小学館は松本大洋氏の漫画「ナンバーファイブ」の電子書籍版を28日からアップル社の情報端末「iPad(アイパッド)」向けに日本、米国、カナダで配信する。日本語と英語に対応しており、日本での販売価格は第1話が無料、それ以降は1話115円。
 同作を2005年まで連載していた小学館「IKKI」編集部の江上英樹編集長は「iPadで日本の漫画を世界に持って行きたい。松本さんの作品は海外で高く評価されているので第1号に選んだ」としている。 

【関連ニュース】
【特集】最強モバイルを探せ!
【特集】詳報iPad アップル、次は電子書籍に挑戦
NTT東、携帯無線ルーターを300円で貸し出し=公衆無線LAN料金大幅引き下げ
京極さんの新作、iPad向けに=単行本の約半額で発売
スタバがワイファイ導入=高速データ通信可能に-6月1日から

【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
首相動静(5月19日)(時事通信)
防衛技官、女装し銭湯侵入=傷害も負わす、容疑で逮捕―警視庁(時事通信)
天皇陛下がお田植え(産経新聞)
<JR西日本>播但線、姫新線などで運休 各線で遅れも(毎日新聞)