【ニューヨーク=川崎英輝】岡田外相は16日昼(日本時間17日未明)、国連平和維持活動(PKO)への自衛隊参加の前提条件となっているPKO参加5原則の見直しについて、「まだ外務省内で議論している。まず実績をきちんと作ることを優先すべきだ」と述べ、見直しは当面先送りし、現行法の枠内でPKO派遣の拡充を検討する考えを示した。

 国連本部内で記者団に語った。

 PKO協力法が定める5原則には、紛争当事者間の停戦合意、必要最小限の武器使用などが規定され、PKO派遣の足かせになっているとの指摘がある。外相は昨年10月に見直しを検討する考えを表明したが、具体化していない。

パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走-三重(時事通信)
少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)
「ママ、赤いシャボン玉だ! 」=ジュースで作成、夢かなう-山崎さん長女優希ちゃん(時事通信)
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転-厚労省独自仕分け(時事通信)