外国メーカー製の新型インフルエンザワクチンの安全性を調査するため、国立病院機構の18病院に勤務する職員ら約600人への接種が始まった。東京都内のある国立病院では10日、26人が接種を受けた。
 調査は英グラクソ・スミスクライン社とスイスのノバルティス社が、同機構の協力を得て実施。調査結果を厚生労働省に報告し、同省が安全性について検証する。
 両社のワクチンは国内での臨床試験を簡略化する特例承認を適用されており、販売後に安全性を再調査することが義務付けられている。 

増殖する悪質ガールズバー ぼったくりや風俗まがいも(産経新聞)
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新(医療介護CBニュース)
<無人偵察機>飛行試験中に墜落、海へ落下 防衛省(毎日新聞)
2人刺殺、少女連れ逃走=18歳少年ら2人、監禁などで逮捕-宮城(時事通信)
<開府400年>名古屋テーマに創作講談(毎日新聞)