大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線のポイント損傷による運行トラブルで、運転指令所にいた運転指令員3人のうち最も経験豊富な運輸助役(49)が「すべての指示を自分が出していた。電車の自動列車制御装置(ATC)解除時に何をすべきかは知っていたが、うっかりしていた」と市交通局の調査で話していることが17日、分かった。

 運転指令所は15日午前5時半ごろ、京橋駅出発後に原因不明の急ブレーキがかかった大正発門真南行き始発電車のATC解除を指示。最高速度を制限し運転再開させたが、運転規定で定められたポイント手前での停止指示やポイントの正確な切り替え、手動信号の発車合図などを行わず、鶴見緑地駅手前のポイント損傷と門真南駅での電車同士の“ニアミス”を引き起こした。

 当時、運転指令所にいたのは責任者の運輸助役と助役2人の計3人。運輸助役は、助役時代も含めると長堀鶴見緑地線の運転指令所では6年以上の勤務歴があり、運転士としての勤務経験もあった。交通局の調査に対し、助役2人は「経験豊富な運輸助役の指示に従っていた」と説明しているという。

【関連記事】
【古往今来】車内の親子にハラハラ
国の指導、翌朝まで大阪市長に伝わらず 長堀鶴見緑地線事故
サリン散布を想定 大手町駅、消防や東京メトロが訓練
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響
モスクワ、テロ悲劇の現場
20年後、日本はありますか?

<社民党>原子力安全委員人事に反対表明 政府は見直しせず(毎日新聞)
子ども手当法案が参院で審議入り 月内成立へ(産経新聞)
空き巣容疑の50歳男逮捕=被害200件、5000万円か-警視庁(時事通信)
新田選手の「金」を祝福=鳩山首相(時事通信)
鳩山首相 COP15「成功に終わったとは言えない」(毎日新聞)