名古屋市熱田区の交差点で3人が死亡したひき逃げ事件で、歩道に突っ込んだ乗用車の車内から特殊工具が見つかったことが2日、愛知県警への取材で分かった。特殊工具は車のガラスを簡単に割ることができ、車上荒らしなどの犯行に使われることが多い。車内からはバールやレンチも発見され、県警は、車を残し逃走した数人が窃盗事件にも関与していたとみて行方を追っている。

 現場近くの女性(63)によると、数人のうち1人の男は車から逃げ出した直後、いったん車内へ戻ったという。所持品を持ち去ったり、証拠隠滅のため車内を調べたりした可能性があり、県警は当時の状況を詳しく調べている。

 車は盗難車でナンバープレートが付け替えられていた。車内からはこのほか、ブラジル人が通話した履歴のある携帯電話が見つかっている。

<相撲協会>朝青龍関の暴行問題、独自に調査 委員会設置(毎日新聞)
支持率83・2% 橋下知事就任2年、大阪府民意識調査(産経新聞)
節分に「オニヒトデは外」 和歌山・白浜で駆除イベント(産経新聞)
武山元衆院議員に有罪=報酬約束、公選法違反-さいたま地裁(時事通信)
外国人参政権 97%が「憲法違反」(産経新聞)