気象庁は30日夕、霧島山(宮崎、鹿児島両県境)の新燃岳(1421メートル)で同日朝に小規模な噴火が発生したことを、ヘリコプターによる観測で確認したと発表した。新燃岳の噴火は2008年8月22日以来、1年7カ月ぶり。
 気象庁は30日午前、噴火警戒レベルを平常の「1」から、火口周辺の立ち入りを規制する「2」に引き上げており、今後も噴火の可能性があるとして、警戒を呼び掛けた。 

【関連ニュース】
霧島山で小噴火の可能性=警戒レベル引き上げ

環境保護や人道支援に貢献 「地球倫理推進賞」贈呈式(産経新聞)
国民新、敏いとう氏公認…参院比例選(読売新聞)
足利事件無罪、裁判長の謝罪の言葉=全文(読売新聞)
保助看国家試験の合格者を発表―保健師と助産師の合格率が2ケタ台の減少(医療介護CBニュース)
雑記帳 発車ベルが球団歌に 楽天のホーム球場最寄り駅(毎日新聞)