社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は29日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を「あらゆる選択肢を検討している」とした政府答弁書について、「わたし自身としては、(同県名護市)辺野古に造らないと回答してほしいと思う」と述べ、県内移設を認めない立場に変わりはないことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~東京地検、小沢事務所から2000万円押収~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

軽症患者の特別料金見送り=診療報酬改定で-中医協(時事通信)
<死体遺棄容疑>京都の講師殺人 新たに37歳の男を逮捕(毎日新聞)
シムドライブEV、先行開発車事業…岡山県・鳥取県の狙い(レスポンス)
「小沢独裁と闘う」自民党大会で谷垣総裁(読売新聞)
千葉大生殺害、ATM男を窃盗容疑で再逮捕へ(読売新聞)