2007年09月

2007年09月30日

エディット・ピアフ 愛の賛歌4

84de6a2e.bmp

フランスを代表する歌姫エディット・
ピアフ。生まれたばかりの彼女は
母親に捨てられ、父親にも頼れずに
自慢の歌を街で歌うことで生計を
立てていた。20歳の時、彼女は
名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレ
に出会う。彼の紹介でデビューを
飾ったエディットは瞬く間に
スターダムをのし上がっていく。


僕はシャンソンには全く興味がありません。だからこの映画も見に
行く気はありませんでした。しつこく流れる予告を観る度に
「この不細工な女優誰だよ?」なんて思ってたもんです。
しかしこの女優、調べてみたら『TAXi』シリーズのヒロインである
マリオン・コティヤールではありませんか!
あんなに可愛かった
女優があんなに不細工なメイクをしてたのか!
これは是非観なければ!という訳で行ってきました。
しかも初日に名駅のピカデリーでシャンソン歌手・岡山加代子さんの
レビューがあったので、せっかくだからその回に行ってきました。
綺麗な歌声でちょっと感動。映画の待ち時間にシャンソン歌手が
歌ってくれるというのもなかなか乙ですね。

エディット・ピアフの生涯を描いたこの映画。ピアフを演じた
マリオン・コティヤールがとにかく素晴らしい。
歳を重ねていく
姿を特殊メイクを駆使して演じわけている訳ですか、この変わり様
が凄まじいんですよ。20歳の幼さが残る姿から、成功を納める
30代、精神的挫折に追い込まれる40代、そして死の間際の姿。
最初と最後では本当に同じ人が演じてるのかと思うくらい違います。
さすがアカデミー賞有力候補と言われるだけの事はありますね。

マリオン・コティヤールの熱演は感嘆すべきものがありましたが、
話自体はいまひとつ。映画化される偉大なアーティストって
どうしていつも酒やドラッグ漬けなんでしょう?
おかげでいつも
感情移入が難しいんですよね。少なくとも僕にはピアフが偉大な
歌手というよりもただのワガママ女に見えてしまいました。
物語の時間軸も複雑に入れ替わっていって、様々な時代のピアフが
シャッフルされて描かれます。若い頃の話が進んだと思ったら次は
死ぬ間際の姿。そして次は中年だと思ったらまた若い頃。こんな
感じで進むので結構混乱します。なんでこんな風にしたんだろう?

話には今一つ乗れなかったけどマリオン・コティヤールの熱演には
感動しました。彼女のために星ひとつオマケです。



2007年09月29日

HERO3

870af35a.jpg

東京地検、城西支部の型破りの検事
久利生公平は、容疑者が全面的に
罪を認めた事件の裁判を引き受ける
事になった。簡単な裁判と思われて
いたが、容疑者は裁判で自分の容疑を
全面的に否定してきた。この事態の
裏には大物政治家の汚職事件が
絡んでいたのだ。

平均視聴率30%オーバーの超人気TVドラマの映画化。もちろん
僕はTV版は観ておりません。
同じくTVドラマからの映画化である『西遊記』が今年のワースト
候補に入るほどのヒドイ出来
だったので本作も覚悟して観に行った
んですが、そんなに酷くなかったですね。予備知識ゼロで観た割
には解かり辛い部分もそんなになかったですし。
まぁだからと言って手放しで誉められるような映画ではもちろん
ありませんでしたけどね。

この映画の批判的なコメントで「わざわざ映画でやる必要はない。
TVで十分。」
なんて意見を聞くけど、僕はそうは思いませんでした。
国会議員がサングラスをかけて法廷に現れるという無茶な
キャスティングは大いに疑問だけど、ゲストを含めたキャスト陣
自体は豪華で良い。わざわざ韓国に行く必要があるのかという
気もするけど海外ロケを本格的にやったのも評価できます。
だいたいこれよりも地味な映画なんて世の中にいくらでもある。
それにこれが駄目だったらTVの総集編を劇場版として公開する
日本アニメの立場がない。

僕が気に入らなかったのは、見せ場であるはずの法廷サスペンス
が全然駄目
だった事。弁護側の失笑モノの証言潰しや、当たり前の
反論に本気でビックリする久利生検事の姿は凄く滑稽。
TVではこの程度のサスペンスでみんな満足してたのか?
終盤の展開も謎解きの深みもサスペンスの面白さも一切無く、
久利生の語りだけで強引に観客を感動させようという魂胆が
見え見えで辛かったです。
法廷サスペンスの面白さなら『逆転裁判』の方が何十倍も
上ですね(またそっちに持っていく)。



2007年09月28日

『HERO』 < 『HALO』

今週の木曜日は有給休暇をとりました。目的はもちろん、世界的
大ヒットゲーム(でも日本じゃ全然人気無い)『HALO3』
いち早くゲットするため!
近所のゲーム屋はレンタルビデオと合体
していて深夜もやっていてその店は日付が変わると同時に新作を
販売するので、水曜日に仕事が終わってから速攻で寝て、深夜
0時に買いに行きました
(この行動力をもっと別の事に使えよ)。
そして寝る間も惜しんでプレイしてその日の内にクリア。
いやぁやっぱり最高。
しかしこのゲームの醍醐味は対戦にあります。今度友達引っ張って
こなきゃ。

で、木曜の朝に休憩を兼ねて『HERO』観に行ったんですよ。
ミッドランドスクエアに行ったんですが、平日の朝一にも関わらず
満席で入れませんでした。
一体どうなってるんだ!?
急いで近くの109シネマズに行ったらそっちはガラガラ。
109、本気で危ないなぁ。

******************************


今週のお買い物。
兄さん

 

 

 

 

 

 

 

 


『HALO3』
『龍が如く 劇場版』
限定版
『サンジャックへの道』
『300』

手前の人形は龍が如くのオマケ。金属バットまで付いた真島の
兄さんが凶悪過ぎる(笑)。しかし金属バットで人を殴りまくる本作、
時期が時期だけにもう少し発売日が遅かったら販売を一時
自粛してたかもしれませんね。


*****************************


今週の観賞予定。

『幸せのレシピ』
『クローズド・ノート』
『題名のない子守唄』
『パーフェクト・ストレンジャー』
『ストレンヂア 無皇刃譚』
『エディット・ピアフ 愛の賛歌』

7本と結構キツいラインナップだけど、来週は観劇に行かなきゃ
いけないので何とか全部消化したいところ。
エディット・ピアフは観に行く気無かったけど、主演が『TAXi』
シリーズのマリオン・コティヤールだと知って観に行く事にしました。
なんか土曜日にはゲストも来るみたいなので、せっかくだから
その回に行こうかな。


*****************************


観劇の話題が出てきたのでここでちょっと宣伝。

来週、10月5(金)、6(土)、7(日)の3日間、名古屋市の
中村公園内にある名古屋中村文化小劇場

劇 時伝人 「希求座」による新作『走れ!赤い自転車』
の公演が行われます。

この劇団に所属している人の一人が僕の高校時代の英語の先生
で、高校時代に初めてこの劇団の公演を観てから毎回観に行って
います。その時の社会問題をストーリーに取り入れ、笑いあり、
涙ありの作品に仕上げる作風はマイケル・ムーアに通じるものが
ありますね。
今回のテーマは「郵政民営化」。今回も面白い作品になることを
期待してます。

名古屋にお住まいの皆さんは是非一度観て下さい。
たまには観劇も良いものですよ。
少なくとも『HERO』よりは絶対面白いです(爆)。



e5125aspaceodyssey at 19:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2007年09月27日

めがね3

f9582683.jpg

休暇で旅に出た女性タエコ。旅先の
民宿ハマダで、彼女は「たそがれる」
生活を勧められる。たそがれる事に
最初は戸惑うタエコだったが、
周りの人たちとの交流の中で段々と
たそがれるという事を実感していく。


『かもめ食堂』の荻上直子監督、小林聡美、もたいまさこが再び
結集した相変わらずゆるーいヒューマンドラマ。せっかくだから
片桐はいりも居て欲しかったけど、今回は代わりに市川実日子が
参加。彼女可愛いですよね。あの「普通の女の人」っていう
感じが好きです。

この映画の舞台って一体どこなんでしょうね?どこかの島っぽい
けどはっきり言及されなかったし。ただ、魅力的な土地である事は
間違いないでしょうね。あんな所に一度行ってみたいものです。
この映画は舞台となる土地を好きになれるかどうかで評価がガラリと
変わってくるでしょう。他に見所もないし(笑)。

かもめ食堂の時も思った事だけど、出てくる料理が美味しそう。
別に凄い料理が出てくる訳でもなく、ただ朝ごはんに焼き魚と
味噌汁、出し巻き卵、梅干、納豆、茹でた野菜、そして白いご飯。
これらがとても美味しそうに見えてしまう。最近ああいう朝ごはん
食べてないなぁ。
あとかき氷食いてぇ(笑)。

こんな感じで話というより雰囲気というか「空気」を観る映画です。
たまにはこういうマッタリとした映画もいいんですが、ハッキリ言って
やってる事がかもめ食堂と変わらないんですよね。おかげで
新鮮味がない。2回目までは大丈夫だけど、もう一度同じような
映画を作られたらたぶん飽きるだろうな。



2007年09月26日

アーサーとミニモイの不思議な国4

ca6cfc69.jpg

アメリカの片田舎で暮らす少年
アーサー。借金を返さないと家を追い
出される事を知ったアーサーは、祖父
の残した宝を探し出す決意をする。
そしてアーサーは祖父の残した
ヒントを頼りに、豆粒のような種族
「ミニモイ」が暮らす世界へ辿り着く。
そこでアーサーを待っていたのは
想像を超えた大冒険だった。


かつて大好きだったリュック・ベッソン。しかしここ数年は見る影も
なく悲惨な映画を送り続け、もはや昔ほどの興味はありません。
プロデュースばかりやっていた彼が久しぶりに監督した
『アンジェラ』は、期待を裏切るヒドイ出来でした。
そして今回、最新作にして彼の最後の作品(3本作るらしいけど)
『アーサーとミニモイの不思議な国』を微塵も期待せずに観に行って
きました。ところが意外や意外、結構面白いじゃないか。

本作の見所はCGと実写を融合させた点でしょう。現実世界を実写、
ミニモイの国をCGで表現していて、ここの部分で絶対に失敗すると
思ってたんですがなかなかいい感じに二つの世界が繋がってました。
ミニモイの世界を変にリアルにしなかったのが逆に良かったですね。
ミニモイたちの動きも実にコミカルで楽しかったです。

ストーリーは完全に子供向け。想像以上に真っ当な冒険
ファンタジーになっていました。ここが僕には好印象でしたね。
ちゃんと子供が楽しめるようになっている作品って好きです。
伏線なんかも割としっかりしていて大人の観賞にも耐えられる
でしょう。

気になったのは敵の親玉。見た目はバッチリだったけど、ちょっと
セコいキャラクターでした。こいつの活躍は2作目以降に
なるのかな?

そういえば、ミニモイのお姫様の漫画みたいな絵に一目惚れする
アーサー君、ちょっとアブナイぞ。



2007年09月25日

2周年特別企画 『500<ファイブハンドレット>』

いつも当ブログをご覧になっている皆様。
『5125年映画の旅』はこの度2周年を迎えました。ここまで
来る事が出来たのもひとえに皆様の応援があってこそです。
この場を借りて厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。


さて2周年という事で、前からやってみたかった企画を今回実行に
移しました。それは、

『僕の持っているDVDコレクション

500本を床にぶちまける!!』

というもの(笑)。企画も馬鹿ならそれだけ無駄遣いをしてきた僕も
相当な馬鹿というもの。それでは観て頂きましょう、
これが僕のコレクションの全容です!!

500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーッハハハハハハ!!!笑いが止まらない!!
我ながらよくここまで集めたもんだ!!

棚に入っている時はそんなに感じませんでしたが、こうしてみると
本当に恐ろしい。一体いくら注ぎ込んだんだろう?
映画DVDは大抵3000〜4000円。アニメの場合は6000円。
映画とアニメの比率も考えて、1本辺りの平均価格を仮に
4500円とすると、500×4500で・・・・・

225万円!!!

大した事ないや。1千万くらい使ってたらビックリしたけど、これなら
まだまださ、きっと。

という訳で、DVD1千万円分購入に向けてこれからも頑張って
いきます。皆様の応援よろしくお願いします!

さーて、生きてる間に達成出来るかなぁ。

 

オマケ。未圧縮の写真。画像をクリックして参照して下さい。

500.0



e5125aspaceodyssey at 19:55|PermalinkComments(13)TrackBack(0)雑記 

2007年09月24日

さらばベルリン2

1a071c59.jpg

ドイツ降伏後のベルリンにポツダム
会議取材のためやってきたアメリカ人
記者ジェイク。彼の運転手を勤める
軍人タリーは裏で米軍の品を横流し
していたが、ポツダム会議の最中に
近辺で遺体となって発見される。
ジェイクはタリーの情婦であり
ジェイクのかつての愛人であるレーナ
に接近する。


ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット、トビー・マグワイア
共演のサスペンス映画。モノクロ映像と共に敗戦直後のドイツの
記録映像を織り交ぜて当時の雰囲気を再現しています。

この映画で注目していたのはやはりトビー・マグワイア。
スパイダーマン=ピーター・パーカー以外の役を演じるのは実に
久しぶり。ピーターのイメージからどれだけ抜け出せるか注目
でしたが、冒頭は彼が出づっぱり。しかもナレーションまでしている。
「まさか彼が主人公!?」なんて思った矢先、彼はいきなり
殺されてしまいました。
オイオイ出番少な過ぎだぞ。
トビー・マグワイアはもう役者の仕事に興味ないのか?(彼は最近
プロデュース業にお熱らしい。)

トビーが脱落してから話は本格的に始まるんですが、ここからが
えらく小難しい話になるんですよね。ソダーバーグ監督の悪い
部分がまた出てしまいました。
事件の全体像がさっぱり解らず
主人公が今誰を追っているのかもよく解らない。モノクロ映画
なので絵的な刺激も少なく、難解なストーリーと相まって非常に
眠くなる展開でした。

それと気になったのは、トビー殺害の犯人を特に伏線も無しに
ナレーションで暴露してしまう事。
普通なら「そうだったのか!」と
思うところが「え?そうなの?」で終わってしまう。まぁその犯人
以外で怪しい奴なんていなかったんですけどね。

豪華なキャストなのに華が無い映画。悪く言ってしまうと古臭い。
まぁそれは故意にやってる事なんでしょうけど、もうちょっと現代
受けする内容にして欲しかったなぁ。



2007年09月23日

プラネット・テラー in グラインドハウス5

5c2b3f8c.jpg

スタンダップ・コメディアンを
夢見る女性チェリー。しかし彼女の
夢は、軍の毒ガスによって大量発生した
ゾンビに片脚を奪われた事によって
途絶えてしまう。ゾンビはみるみる
内に勢力を拡大し、チェリー達生存者は
完全に孤立してしまう。しかし
チェリーは失った片脚の代わりに
マシンガンを装着しゾンビに反撃する。

 

クエンティン・タランティーノと盟友ロバート・ロドリゲスが製作した
2本のB級映画を同時上映する企画『グラインドハウス』

第2段はロドリゲスの何でもありゾンビ映画『プラネット・テラー』
です。デス・プルーフは所々最高なシーンがあったものの、正直少し
退屈な映画でありました。しかし今回はその鬱憤を晴らすかのような
素晴しい映画になっている。
もちろん一般の方にはオススメできませんが(笑)。

デス・プルーフは面白い部分とつまらない部分が極端に分かれた
映画でしたが、本作は見所が満載。B級映画の楽しさがこれでも
かと詰まっています。
主人公の片脚マシンガン美女を筆頭に、冒頭から出てくる睾丸
コレクター、えらい格好いい謎の運び屋、肉屋と警察署長の兄弟
(弟の方がマイケル・ビーンだった!)、イっちゃってるお医者さん
夫婦など魅力的なキャラクターがこれでもかと出てきます。
ブルース・ウィリスやタランティーノが溶けたり膨らんだり
するのも凄い。

ゾンビ映画なのでスプラッターシーンもバッチリ。しかもB級らしく
とても安っぽいので全然気持ち悪くない。警官の身体が引き
裂かれる場面なんて、やられる直前に明らかに場面が差し替え
られている。その辺りの違和感をあえて残す所に魅力を感じます。
ゾンビ共も水風船みたいに血をぶちまけながら死んでいくので
見ていて爽快です。

一番面白かったのは中盤。濃厚なベッドシーンの最中にいきなり
画面が止まったと思ったらフィルムが焼け始めテロップで
「1巻紛失 不手際をお詫び申し上げます」
次の瞬間いきなり家が炎上している!(爆笑)
いやぁこんなやりたい放題の映画久しぶり!『スキヤキウエスタン
ジャンゴ』
もこれくらいやってくれれば満足だったのに。

しかしやっぱりデス・プルーフも含めた完全な形で観たかったなぁ。
DVD発売の際には絶対にアメリカ公開版を用意して欲しいですね。
あと特典で紛失した巻を収録して!
ベッドシーンの続きが観たい!(笑)



2007年09月22日

ファンタスティック・フォー 銀河の危機3

516b5dea.bmp

正義のヒーローユニット、
「ファンタスティック・フォー」。
そのメンバーであるリードとスーの
結婚式の日、宇宙から謎のエイリアン
シルバーサーファーが飛来する。
彼が訪れた惑星は8日後に必ず
滅びるという事実を知ったリード達は
シルバーサーファーを止めるために
再び戦いに挑む。


人気アメコミヒーロー映画の続編。今回は原作でも人気が高いと
言われるシルバーサーファーが登場します。それにしてもこの
シリーズ、ゴム人間とか火の玉人間とか透明人間とか岩石人間
とか今回の銀ピカサーフィン野郎とか、設定だけ聞いてると
なんか地味ですよね。それをド派手に演出できる最近のCG
技術には感服しますが。

本作はアメコミ映画史上最高のスケールの大きさを誇ってる
という印象を受けました。少なくとも、アメコミ映画で地球規模の
災害が描かれたのは本作くらいだと思います。地面に大きな
穴が開く場面は迫力満点だし、世界中を飛び回るシルバー
サーファーも格好いい。宇宙の彼方からやってくる宇宙魔神
ギャラクタスのビジュアルも最高。ラストバトルも熱かったですね。
多少安っぽい感はあるものの、映像面に関しては十分合格点
でした。

ただ、ストーリー(特に前半)に関してはちょっと弱い。
みんなから愛されるチームに成長したファンタスティック・フォー。
しかし次第にアイドルのように周囲にもてはやされ、自由な
時間が失われていきます。まともに結婚式も挙げられないなど、
ヒーローの苦悩が前半では描かれます。『スパイダーマン』でも
同じ展開がありましたが、今回はイマイチ乗れない。
ヒーローとしての活動に悩む彼らですが、中盤までヒーロー
らしい事を何一つしていないんですよね。
前作との間に
いろいろ頑張ってたみたいだけど、ちゃんと画面で見せて
くれないと。市民を助けるという僕の大好きなシーンが一つしか
なかったのもマイナスでしたね。


ところでDr.ドゥームってどうなったの?



2007年09月21日

コードギアス最終巻

今週の鑑賞予定。

『プラネットテラーinグラインドハウス』
『さらばベルリン』
『アーサーとミニモイの不思議な国』
『めがね』

『ファンタスティックフォー銀河の危機』はさっき会社終わってから
観てきた。感想は明日にでも。それとそろそろ『HERO』を観に行く
かも。会社で話題に着いていけなくなってきたので。


****************************


『コードギアス 反逆のルルーシュ』最終巻は来週火曜日に発売。
だけど販売店に入荷されるのは前日で、たいていの店でDVDは
一日前に購入出来る。つまり月曜日にはコードギアスをゲット出来る
訳だ。だけど来週の月曜日は祝日で運送会社は休み。そういう場合は
さらに前の日に配送されるけど、その前の日は土日でやはり
運送会社は休み。つまりコードギアスの配送は金曜日に行われるはず。
この考えが正しければ今日金曜日の時点ですでに売っている!

 条件は全てクリアされた。早速ビックカメラに寄ってみたら、

ルル9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あった!あったぞ!バンサーイ!!
今回はCLAMP全巻収容可能なBOX付き。それは嬉しいけど、

最終回のオーディオコメンタリーに監督が参加して
いないとはどういう事だ!ぶっ殺すぞ!!



e5125aspaceodyssey at 21:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)雑記 

2007年09月20日

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]3

41bc22e5.jpg

謎の宇宙放射線の調査のために宇宙
ステーションにやってきた科学者と
宇宙飛行士たち4人。しかし彼らは
事故によって宇宙放射線を浴び、
特殊能力を持った体に変異して
しまった。彼らは元の体に戻ろうと
苦心するがなかなか状況は進展しない。
そして、彼らのスポンサーだった男も
宇宙放射線を浴びていた。


アメコミ・ヒーロー初の複数人がチームを組んだヒーローチーム、
『ファンタステック・フォー』の映画版です。
それぞれ個性的な能力に目覚めたヒーローたちの活躍を
描いています。

4人の超能力は実に個性的でピクサーの『Mr.インクレディブル』
が彼らの能力をそのままパクってしまったくらいです。

チームリーダーのミスター・ファンタスティックはゴムのような
伸縮自在の身体が武器。だけどそれ以上に天才的な頭脳で
チームを引っ張ります。
紅一点、インビジブル・ガールはその名の通り透明になる能力と
光のバリアを張る能力を持っています。彼女の透明ストリップの
シーンは謎のエロスに満ちてますね。
インビジブル・ガールの弟でお調子者のヒューマン・トーチ(自分で
名前をつけたわりには格好悪いネーミング)。身体から炎を出して
空を飛びます。
岩石ボディと怪力のザ・シング。彼だけ普通の人間とかけ離れた
姿になってしまってます。理由は特に説明されず。彼が指輪を
拾おうとするシーンはちょっとジーンと来ます。

魅力的なキャラクター達ですが、話の方は盛り上がりに欠けます。
だって彼ら、スーパーヒーローなのに自分達の事しか考えてない。
ミスター・ファンタスティックは自分達が元に戻るための研究に
忙しいし、インビジブル・ガールは鈍い彼氏にイライラするばかり。
ヒューマン・トーチはずっと遊んでるし、ザ・シングは身体のせいで
ストレス溜まりまくり。
彼らが活躍する橋の上での救助作業も元をただせばシングのせいで
事故が発生している。アメリカのヒーローらしく、もっと市民の
ために活躍して欲しかった。

でもそんな不満もヒーロー誕生を描いた1作目だから。2作目以降は
ちゃんと活躍してくれる事を期待してるよ、ファンタクティック・フォー。



2007年09月19日

スキヤキウエスタン ジャンゴ3

2ace9d34.bmp

今とは違う時代の日本、源氏と
平家が雌雄を決した檀之浦の戦い
から数百年。とある村に眠る
埋蔵金を巡って二大勢力は再び
対立していた。膠着状態が続いて
いた両者の戦いだったが、村に
現れた凄腕の用心棒によって
事態は動き出す。両陣営は用心棒を
仲間に加えようと策を巡らす。


和製西部劇「スキヤキウエスタン」を唄ったなんでもありの痛快
アクション。しかも何故か全編英語。三池崇史監督のテイストを
十二分に堪能出来る作品です。

見所は何と言っても豪華な出演陣に尽きるでしょう。拳銃捌きが
たまらない伊藤英明、伊藤英明と対をなすように刀捌きが冴え
渡る伊勢谷友介、見た目とは裏腹にかなり情けない佐藤浩市、
プッツン演技でイケメンの面影もない安藤政信、帰って来た
ハリウッドスター(笑)石橋貴明、異様に濃い面子に囲まれて
イマイチ目立てなかった堺雅人、多重人格でのたうつ姿はまさに
和製ゴラム、香川照之、一応重要人物だけど速攻で退場して
しまう小栗旬、間違いなく今回一番格好良かった桃井かおり
今回は彼女が少女を演じる!)、踊りがへたくそに見えたのは
僕だけか?木村佳乃、そして我らがタラちゃんこと
クエンティン・タランティーノ!!
これだけの面子がごった煮のように暴れまわる様は正に痛快!
特にタランティーノはキャラクターも出てくるシーンもやりたい放題。
そういえば今月ってタランティーノが出演している映画が3本も
公開するんだなぁ。

こんな感じで大変楽しい映画ではあったんですが、今一つ
乗れなかったんですよね。

まず問題なのが主人公・伊藤英明の影が薄い事。こいつアクション
シーンでは頑張ってるんですが、他の場面で大した活躍をしないん
ですよね。話はあくまで源氏と平家を中心に進行するので、
宙ぶらりんな伊藤英明が全然目立ちませんでした。
アクションシーンが少ないのも不満。ラストの大乱戦は素晴しい出来
でしたが、それ以外で燃えられるアクションが無かったですね。
あと言いたくないけどやっぱり登場人物が多すぎる。2時間では
彼らの魅力を最大限発揮するのは難しいでしょう。開き直って
2時間半くらいにしても良かったと思います。

あと最大の問題はこの映画を観た劇場の音響が故障してた事。
おかげで終始変な音の出方で映画に集中できませんでした。



2007年09月18日

包帯クラブ4

f40a31ac.bmp

女子高生のワラは味気ない人生に
嫌気がさし、ある日病院の屋上から
思わず飛び降りそうになってしまう。
そこに現れた変な少年ディノに
助けられたワラは、彼がその場所に
包帯を巻くのを見て心洗われる。
その行為は少しずつ広がっていき、
ワラ達は心に傷のある人のために
包帯を巻く「包帯クラブ」を結成する。


「私、映画レビューのブログをやっているえめきんと言います。
それなりに充実した毎日を送ってはいるのですが、悩みやストレスが
全く無いという訳ではありません。先日もちょっとした事でイライラ
してしまいました。こんな僕の心を癒すためにも僕に包帯を巻いて
下さい。お願いします。」

包帯エイリアン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌ああああぁぁぁぁ!!何この化け物!!
全然癒されなーい!!


初っ端から馬鹿な事してしまいましたが『包帯クラブ』レビューです。

本作の最大の見所はやはり柳楽優弥君でしょう。今まで内向的な
少年ばかり演じてきた彼が変な関西弁を話し、意味不明の奇行を
繰り返す変な少年を演じています。しかも今までのような奥の深い
演技もしっかりと見せてくれる。彼はこの作品でまたひとつ成長
しましたね。今後がますます楽しみだ。

見知らぬ人の心に傷を残した場所に包帯を巻くというストーリーも
素敵です。その中で包帯クラブのメンバーにも色々と心境の変化が
起こるのも良かったですね。主人公ディノのエピソードと同じくらい
大きな比重を持つ仲良し4人組の話もグッときました。4人を演じた
女の子達が全員魅力的でしたね。関めぐみってああいう
キャラクターも似合うなぁ。
合間合間に笑えるシーンもあって飽きませんでした。

しかし彼らは巻いた包帯をずっと放置してたのか。
そりゃあ犯罪だろう。写真を撮ったら元に戻そうよ。



2007年09月17日

キャプティビティ2

9d1499ac.jpg

トップモデルのジェニファーはある日
何者かに監禁されてしまう。そこで
彼女は犯人から想像を絶する拷問の
数々を受ける。犯人の目的も解からぬ
まま絶望に暮れている時、隣の部屋に
自分と同じく監禁されている人物が
いる事が解かる。


大人気TVシリーズ『24』で主人公ジャックの娘を演じていた
エリシャ・カスバートが主演を勤めたサイコ・ホラー。
話によるとこの映画、本国ではR−15指定だったらしいんですが
日本版ではエンディングを未公開バージョンに差し替えることで
R−18指定になった曰くつきの代物
だそうです。『SAW掘
超える映像が出るんじゃないかと、期待と不安で一杯になりながら
観に行きました。

最初の方は結構面白く観れたんですよね。気がついたら謎の
監禁室。そして様々な拷問。犯人の目的もわからぬまま次々と
恐怖を植えつけられるジェニファー。犯人の目的がわからない
不気味さが、王道ではありますがしっかり効いてますね。
しかし犯人の目的が判明する後半からは一気に魅力が
無くなっていきます。
犯人の目的が全然怖くない。というか
あまりに情けないんですよ。
さらに作戦を変更してからの犯人の段取りが悪すぎる。「とりあえず
全部片付けてからジェニファーを起こせよ!」
なんて犯人に
アドバイスしたくなってしまいました。

こうなったら18禁の残酷描写に期待するしかない訳ですが、この
映画残酷シーンに修正を加えてるんですよね。グロいシーンが
始まると急に画面が暗くなって何も見えなくなるんですよ。
顔面に強酸シャワーも生肉100%ジュースもペンチで奥歯
引っこ抜きも全然見えない怖くない。

何のための18禁なんだ!ふざけやがって!

話題の別エンディングも全然大した事なし。この後に観たR−15の
『レベル・サーティーン』の方がよっぽどキツかったぞ。



2007年09月16日

ミス・ポター4

c25c1335.jpg

イギリス上流貴族の娘、ビアトリクス
・ポターは、32歳になっても結婚
せずに絵本ばかり書いていた。そんな
中で生まれたキャラクター「ピーター
ラビット」を出版しようとする
ビアトリクスだったが、なかなか
出版社が見つからない。やっと
見つけた出版社からやってきたのは
経験ゼロの御曹司ノーマンだった。


世界で一番有名なウサギ、ピーターラビットの原作者ビアトリクス・
ポターの物語。こういう映画って普通主人公の半生を描くという形で
幼少時代から物語が始まるものですが、この映画の場合はピーター
ラビットの出版が決まるところから始まって子供の頃の話は所々で
挿入されるようになっています。おかげで話が核心部分から
始まるので結構観やすい内容になってましたね。

最初に書いた通り、物語はいきなり出版の話から始まります。さらに
そこから大した事件も障害も発生する事無くピーターラビットは
世界で大ヒット。ミス・ポターの人生は冒頭から順風満帆です。
自伝映画でこういう展開って珍しいですよね。主人公が成功や
挫折を経験して成長していく姿を描くのがセオリーだと思うん
ですが、本作の場合は「挫折」の概念が無い。そこが結構新鮮
でした。

とは言うものの、それでは映画として盛り上がりに欠ける訳で、
本作では中盤に意外な展開が待っています。ここから映画の
印象が少し変わりますが、それもなかなか良いアクセントになって
いたと思います。
ところでこの展開って実際に起こった話なんですよね?
もしこれが映画のためにでっち上げられた話だったら怒るぞ!

カミングアウトしますが、僕はピーターラビットを読んだ事が
ありません。物心つく前に読んでもらった事があるかも知れませんが
記憶には無い。そんな僕でもしっかり楽しめる映画でした。



2007年09月15日

レベルサーティーン2

c7a70d4f.jpg

冴えない青年チックは借金がかさみ、
恋人とも別れ、会社もクビになり
崖っぷちに立たされていた。そんな時
突然携帯に電話がかかり、13の試練を
乗り越えれば莫大な賞金が手に入る
という
ゲームに巻き込まれる。最初の
試練はハエを新聞紙で叩き潰す事。
そして次の試練はそのハエを・・・


タイ発のサスペンススリラー。R−15指定ですが、これはどう
考えても18禁だろう。
それくらい過激な映画です。

ゲーム自体ははっきり言って子供のイタズラです。それが数を重ねる
ごとにだんだんエスカレートしていく訳ですが、そのエスカレートの
度合いがキツ過ぎる!
4つめまでは不快に思うものの、何とか
耐えられる内容なんですが、5つめが本気で気持ち悪い。本当に
吐きそうになりましたよ。うぇー、夢に出てきそう。
7つめもキツイ。歪んだユーモアで多少笑えますが、気持ち悪い
事に変わりは無いです。
10個目なんてもう無茶苦茶。これをやってどうしてR−15で
済むんだろう?やられた若者が這いずり回る姿は、悪趣味にも
ほどがあるぞ!

これらの悪趣味極まる描写が、最後にちょっとした批判に繋がって
います。このゲームは(ネタバレ反転)[一部始終がネットで公開され
見世物にされています。
]そして黒幕が最後に「みんなが悪いのさ」
と吐き捨てます。これはつまり、こんな悪趣味映画を観ている観客も
[事件をネットで楽しんでいる連中]と同じって事ですよね。
「俺はそんなロクデナシじゃない!」と否定したいけど、残酷な描写を
楽しむだけの映画を結構観ているのも事実。この映画には、
暴力的な映画やゲームが横行してモラルが失われた社会
への批判も込められているのかもしれませんね。



2007年09月14日

27

世間は明日から3連休。だけど僕は明日は半日仕事の上に
月曜日もしっかり仕事。他の人と比べて休みが半分しか
ありません。世の中不公平だ。
しかもそんな状況で休みの内に映画を5本消化しなくちゃいけない。
今週も忙しいなぁ。


****************************


というわけで今週の観賞予定。

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』
『包帯クラブ』
『ミス・ポター』
『レベルサーティーン』
『キャプティビティ』

本命はジャンゴと包帯クラブ。だけどこの2本は日曜日のお楽しみ。
残りの3本を土曜の昼と夜で片付けにゃならんのですよ。
辛い戦いだ。でも今月はあんまり観てないから、本数を稼ぐため
にも気合入れないとな。

『アーサーとミニモイの不思議な国』の先行があるみたいだけど、
観れる時間帯は吹き替えばかりなので来週に回す予定。



e5125aspaceodyssey at 21:52|PermalinkComments(7)TrackBack(0)雑記 

2007年09月13日

オフサイド・ガールズ3

6fa7ebc2.gif

イランではサッカーは国民的なスポーツ。
しかしイランでは、男性のスポーツを女性
がスタジアムで見る事は禁止されていた。
だけど女性達だってサッカーを生で見たい!
彼女達は男装をしてなんとかスタジアムに
潜り込もうとするが・・・。


「女性はスポーツ観戦禁止!!」
凄い法律です。まぁ宗教の絡みなんでしょうけど、世界にはまだ
こんな差別じみた法律があるんですね。そんな法律にたて突いた
女の子達のお話です。

僕はこの映画は、サッカーを観たい女性達があの手この手を使って
スタジアムに入ろうと奮闘する姿を描いた作品だと思ってました。
しかし女性達は意外とアッサリ捕まってしまい、後は場面が移る事も
ほとんど無しで仮設留置所での問答が延々続きます。
加えてこの映画は全編ハンディカム撮影、BGM一切無しという形で
製作されていて、半分ドキュメンタリーのような雰囲気になって
いました。
もっと痛快な作品だと思ってたんだけどなぁ。

しかしそういう派手さを求める視点で見なければこの映画は
なかなか面白い。
スタジアムが物凄い熱狂なのに対して、壁の向こうの仮設留置所
では試合を見たい主人公達とやる気の無い警備のお兄さんの
気の無い会話が続いている。このギャップが面白いです。
女の子達も可愛い子が多くて得した気分。あの子達は男装なんか
せずに普通に警備員を誘惑すればよかったのに。

こういう映画を観るといつも思うけど、女性ってたくましいなぁ。
本作も「サッカーを見ようとする女性達」よりも「女性はサッカーを
見られないというおかしな社会への風刺」
「そんな中で自由に
生きようとする女性の強さ」
を描いてました。
軍人さんを手玉にとって暴れる姿はなかなか痛快でしたね。



2007年09月12日

スターのお仕事バトン

いつもお世話になっている『★YUKAの気ままな有閑日記★』
由香さんからバトンを頂きました。その名も、
『スターのお仕事バトン』。
映画に出てきた職業に関する質問です。
内容は
1.映画に出てくる「刑事」といったら誰?
2.映画に出てくる「犯罪者」といったら誰?
3.映画に出てくる「弁護士」といったら誰?
4.映画に出てくる「医者」といったら誰?
5.映画に出てくる「大統領」といったら誰?
6.では、この人の「大統領」役を見てみたいと思うのは誰?
7.最後に、映画に出てくるちょっと変わった職業で印象に
残ってるのは何?
8.バトンを回す人たち

それでは行ってみましょう。

続きを読む

e5125aspaceodyssey at 21:50|PermalinkComments(14)TrackBack(8)バトン 

2007年09月11日

インランド・エンパイア2

2550b0aa.jpg

ハリウッド女優ニッキーは、「暗い明日の
空の上で」という映画の主役に抜擢
される。しかしその映画はかつて製作
中止に追い込まれた曰く付き映画の
リメイクだった。映画の撮影中、
ニッキーは不可思議な事態に次々遭遇
する。これは夢か、現実か、それとも
映画の1シーンなのか。

デヴィット・リンチの最新作。頭が悪い僕にはこの映画は
オープニングからエンドロールまでとにかく理解不能になって
しまいました。
なので本当はレビューを書くなんて無いような気も
しますが、リンチに怒られるような事も無いと思いますので、
とりあえず書いちゃいます(笑)。

しかし何を書けばいいんだろう?本当にさっぱり訳が解から
なかったので、ストーリーも理解不能、編集も理解不能、カメラ
ワークも理解不能という状態。ああでもカメラワークは良かった
気がする
なぁ。冒頭のおばあちゃんのドアップとかウサギの家の
俯瞰視点とか。でもこの映画なんであんなにアップを多用してた
のかな?あのウサギ達は結局何だったのかな?
ああ!やっぱり訳が分からない!

映画を観終わってから、驚くべき事実を知ってしまいました。
この映画、撮影に2年半かけてるそうです。しかも撮影しながら
脚本を書いてたそうで、脚本がある程度出来たら役者を呼んで
チマチマ撮影してた
んだとか。
だからあんな変な映画になったのか!そりゃあ訳が分からなくて
当然だよな。

もう一つビックリなのがナオミ・ワッツ。ウサギ人間の声をやって
いるんですが、何か着ぐるみの中にもしっかり入っていたそうです。
スゲェ、これがハリウッド女優のプロ根性か!関俊彦も負けずに
モモタロスのスーツに入ってくれ(笑)。



2007年09月10日

ワルボロ3

ace46d86.jpg

1980年代の東京都立川。勉強一筋で
頑張ってきた幸一は、中学三年のある日
幼馴染の不良・ヤッコとのいざこざを
きっかけに不良の世界に足を踏み入れる。
時を同じくして勃発する立川内の
中学校の勢力争い。ヤッコ率いる参中
錦組はたった6人の弱小グループながら
幸一の無茶な行動によって次第に名が
知れ渡っていく。


松田翔太、新垣結衣共演の痛快青春映画。荒くれヤンキー達が
喧嘩に青春に全力でぶつかって行きます。

しかし最近こういうあからさまな不良って最近見なくなりましたね。
ましてや勢力争いなんて昔でもしてたかどうか怪しい所。しかもこの
映画の場合、中学校同士の争いですからね。高校ですらない。
そんな中坊が平気で煙草を吸ってたりするんだから、結構問題に
なりませんかね?

話の方は男の友情と青春をテーマに軽快に進んでいきます。
激しい喧嘩や若干血生臭い場面もありますが、基本的に明るい
話で進行するので結構観やすい映画になってました。

主演の松田翔太は不良役に初挑戦という事ですが、結構ハマッて
ましたね。アクションシーンも頑張ってましたね。いつもなら
「こいつが中学生の訳ないじゃん!」と突っ込みたくなりますが、
作品自体結構弾けてるのでそんなに違和感ありませんでした。
可愛いと評判の新垣結衣は今一つ。というか彼女出番少なすぎ。
男の物語なので女に割く時間は自然に減ってしまいますが、
彼女を魅力的に描写するにはさすがに時間が足りませんでしたね。
一番健闘してたのがヤッコを演じた福士誠治。登場人物の中でも
一番キャラが立っていて正に「兄貴」と呼ぶに相応しい風格でした。
福士誠治は今後要チェックですね。



2007年09月09日

ショートバス2

8485f190.jpg

マンハッタンに暮らす人々。
同性愛者のジェイムズとジェイミー。
オーガズムを経験した事が無い恋愛
カウンセラー・ソフィア。SM嬢として
生計を立てながらも孤独に苦しむ
セヴェリン。人生とセックスに苦悩する
彼らが辿り着いたのは、その二つを
謳歌する場所、「ショートバス」だった。


世界各国の映画祭で高い評価を受けた人生とセックスを題材にした
映画です。R−18指定という事でかなりキワドイ描写が多数出て
きますが、これくらいならR−15でも大丈夫だったような気も
します。それ以上にボカシが非常に多かったのが気になりました。
「ボカすくらいなら最初から隠れるように撮影しろよ!」という
こだわり(?)がある僕としてはその辺りがちょっと気になり
ましたね。まぁこの映画の場合は隠れるように撮影する事は不可能
だったと思いますが。

セックスの映画ではあるんですが、多くのセックスがアブノーマル
なものだったのでビックリしました。なんたって開始3分で男の
○○が始まったと思ったら、そいつが自分の□□を自分で
△△してそのまま口に××するんですよ!
(我ながら何書いてんだ)
もうこの時点でドン引きです。劇中に登場する恋愛関係も何故か
同性愛が多くて困ってしまいました。もっと普通の恋愛だと思ってた
のになぁ。
同性愛をメインにした事には何か意図があったんでしょう。でも僕は
ジェイミーとジェイムズの関係は別に男女の関係でも成立したような
気がしました。その方がこちらとしても観やすいし。

話は悪くないと思います。でもこの映画は見たくないものがドンドン
出てくる。冒頭のシーンもそうだし、途中で男のトライアングル
出てきますからね(苦笑)。男女のセックスよりも明らかに同性の
絡みに力が入ってたし。



2007年09月08日

はじめてのおふかい

オフ会に行ってきました!初めてのオフ会です!

『花華戯言』のヨゥ。さん『映画大陸』の蔵六さんにお会い
できました。

オフ会の前に『ショートバス』を観たんですが、ヨゥ。さんも
同じ回を観ていたそうで、会った時はビックリしましたよ。

しかし、オフ会というよりは完全な飲み会でした(まぁオフ会は
初めてだったので、普通のオフ会がどんなものか解かり
ませんけど)。蔵六さんなんか既に出来上がってましたよ(笑)。
ヨゥ。さんとも言っていたけど、蔵六さんは僕と会ったことを覚えて
くれているだろうか・・・。



e5125aspaceodyssey at 23:59|PermalinkComments(7)TrackBack(0)雑記 

2007年09月07日

初号機、活動限界です!!

今週の観賞予定。

『ショートバス』
『ワルボロ』
『オフサイド・ガールズ』
『イングランド・エンパイア』

『HERO』は一応観に行く予定だけど、どうせ混むだろうから
来週以降でいいや。

あ!『恋するマドリ』が観に行かないまま終わってしまった!


****************************


今日は会社の仲間と飲みに行ってベロンベロン。
なのでこれで終わり!



e5125aspaceodyssey at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年09月06日

DVD買い過ぎ

またまたDVDの話。

今日は久しぶりにまとめ買いをしました。

レオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ブラッド・ダイヤモンド』『サンシャイン2057』。
会社帰りに買ってきて、速攻で2本とも消化しました。
いやぁやっぱりブラッド・ダイヤモンドは面白い。今年のベスト10
には確実に食い込んでくるでしょうね。
サンシャイン2057には別エンディングが収録されていますが、
そう大したものじゃありませんでした。まぁ別エンディングなんて
いつもそんな感じですけど。

で、実はこの2本以外も購入してまして。

エッカート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『パフューム ある人殺しの物語』
『バッテリー』
『サンキュー・スモーキング』

5本合計で18642円也(爆)。

でもこいつら、限定版のパフューム以外は全部3600円だったん
ですよね。映画2本分の値段で一生自分のものに出来るんだから
安い安い(でももっと安い方がもちろん嬉しい)。

さーて、残りの3本は何時観ようかなぁ。



e5125aspaceodyssey at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年09月05日

このDVDが欲しい!

今日も懲りずにDVDの話。

最近は凝ったDVDが一杯あります。それが悩みの種。


まずは『スパイダーマン3』 。
通常の特典付き2枚組はもちろん、スパイダーマンのフィギュアが
付いたコレクターズBOX、シリーズ3作品がセットになった
トリロジーBOX、シリーズ3作品と特典ディスク、バストアップ
フィギュアが付いたコンプリートBOX、そして最後にブルーレイBOX。
一体どれを買えばいいんだ!?


子供の頃大好きだった『機動戦士SDガンダム』コレクションBOX
も凄い。SDガンダム全作品はもちろん、限定フィギュアに
復刻版カードダス(懐かしい!)まで付いてくる。
これもちょっと欲しいなぁ。


そして今回の本命、『ブレードランナー ファイナルカット』
25周年を記念して製作されたファイナルカット版。
特典ディスクに加えてフィギュア、ブックレット、リドリー・
スコットからの手紙、アウターケース等を封入。ここまではいい。
恐ろしいのは特典以外に本編ディスクが5枚入っている事!


1.製作25周年記念の『ブレードランナー ファイナル・カット』
2.劇場公開前のリサーチ試写で使用された、オリジナル本編
  『ブレードランナー』ワークプリント
3.オリジナル劇場版『ブレードランナー』
4.インターナショナル劇場版『ブレードランナー 完全版』
5.音声・画質初リマスター『ディレクターズカット/
  ブレードランナー 最終版』


これだけの内容が収録されているんですよ!
馬鹿じゃないのか!
(誉め言葉)
正直、ブレードランナーにはそれほど思い入れがないけど、この
DVDは欲しいなぁ。コレクター心をくすぐる一品です。



e5125aspaceodyssey at 21:07|PermalinkComments(2)TrackBack(1)雑記 

2007年09月04日

ブルーレイかHDDVDか

ご存知の通り僕はDVDが大好きです。DVDに費やす月々の
費用が映画観賞の費用よりも高くなる事なんてザラです。
棚一杯に並べられているDVDを見ているだけで何ともいえない
優越感に浸れるんですよねぇ。
そんな僕でもいまだに次世代DVDには手を出していません。
理由はもちろんブルーレイとHDDVD、二つの規格のどちらを
選ぶか悩んでいるからです。

ちょっと前になりますが、大手映画会社パラマウントがHDDVD
のみで今後の商品展開を行う事を宣言しました。
ブルーレイに
傾いていたシェア争いがここへ来てまた動き出した訳です。
ここで問題なのが、僕は『トランスフォーマー』は次世代DVDで
買おうと思っていた
という事。パラマウントがHDDVDを選び、
『トランスフォーマー』をブルーレイでは出さないと公言してしまった
以上、僕に選択肢はありません。でも、HDDVDでは
『スパイダーマン』が出ないんですよ!
しかもスパイダーマンは
3部作をセットにしたブルーレイBOXが出るというでは
ありませんか!
一体どうすればいいんだ!?僕はどっちを選べばいいんだ!?


正直、両方買うしかないような気がしてきましたよ。ユーザーには
辛い世の中だなぁ



e5125aspaceodyssey at 21:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2007年09月03日

デス・プルーフ in グラインドハウス3

303d7691.jpg

テキサス州で休日を楽しむ美女3人。
酒場で盛り上がっている時、彼女達は
自称スタントマンの男・マイクと出会う。
多少のいざこざはあったものの、
マイクと共に飲み明かした美女3人は
彼と別れ目的地である別荘に向かう。
しかしマイクは「耐死仕様」に改造した
自身のスタントカーで彼女達を追跡
するのだった。


クエンティン・タランティーノと盟友ロバート・ロドリゲスが製作した
2本のB級映画を同時上映する企画『グラインドハウス』
しかし本国アメリカでの予想外の苦戦により、他の国では2本が
別々で上映される事になりました。ただ単に別々に上映して2倍の
料金を取るのはさすがに拙かったのか、それぞれに30分ほど
シーンが追加されています。「これこそが本来の形だ」なんて配給
会社は言ってますが元々同時公開を念頭において製作された
んだから、同時上映してこそ本来の形だろう!
なんて
突っ込みたくなります。
という訳で、個人的には少々不本意な形で観る事になった本作。
東京と大阪では本来の形での特別上映があったらしいですが、
さすがにそこまで行きたくは無いです。

物語の方は大きく二つに分けられます。前半の話は「車が凶器の
殺人鬼が主役のホラー映画」という感じの内容。殺人鬼を演じる
カート・ラッセルがいい味を出してますね。
ホラーと言っても
衝撃的なシーンが出てくるのは終盤だけ。残りは延々と得に
関係ない話が続きます。この辺りの極端さがタランティーノらしくて
良いです。

後半も最初の内は前半とそう変わらない展開。ただ、20分ほど
主役のカート・ラッセルが一切出てこないので、その辺りが
酷く退屈でした。
ここは大きなマイナスポイントでしたね。
そしてカート・ラッセルが再登場した辺りから映画は再びヒートアップ。
直前に観た『TAXi4』の鬱憤を晴らすかのような迫力のカースタント
を観せてくれます。そして終盤の予想だにしない展開。
これは是非劇場で確かめて欲しいですね。必見ですよ。

いやーしかし女は怖いなぁ(笑)。



2007年09月02日

TAXi42

55ef6bea.bmp

暴走タクシーを操る天才ドライバー
ダニエルとマルセイユ警察のオチ
こぼれエミリアン。お騒がせコンビの
二人も、子供が出来たことで大人しく
なっていた。そんな時マルセイユ警察に
ヨーロッパ史上最悪の犯罪者
「ベルギーの怪物」が護送されて来た。
しかしエミリアンの失態によって
ベルギーの怪物は脱走してしまう。


フランスでは驚異的な人気を誇っているらしいシリーズの最新作。
僕にはシリーズがどうしてヒットしているのかがわかりませんが
(2作目は面白かったけど)、きっと日本でいうところの『踊る
大捜査線』
みたいなものなんでしょう。

このシリーズの見所は、改造タクシーによる迫力のカーチェイス。
タイトルもズバリ『TAXi』なんだから当たり前です。
でも今回の映画はそのタクシーが全然活躍しない。3作目も
あまり活躍しなかったけど、今回はさらに出番が減っています。
何よりタクシーのスピードを見せるシーンがオープニングだけ
っていうのはどういうことだ?今回はカーチェイスすら出て
こなかったぞ。

かわりに御馴染みのキャラクターによるコメディが強化されている
訳ですが、そっちも上手いとは言えない状態。確かに笑えるネタは
結構あったけど、それ以上に展開の悪さが気になりました。
見せ場もないし伏線の貼り方もヘタクソ。最近絶不調のリュック・
ベッソンなので期待はしてませんでしたが、もう少し脚本を練って
欲しかったですね。



2007年09月01日

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を名古屋で観る人へ

昨日書いた計画の通り、伏見ミリオン座での朝8時の回を狙って
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観て参りました。
開場40分前に着いたんですが、映画館前には既に長蛇の列が。
でも明らかに100人はいない。160人収容の映画館なので
思いの他余裕で入る事が出来ました。でも上映が始まる頃には
満席近くになってましたね。さすがはエヴァ。

映画の感想はコチラ。

さてここからが本題。エヴァを観終わった後、次なるターゲット
『TAXi4』を観に駅前の109シネマズへ。エヴァは名古屋市内
ではミリオン座と109シネマズでしかやっていない
んですが、
僕が109に到着した時、とんでもないものをみてしまったんですよ。

EVA

 

 

 

 

 

 

 

 

 


物凄い長蛇の列!これみんなエヴァ目当ての人です!
しかもこれは映画館に収まりきらない人達が外に出てしまっている
状態で同じ規模の列が写真に写っていない建物内まで伸びて
います。こんなだから映画館ロビーはカオス状態。エヴァ専用の
チケットカウンターがあったからよかったものの、下手したらTAXi
観るのにこの列に並ばなくちゃいけなかったんだなぁ。

TAXiを観終わった12時の時点では三回目、2時の回まで既に
売り切れ。
472人入る劇場だったから、12時までに1600人
以上を捌いたのか。
恐ろしい。

名古屋地区でこれからエヴァを観に行く人へ。駅前の109はかなり
無謀です。伏見のミリオン座ならスムーズに入れるかもしれませんよ
(今はどうなってるか分からないけど)。



e5125aspaceodyssey at 14:21|PermalinkComments(3)TrackBack(1)雑記