平野博文官房長官は1日夜、沖縄県の仲井真弘多知事と都内で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題の5月中の決着を目指し、政府の検討状況を説明した。これに対し、仲井真知事は「なるべく早く、最終決定の前に説明してほしい。県外(移設)でしっかり取り組んでほしい」と要求。会談後、政府案に関し「筋道が通ったものが出来上がっているという印象はない」と記者団に語った。
 政府は、普天間の基地機能を鹿児島県徳之島など沖縄県外に移転させつつ、当面は米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)、最終的にホワイトビーチ(同県うるま市)のある勝連半島沖合に段階的に移設する案を検討している。仲井真知事によると、平野長官から具体名を挙げた説明はなかったという。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕官房長官、沖縄知事と会談
ホワイトビーチ案「中止させたい」=うるま市民ら、鳩山首相に直訴へ
官房長官、沖縄知事と会談=普天間、検討状況説明
普天間、首相は公約違反=共産委員長
ビーチ案反対、首相に伝える=普天間移転先で福島社民党首

園田氏、新党結成へ決意(時事通信)
大麻所持で教頭逮捕 大阪府教育長「教員も指導必要」(産経新聞)
新型インフルの第一波、事実上終息…厚労省(読売新聞)
校長の発言、人権侵害と勧告=女児殺害事件後に同級生PTSD-九弁連(時事通信)
マニフェスト修正を、連合会長が首相に要求(読売新聞)