社民、国民新両党の幹事長・国対委員長らは2日朝、都内で会合を開き、岡田克也外相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の継続使用の可能性に言及したことを批判、近く平野博文官房長官に抗議することを決めた。
 社民党の重野安正幹事長は会合後の記者会見で、「外相発言は明らかに(普天間の継続使用を否定した)鳩山由紀夫首相の発言と違う内容だ。われわれの内閣において不一致の状況があるのは問題だ」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<米アカデミー賞>「ポニョ」「ATOM」ノミネートされず(毎日新聞)
免許手放し、半年間で27人=認知機能検査きっかけ-警察庁(時事通信)
<高松塚壁画>「カビ対策が不十分」 検討会が報告書素案(毎日新聞)
「不正資金断じてない」=不適切記載と謝罪-石川議員(時事通信)
<日本国籍喪失条項>フィリピンの子供4人「違憲」と提訴(毎日新聞)