20日午前7時20分ごろ、大阪市福島区大開の市営地下鉄千日前線野田阪神駅で、ホームに到着した同駅発南巽行き電車の床下から煙が出ているのを運転士が発見。駅員が乗客約100人を避難させた。けが人はなかった。

 福島署や市消防局によると、先頭車両の床下にあるモーター付近から煙が出たとみられ、同署などが原因を調べている。

 市交通局によると、電車は駅に到着後、折り返し運転のため停車中だった。電車が駅に入った際、運転席で発電機の異常を知らせる表示が出たという。現場付近では焦げ臭いにおいがしたといい、市交通局は一時同線の運転を見合わせるとともに、煙が出た電車を引き込み線に移動させた。

 このトラブルで、同線は上下計13本が最大28分遅れ、約8200人に影響が出た。

【関連記事】
相模鉄道の車掌が2年半キセル 磁気定期を不正操作
交通オタク増殖の余波!? 都営交通モニター大人気
金閣寺、銀閣寺などデザイン「トラフィカ京」カード 17日発売
タイムズスクエア駅など狙う NYの地下鉄爆破計画
虹のまち開業40年 演出多彩 地下街のイメージ一新
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
辺野古現行案に戻る動きも=沖縄知事に拒否求める-社民・照屋氏(時事通信)
【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)
<嘉麻市長選>松岡氏が再選 福岡(毎日新聞)