめながらオフィンスでも貢献度は高かったと思います。PlayOffに入ってより成功率が増した気がします。

前半42.5%だったNuggetsのチームFG%は、終わって見れば50.0%にまで上がっていました。シーズン中もそうだった気がするんですが、Mavs戦のNuggetsはなぜか尻上がりですね。



総評


う〜ん・・・だいたいリアルタイムで書いたとおりなんですが、完全に作戦勝ちだった気がします。Nuggetsは1stRoundのHornets戦で見せたディフィンスほどハードではないにも関わらず巧くリズムが作れない・流れを操作しきれないMavsさん。そしてNuggetsのインサイド攻撃を防げないMavsさんのディフィンス。特に4thQで急にトラップディフィンスを仕掛け一気に勝負をつけた作戦は素晴らしいですね。(戦術面とかはあんまり自身無いんですけどね^^;どなたかご救助ください。)

この2戦を見て、個々の能力というか人材はMavsさんのほうが豊富だと思います。でも、チームとしてのまとまりや戦術面(コーチ陣の戦略)はNuggetsのほうが上って感じがしました。TerryやNowitzkiやJo.Howardは一人でも点を取りまくってますが、ウチはNeneやK-Martでさえチームで活かさないと活躍出来ませんからね。

この対戦は、相変わらずなんか両チームともFG%が高くなりますね。負けたMavsさんも47.4%ですし(GAME 1のMavsさんは48.8%)。なまじFG%が高いので何が悪いのか解ってなければ・・・4勝0敗もありえるかもしれませんね。まぁたぶんCarlisleさんは気付いているでしょうけど・・・。

ちなみに1月〜3月頃に「ゾーンディフィンスを練習している」とKarl先生が言った記事を読みましたが・・・ゾーンディフィンスなんてまったく見ない気が・・・。私はあんまりそこに気が付かないんですけど・・・もしやってたらどなたか教えてください(苦笑)。ひょっとして対Lakers用の秘密兵器とか?


今後


次からはアウェーでの2連戦になります。が、なんだか1勝1敗くらいで帰って来れそうな気がします。戦前はMavsさんの状態がまったく解りませんので適当に4勝2敗とか言いましたが、あっさり4勝1敗の可能性も出てきましたね。

ちなみに次もスカチャンで放送してくれます。でも・・・(日本時間の)日曜朝6時からなんですよね・・・。早すぎますよ・・・。




090506_01
Mavs戦絶好調のおねね様

090506_02
なぜか4thQに目覚めた(たぶん)エースのMelo

090506_03
前半と後半で全然人が違ったChaunceyプロ

090506_04
後ろにSonny Weems君がいました。

090506_05
なにやっとんねんDahntay(笑)

090506_06
とりあえずもう一枚。(下のハイライトにあり)

090506_11
Chaunceyプロが命令しています。

090506_07
M.Cubanもガッカリみたいですね。

090506_08
このターンノーバー数が全てを物語っている気がします。

090506_12
誰でしょうか?凄い大物集団な気が・・・経営陣とか?

090506_09
これが有名な「Birdman踊り」です。

090506_10
やっぱり居ました何時も桜木応援ボードを掲げている夫婦。っていうかこの日は奥さんがいませんね。そして良く見ると何時もボードの絵は一緒です。

090506_14
こちらは本物のリアル桜木ことBirdman。

090506_15
何時でも表情が凄く面白いですね。



今日もハイライト一個だけ貼り付けときますね。いっぱい貼るとたぶん重いので他はNBA.comでご覧ください。(って、画像が多いのでたぶん既に重いと思いますが・・・。)




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by goldennug   2009年05月07日 01:15
5 Yahoo板に書き込み途中だったんですが、こっちに移行してきました。
ファーストショットはダンク失敗でしたが、ネネが2戦連続チームハイの25点
ポストアップに合わせにだけでなく速攻でも先頭を走ったりと完全に圧倒してます
ファウルトラブルにもなってませんし、ポストアップの回数を増やせば、キャリアハイを更新しそうな勢いです。
蹴散らせネネ〜
(勝手なリクエストですがネネの写真もっと載せて下さいませんでしょうか?)

JR、テリーの6THマン対決は2戦連続で同点と火花散らしまくってます。
ただテリーの繋ぐ得点に対してJRは流れを呼び込むところでの得点が多いので、インパクトはJRのが上ですかね
JRもこの先まだまだ暴れてくれそうです

ダンテはNO戦のCP#潰しほど目立ってませんし、O#がいつものダンテに戻ってますが、ポストアップした相手を腰砕けにさせる「のれんに腕押し」的なD#が絶妙ですね。
なんかノビにずっとマッチアップさせても面白いかもと思ってしまいました。
あのポーズは私も気になりました。色々体張って楽しませてくれますね

バードマンはこのところD#だけでなくO#でも良いところで点獲ってくれてます
ビラップスの3Pに繋げたシーンは山王戦の三井が決めたトコにそっくりでした

D#については私も詳しくは分かりませんが、ずっと1オン1を好き勝手やらせてたのに、4Qになってからダブルチームを仕掛けてのD#で相手のリズムを崩しているように見えました。
このところのナゲはその後のローテーションも良いですし、DALもそこからリズムの良いパス回しが出来ずに半ば自滅した感じでしょうか

ジョシュがこのまま出てこなければ、DALの頼りはノビとテリーだけですので、もしかしてもあり得るかもですね
まぁジョシュが帰ってきても結果は一緒ですが・・・
2. Posted by SKYBOX   2009年05月07日 03:18
ッィミンさん こんにちは
BSで第2戦を見ました。このシリーズ初観戦。
印象は…

マブスは1ON1で優位に立っている所がダークちゃんのトコだけ。ジョシュがいないとやはりきついみたいねー
ナゲッツは絶対的エースがいない事が逆にチームバスケットを高めていますね。メロもこれくらいの活躍が丁度いいと私は思いますよ。彼も多様性が持ち味ですから、色々なバリエーションで20点取ってればチームとしては○でしょう。

てか4人が25.25.21.18の平均22点て…笑いがとまりませんなぁカールコーチ4Qの仕掛けもお見事でした
ネネや桜木ような素早いBIGMANにはダラスは対応できません。彼らが健康ならこのシリーズも、ムフフ、いけそうですよ

チームの多様性を生み出しているのがAC。
勢いをもたらすネネ夫とJRと桜木。
仕事をするKマートとダンティ。
頑張るメロに指揮者のチャウンシー。笑 とてもいいバランスとバリエーションですね
第3戦が楽しみですおやすみなさい。

3. Posted by ANI   2009年05月07日 10:31
ナゲッツ、グレイトォゥ!

しっかしいいチームだなぁ、ナゲッツ。シーズン終盤により結束が増したような気がします。

このままファイナルまでいく予想してますからね!!
4. Posted by elwaydavis   2009年05月07日 15:59
>誰でしょうか?凄い大物集団な気が・・・経営陣とか?

確かに左上の方がStan Kroenkeオーナーに見えますが、画像が暗いので確信がもてませんね。http://www.forbes.com/lists/2005/54/H6A2.html
おっちゃんは大金もちです。
5. Posted by ケンプの運転手   2009年05月07日 19:52
ナゲッ強ぇ〜(笑)な試合でしたね。


ビラ兄貴最高(≧ω≦)b
6. Posted by Ziming   2009年05月07日 20:56
ご苦労様です goldennug様

それはそれは・・・どうもわざわざ有り難う御座います
そうですね、Dampier相手でも圧倒していますし、Mavs戦はNeneが大活躍ですね。速攻時に先頭を翔るのも素晴らしいですよね。ちなみにキャリハイが幾つか知りませんが、GAME 2 で「Nene〜キャリアハイ〜」という言葉を聞いた気がします。「PlayOffキャリアハイ」かもしれませんけど。
リクエスト有り難う御座います。今度いっぱい撮れたら載せますね。無茶苦茶な要望でない限りリクエストは嬉しいですので、また何かありましたらお気軽にご要望ください。

えぇ6thMan対決は仰る通り火花を散らしていますが、内容ではJRがリードしていますね。思えばJR君も随分タイミングが良くなってきたものですね。

確かにDahntayはHornets戦ほど活躍出来ていませんね。ディフィンスで出番が少ない分オフィンスもリズムが掴めていない気がします。あのNowitzkiのポストアップに押し込まれない様に踏ん張り続けると見せかけて、急に引いてNowitzkiを転ばせたやつ等見事でしたよね。
それは面白いですね、また随所でDahntayをマッチさせるだけでもNowitzkiのリズムを崩せるかもしれませんね。
カメラにあまり映らないのが残念ですが、色々やってますよね。ある意味ベンチに居る時の方が貢献度高いかもしれません(笑)。

た、たしかに・・・山王戦の桜木ソックリなシーンでしたね(笑)。

やはりgoldennug様もその様にお思いですか。最近のNuggetsは"主導権を握るディフィンス"が出来てますよね。それにしても・・・まさか・・・あの子達がねぇ・・・

仰るとおり、Jo.Howardはオフィンスでもディフィンスでもキーマンですから、ひょっとする可能性が出てきましたね。次のRoundの事を考えますと、私はもう少し苦労した方がいいと思いますが・・・贅沢は言ってられませんね(苦笑)。
7. Posted by Ziming   2009年05月07日 21:08
ご苦労様です SKYBOX様

こんにちわー。
あっ・・・BSでやってたんですね・・・。しまった・・・チェックし忘れてた・・・。解説者がどんな風に解説するかちょっと興味あったんですが・・・

まさにそんな感じですよね。Nowitzkiの得点は伸びているものの、勝利には直結しないというか。
Jo.Hawrdは1stRoundでも好調だった(という噂を聞いた)だけにMavsさん側としては大きな痛手でしょうね。
そうですねー、いつの間にか凄くバランスの良いチームになりましたよね。仰る様にみんなで色んな形で点を取り→最後にMeloが締める、理想的な形になってきましたね

[25,25,21,18]こうやって数字を並べると凄いですね(笑)。笑いが止まらないのも納得です
なるほど、そこは大きなポイントですね。ムフフ、いけますなぁ(←なんか腹黒い)。

ふむ、見事なまとめですね。追加するとすれば、睨みを効かせるKarl先生、踊るDahntay、仲裁に入るK-Mart、干されたKleiza・・・くらいでしょうか(←ネタばっかり・・・)。
あ、おやすみなさい(笑)。遅くにどうも有り難う御座いますね
8. Posted by Ziming   2009年05月07日 21:09
押忍!副委員長!(ANI様)

ふふ、お褒め頂き有り難う御座います
そうですね、なんかPlayOffに入り一段と良いチームになってきました。シーズン中は不安だらけだったんですが、これはSpursさん以上の変貌ぶりな気がします。

えぇここまで来たら「Bron vs Melo」の頂上決戦を是非見たいですね。・・・というか、なんかANI様は我々Nuggetsファン以上にNuggetsのFinal進出を熱望くださっている気が・・・(笑)。
9. Posted by Ziming   2009年05月07日 21:46
ご苦労様です elwaydavis様

細かいところまで読んで頂き有り難う御座います
elwayavis様が教えて下さったページで見る限り、S.Kroenke氏に似てますね。とするとこの集団はKroenkeファミリー、もしくはNuggets経営陣ということになりますね。っていうか・・・Kroenke氏・・・とっても渋くダンディーですね。白黒TV時代のハンサムボーイみたい・・・。
10. Posted by Ziming   2009年05月07日 21:50
ご苦労様です ケンちゃん様

ナゲッ強ェ(笑)←流行ってるんですかね。

病床から駆けつけてくださりとても嬉しいです。でも・・・ママに怒られないようにしてくださいね(笑)。
11. Posted by GK   2009年05月07日 23:19
5
いや〜。良いですねぇ。良いですよ!
今回はリアルタイムでちゃんと応援しましたし!

第3Q終わりまでは、なかなか冷や冷やでした!!
ノビ様の全然飛んでないJumper・・・凄いっす
今のところ相手はNENE様、DENはノビ様が
止められないのでインサイドはtotalで互角!
(油断大敵ですから!)

フェロモンK-MART・・・
なかなか良いディフェンスしてるんですが。。。

MELOはポストアップすると、ダブルチームでほぼ
潰されてましたが、なかなか味方を活かしてましたね。
ただ乱打しすぎ・・・まあディフェンスは良い感じでしたが
特にスティールからの速攻が、この試合はけっこう効いてましたかね!?
(確か中継の第3Qの時点で速攻が13対4とかだった記憶が・・・^^;)

第3戦は、相手さんが当然ながら必勝体制で来るはずですので
内容が良く(もちろんできれば勝ち)、次戦に繋がる試合を
してくれることを祈r・・・信じてます
12. Posted by SKYBOX   2009年05月07日 23:45
ツィミンさんこんばんわ

BSの解説は北原さんでしたが、私は英語で観ているので…解説はほとんど聞いていません
何か前半メロはお腹が痛かったとか言ってたような…
なぜ今のナゲッツが好調で強く見えるのかというと、ラストパスを供給するガード陣が好調だからではないでしょうか
(多分。あくまで一個人の私的な意見ですが)

バスケット選手には、自ら得点をするのが得意な選手と、(1on1タイプ)
得点チャンスを作ってもらった方が活躍できる選手の2つの型があります。
(2on1タイプ)

どちらも得点の大切な要素ですが、フェロ吉様もおねね様も花道様も、どちらかといえば後者です。
なので彼らが自分らで何とかしないといけない状態にチームが陥ると、とたんに弱く見えるはずです。

ナゲッツのBIGMAN達は余計なことをしなくても、お膳立ては好調なガード陣がしてくれるので、走って飛んでしてればいい

だからすごくスムーズだし、強く感じるのだと思いますよ逆にガード陣が不調になれば、めちゃもろいはずです…あー想像しただけでめまいが

毎度の長文失礼しますた
m(__)m



13. Posted by tk   2009年05月08日 00:19
だいぶ乗り遅れました・・・

私もBSでこの試合見れました!、やっぱりネネが最高でしたね、

プレビューでおっしゃってた通り「リーグトップクラスのセンター相手だとイマイチだけど、C・ケイマンらへんのセンター相手だとボッコボコに出来る」というのを思いだしました!、

特にこの試合では速攻の際に一番先を走ってたのが印象的!、ダンクを決めたシーンではJRと見間違えてしまいました(笑)、

ホームでの2勝はかなり大きいですね、アウェーで1勝でも出来ればこのシリーズも貰ったかなと・・・Go! Nuggets!
14. Posted by こーふー   2009年05月08日 15:33
そういえば、この日meloは腹痛だったそうですよ。
15. Posted by Ziming   2009年05月08日 23:03
ご苦労様です GK様

お、そうですか、リアルタイムで応援出来ましたか。それは何よりですね。Nuggetsの試合は何時も楽しいですが、リアルタイムは格別ですしね。

そうですねぇ、ずっと接戦でしたもんね。しかし4thQ序盤でしっかり突き放す作戦は見事でしたね。
NowitzkiのJumper精度は素晴らしいですね。少しだけでもK-Martに分けて欲しいものです(苦笑)。
えぇ、仰るとおり油断は大敵というか、Nuggetsの一番の不安要素はココですしね。

まさに、素晴らしきフェロモンディフィンスなのにスパスパ決めるNowitzkiはやはり只者ではありませんね。

そうですねー、最近Meloはよくアシスト出来てますよね。実に良い兆候ですよね。
はい、まさに「北京オリンピック米代表」かの如く、強固なディフィンスから走りまくってましたね。速攻ではあきらかにウチに分がありましたね。

次落とすとMavsさんはもう望みがないですからねぇ、一体どのような策で来るのか、Nowitzki以外は活躍出来るのか注目ですね。
はい、私も彼らを信じています
16. Posted by Ziming   2009年05月08日 23:07
ご苦労様です SKYBOX様

こんばんわー。ふふふ、いっぱい書いて下さってとても嬉しいです

英語で見る気持ち解ります(苦笑)。そして北原さんでしたか・・・再放送ないかなぁ・・・。腹痛であれだけのプレーをしてくれるのは非常に心強いですね。とりあえず正露丸でも送っときましょうか(笑)。

ふむふむ、なるほど・・・それは的を得た分析ですね。お見事です。また他の子達も全員パスを強く意識している様にも見えます(Dahntay以外{笑})。その好調なガード陣のパスを信じて動く子達、動く子達を信じてパスを出すガード陣、とても素晴らしい雰囲気ですよね。「今まで湘北に信頼なんて言葉があったか?」という誰かさんの言葉が脳裏を過る毎日です

>あー想像しただけでめまいが
ウ〜ん・・・というかシーズン中は何回かありましたよね・・・セルフィッシュなNuggets。ホントに、あんなのはもう二度と見たくありません

それにしても「フェロ吉」←これって私くらいしか誰か解らないんじゃ・・・(笑)、しかもけっこーツボです。パクっちゃいたいなぁ〜・・・ムズムズ
17. Posted by Ziming   2009年05月08日 23:10
ご苦労様です tk様

うふふ、乗り遅れ残念ですね(笑)。
世間はNBA-PlayOffで盛り上がっているというのに、BSさんときたらあんまり放送してくれませんね。さらに夜中の1時からって・・・。せっかく白熱した素晴らしい試合が多いんですから2日に1試合くらいは放送して欲しいですね。

へへ、覚えてくださってて嬉しいです。1stRoundのChandler相手ですと少し苦しかったですが、2ndRoundはNeneが存分に活躍してますね。

ホントにあの巨体であれだけ先頭を突っ走ってくれるのは感涙モノですよね。今はDrembertとかAmare以上に先頭を走っているかもしれません。

Mavsさんには残念ですが、完全に風はNuggetsに向かって吹いてますよね。04年のDetroitさん以上に追い風な雰囲気を感じます。仰る様に3勝1敗でPepsi Centerに戻ってきますとMavsさんは絶体絶命ですよね。
18. Posted by Ziming   2009年05月08日 23:11
ご苦労様です こーふー様

ご情報有り難う御座います。最近現地情報をさぼっておりますゆえ、非常に助かります。腹痛ですか・・・たまたま程度なら良いんですが・・・。只の食い過ぎだったりして(笑)。っていうか、よくよく考えますと、腹痛であのスタッツは凄いですね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
The Denver Post
Rocky Mountain News