大学入試センター(東京都)は1日、全国48会場で30、31日に行われたセンター試験追試験の実施状況を発表した。実際に受験した人数が最も多かったのは、初日が外国語の筆記で627人(対象者の87.8%)、2日目が数学(1)で640人(83.4%)だった。
 追試は病気、交通機関の乱れなどで本試験を受けられなかった志願者が対象で、初日は714人、2日目は767人が受験を認められていた。重複を除いた対象者数は972人で過去最多。インフルエンザや類似の症状が理由だったのは509人だった。 

【関連ニュース】
得点調整行わず=センター試験
得点調整ない見通し=平均点を中間発表
センター追試972人に
センター追試は961人=インフル、大雪で過去最高
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ

関東甲信、1日夜から一部で大雪…多摩すでに雪(読売新聞)
普天間移設「協力したい」=山梨・忍野村長、鳩山首相に伝える(時事通信)
高圧ケーブルカルテルで排除命令=3社に6億円超の課徴金-公取委(時事通信)
平家癒やす灯火 湯西川温泉でかまくらのライトアップ(産経新聞)
安倍元首相「参院選を政権奪回の第一歩に」(産経新聞)