北沢防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題で政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転案について、「仮に徳之島でお願いするということになれば、今の状況はなかなか厳しいものがある」との認識を示した。

 その上で、「(移設先が)沖縄以外ということになれば、徳之島に代表されるように極めて難しい問題だということが浮き彫りになってきた」と指摘した。

 その後の参院外交防衛委員会では、鳩山首相が目指す5月末までの決着に関し、「相手のあることなので、5月末までに完全に決着するとは私の立場で申し上げるわけにはいかない」と述べ、期限内に与党、地元、米国が納得する案をまとめるのは困難だとの考えを示した。

 一方、首相は20日朝、首相公邸前で記者団に「とにかく5月末までに決着すると申し上げているわけだから、その決意を持ってやるのみだ」と改めて強調した。

「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)
人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)
参院選「小沢氏はしご外さない限り」鳩山首相で(読売新聞)
火山噴火 外国人客の離日始まる 成田空港(毎日新聞)
<1歳変死>母親の内縁の夫を傷害容疑で逮捕 大阪・堺(毎日新聞)