民主党の「特別会計改革議員政策研究会」は21日、特会の原則廃止を柱とする提言をまとめた。特会の剰余金や積立金など「埋蔵金」を国の借金返済にも充て、財政健全化に役立てることも盛り込んだ。今夏の参院選マニフェスト(政権公約)への反映を目指す。
 提言は、特会が国の財政状況を分かりにくくし、無駄遣いの温床になっていると指摘。財政を一般会計と一元化し、国の収支を明確にするよう求めた。また、マニフェストに特会改革の実施を明記する必要性を強調した。 

<民主党>参院選「与党過半数割れ」危機感(毎日新聞)
リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止-厚労省(時事通信)
首相「一つの民意」=徳之島の反対集会-普天間移設(時事通信)
病院で息子が母親と無理心中図る? 親子が死傷 福生(産経新聞)
衆参同日選「コメントしない」=鳩山首相(時事通信)