14日午前5時5分ごろ、東京都港区赤坂の都道で、赤信号で止まろうとした60代の男性運転手のタクシーにミニパトカーが追突し、男性が首に軽傷を負った。

 警視庁赤坂署によると、ミニパトカーは同署地域課の男性巡査長(35)が運転。タクシーの後ろを走っていたミニパトカーが右側に車線変更しようとした際、タクシーに接近しすぎて左前部が接触した。

 巡査長は「前をよく見ていなかった」と前方不注意を認めており、同署は自動車運転過失傷害容疑で書類送検する方針。

【関連記事】
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手
芸能人の交通事故多発の原因は? 制作費削減、スター不在影響
岡山の運送会社を捜索 山陽道GW渋滞3人死亡多重事故
停車車両に2台追突、男性死亡 山口の山陽道
名神で福井の高速バス追突、玉突き 3人軽傷

報道適切なら国民も理解=内閣支持率下落に菅副総理(時事通信)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
<プラネタリウム>満天の…幾何学模様 世界最大、名古屋市科学館で工事中(毎日新聞)
内閣支持続落、19%=時事世論調査(時事通信)
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)