鳩山首相は19日夜、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題について、「連立内閣だから、社民党、国民新党にも理解していただけるような解決策を作り出していく。少なくとも最終的に連立政権を維持する形の結論を出す」と述べ、与党の結束を重視する意向を示した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。国民新党は同県内の米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設案などをまとめたが、社民党は県外移設を主張している。

72時間ルールの緩和措置、「極めて遺憾」―日看協(医療介護CBニュース)
公明と政策協議 みんなの党・渡辺代表(産経新聞)
失業保険の給付期間2倍に=元派遣社員の請求認める-労働保険審査会(時事通信)
企業内部留保への課税検討=首相、共産委員長に表明(時事通信)
業務ない98医療法人、都が認可を取り消し(産経新聞)