京都市の学校法人平安女学院は24日、DNA型鑑定の結果、所有する京都市上京区の旧有栖川宮邸の枝垂れ桜が豊臣秀吉ゆかりの醍醐寺の桜の子孫だと分かったと発表した。

 枝垂れ桜は1952年、画家、堂本印象の発案で醍醐寺から移植したものと伝わっている。しかし、確かな記録がなく、住友林業が葉のDNAを抽出して調べていた。

 枝垂れ桜は今、三分から五分咲きで今月末が見ごろになりそう。同法人は4月7~11日に邸宅を有料公開するが、洛中で「醍醐の花見」としゃれ込むには少し遅いかも。【広瀬登】

ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)
土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
5歳児餓死、母親「腕にアイロン当てた」(読売新聞)
NOx26%削減も=自動車課金制度導入で-環境省検討会(時事通信)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)