与党幹部は29日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する政府案について、鳩山由紀夫首相が31日にも記者会見し発表する可能性があるとの見方を示した。
 首相は26日の記者会見で、「3月いっぱいをめどに政府案をまとめる努力をしている」と表明。しかし、29日には記者団に対し、月内の取りまとめにこだわらない考えを示した。 

【関連ニュース】
外相と米補佐官との会談中止=「普天間」進展見込めず敬遠か
政府案、月内決定こだわらず=普天間移設先は来月以降絞り込み
視界不良の対米調整=普天間、軍は能力保持強調
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減
普天間移設を協議=岡田外相、米国防長官と会談

シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)
高木美帆選手 1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)
元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟-福岡地裁(時事通信)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
5ダムの本体着工容認=計画通り補助金配分-前原国交相(時事通信)