中学卒業までの子ども1人あたり月額1万3000円を10年度に限り支給する子ども手当法案が12日の衆院厚生労働委員会で民主、社民、公明などの賛成多数で可決された。3党による修正で、支給対象外となっていた児童養護施設の入所者に必要な措置を講じる▽11年度以降の子育て支援策の拡充を検討する--との付則が盛り込まれた。

 高校授業料の実質無償化法案も同日の衆院文部科学委員会で可決。付則に施行3年後の見直し規定を加える修正が行われた。

 両法案は16日の衆院本会議で可決され、参院に送られる見通し。

【関連ニュース】
子ども手当:公明が賛成へ 民主と修正合意
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:子ども手当財源「無駄の削減でできた余裕で」
余録:子ども手当

高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
振り込め詐欺グループに携帯 レンタル会社経営者ら再逮捕(産経新聞)
公的懸賞金の適用事件・金額の決定方法は?(産経新聞)
築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」(産経新聞)
「ギャル」研究対象に 電通が“総研” きょう発足(産経新聞)