『パワーレンジャー・ダイノサンダー』(Power Rangers: Dino Thunder)は、スーパー戦隊シリーズを海外向けにした特撮テレビドラマシリーズ・パワーレンジャーシリーズの 第10作目である。本作は爆竜戦隊アバレンジャーがベースとなっている。2004年2月14日から同年11月20日までABC放送で放送された。ストーリー伝説の戦士トミーに選ばれた若きパワーレンジャーが彼とともに悪と戦う。概要前作のニンジャストームで共闘編が行われなかったため、製作総指揮を担当したダグラス・スローンは一部のファンから批判を受け、ファンの不満を解消するため、かつてマイティ・モーフィン・パワーレンジャーのグリーンレンジャー及びホワイトレンジャー、パワーレンジャー・ジオのレッドレンジャー、パワーレンジャー・ターボの前期のレッドレンジャーとして活躍したトミーが再登場し、彼専用の番宣が放送されるなど破格の扱いだった。だが、個人的な事情でトミーを演じる俳優が急遽帰国しなければならなくなったために、10話近くに亘ってトミーの変身前の姿が登場しないなど物語の展開に影響を及ぼすこととなった。このような状況下で制作された第19話「Lost & Found in Translation」 は、コナーたちが衛星放送で偶然、日本の番組爆竜戦隊アバレンジャーを見る(使われたのは第10話「アバレリーガー金縛り」)という、異色中の異色エピソードである。また、第4話 「Legacy Of Power」は第1作から数えて通算500話となったことを記念して歴代シリーズの総集編が放送された。登場人物パワーレンジャー変身の掛け声はダイノサンダー・パワーオン。モーションはオリジナルと同様。しかし、ホワイトレンジャーの一部のモーションだけ違う部分がある。コナー・マクナイト/レッドレンジャー/トライアシックサッカー好きの青年。高速移動の能力を持つ。イーサン・ジェームズ/ブルーレンジャーコンピューターが趣味。腕を鋼鉄のように硬くできる。キラ・フォード/イエローレンジャー歌が得意。超音波を放つ能力をもつ。Dr.トーマス"トミー"オリバー/ブラックレンジャー通称はドクター・オー。伝説のパワーレンジャーであり著名な考古学者。リーフサイド高校の新任理化教師。教師として、また、先輩レンジャーとしてコナーたちを導く。トレント・フェルナ

子供部屋、どう与える? 声掛けやすい“自立の空間”に(産経新聞)
【集う】東京都若者総合相談公開研修(1月22日、都庁)(産経新聞)
新聞配布にフリーダイヤル廃止 JALのケチケチ「コスト削減」(J-CASTニュース)
ロシア外務省に厳重抗議=漁船銃撃-平野官房長官(時事通信)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)