大学入試センターは22日、今月16、17日に行われた大学入試センター試験の科目間の得点調整は行わないと発表した。

 得点調整の対象科目は、地理歴史の3科目、公民の3科目、理科の4科目。平均点に20点以上の差が出た場合に検討するが、ほとんどの採点を終えた22日現在で、最も開きがあった生物1(69・70点)と化学1(53・78点)の差が15・92点にとどまった。

卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件-甲府地裁(時事通信)
東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)
自民千葉県連、猪口元少子化担当相を参院選に擁立へ(産経新聞)
日米安保改定50年 同盟むしばむ普天間問題(産経新聞)
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか (産経新聞)